So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

自分の時間 [活字中毒のトモ]


自分の時間 (単行本)

自分の時間 (単行本)



Amazon の Wishlist に入っていたのですが、今となってはどうして入れたのかも不明です。
送料を節約するために、なにかのついでに購入したのですが
読む意味あったかな・・・?

この本、実は古い本で、訳者によると 1908 年に雑誌に掲載され
1912 年に初版が発行され、1920 年に別の出版社から再版されたそうです。
そう、100 年以上も前に書かれた本なのです。
「一定の収入でいかに暮らすか」という本はたくさん出ているのに
どうして「一定の時間でいかに暮らすか」という本は出ていないのか、
疑問に思った作者が、この本を書いたらしいです。

この本で作者のアーノルド・ベネット氏(イギリスを代表する作家だそうです)は
「朝起きると、誰の財布にもまっさらな 24 時間が入っている」として
この 24 時間を有意義に過ごす方法を提案しています。
この「朝起きるとまっさらな 24 時間が財布に入っている」という考え方は好きで
毎日給料日みたいで楽しいと思いました。

ただ読み進めていくと「早起きしろ」とか「週 3 回、夜 90 分を自分に投資しろ」とか
割と普通のことが書いてあります。
この本を読んでも、私の生活が改善される要素はほとんどありませんでした。
だって、書かれていることはほぼ全て、実行しているのですもの。

またベネット氏は読書の友として詩集を進めていますが、
詩集、そんなに面白いか?読んでみたらまた違った感想が出るかもしれません。
読んでみるか・・・興味ないけど。

というわけで、自分で時間をきちんと管理できている人には
まったく無駄な 1 冊です。
怠惰な人が読んだ場合、この人の言っていることをきちんと理解できるかどうか疑問。
つまり、どちらのタイプの人にもお勧めできない本です。



自分の時間 (単行本)

自分の時間 (単行本)

  • 作者: アーノルド ベネット
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2016/05/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

国境のない生き方 [活字中毒のトモ]


国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)



確か、どなたかのつぶやきを読んで興味を持ったのだと思うのですが・・・はて、どなたのだったか。

「テルマエ・ロマエ」の作者として有名な、ヤマザキ マリさんのエッセイ。
どうもヤマザキ家の家訓的なものが
子供を育むのに大切な要素は、大自然と旅、そして書物」であったらしく、
心に残る書物を紹介しながら、それにまつわる人生の旅の思い出をも語る、
がコンセプトになっている本です。

なにがすごいって、ヤマザキさんのお母様がすごいです。
お母様があんな人だからこそ、ヤマザキさんが今のような人生を歩んでいらっしゃる
というのがよく分かる本でした。
シングルマザーで音楽家。娘たちを連れて仕事先へ移り住み
他人に娘を預けて遠征もどんどんこなす。
この母に育てられたら、さぞかし自立心旺盛な娘に育つだろうと思いました。
・・・でも、待てよ。ヤマザキ家に生まれたのがウチの娘のような子だったら
お母様はあんな子育てをしたかしら?
親子の組み合わせって大事ですよね。親が期待しても、子供がついてきてくれないこともあるし
子供の希望を親が聞いてくれないことも、いっぱいある。
ヤマザキさんのところは、親子の相性が良かったのだと思います。

もう 1 つ考えたのが、やりたいことの優先順位のつけ方によって
人生はいかようにも変わるのだな、ということでした。
私も高校生くらいのときには、ヤマザキさんと同じように
理屈が通っていないことはしたくない人間でした。
どうして制服を着なくてはいけないのか、どうして学校にアクセサリーをつけて行ってはいけないのか
どれだけ考えても分かりませんでした。実は、今も分かっていません。
国境や国籍についてあまり考えていなかったのも、似ているかも。
ですがその後、私の人生はヤマザキさんのそれとはまったく違うものになりました。
たぶん私の中で、楽しい家族を持つことの優先順位が高かったからだと思います。

あと、若い頃からやりたいことは、ちゃんとやっておくべきだとも思いました。
17 歳でイタリアへ渡ると、27 歳で帰国する頃には
10 年もイタリアで暮らした経験値があるのです。27 歳という若さなのに。
これはすごいことです。その後その経験を土台に、さらに面白い経験ができるのですから。

娘もやりたいことを精一杯やってくれるといいですが。
まずは、行きたい大学へ行けるかしら。



国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)

  • 作者: ヤマザキ マリ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/04/01
  • メディア: 新書



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」 [活字中毒のトモ]




ダンドー」で紹介されていたので読んでみました。
筆者のジョエル・グリーンブラッド氏は、1957 年生まれの投資家だそうです。
ご本人の文章力がすばらしいのか、訳者がすばらしいのか(たぶん両方)
かなり面白い本で、最後まで飽きることなく読みきることができました。
序文を読むと「私の五人の子供たちに、自分たちでお金を稼ぐ方法を教えることができれば
真に与え続けられるという意味で素晴らしい贈り物になると考えた」と書かれているので
お子さんたちでも分かるように、分かりやすい文章で書かれたのでしょうね。

本書で紹介されているのは株式投資で、簡単に言うと
「良い企業を見つけてそれらを割安な価格で買えば儲かる」そうです。
そんなの当たり前じゃん!と思いますが、この本のすごいところは
どうしたらそれが可能になるのか、具体的に教えてくれているところです。

グリーブラッド氏によれば、株式投資のための「魔法の公式」が存在するそうです。
それはどんな公式かというと ROA(総資産利益率)が高い企業をリストアップし
その中から、PER(株価収益率)の高い企業を選ぶ、というものです。
ただし電力株や金融株、外国企業もは対象外だそうです。
書いてみると、超単純な公式です。ですがこの公式で運用を続ければ
よっぽど株式市場がおかしくない限り、ちゃんと利益が出ると書かれています。

数百社であれば、ROA も PER も簡単にデータを入手できるので
実際にリストを作ってみたところ、
製造派遣やマンション開発を手がけている会社が一押しという結果が出ました。
本当か?

実際にこの株を買ってみるといいんでしょうけれど、
今は明らかに買い時とは言えないので、
時期を選んでから、改めて公式を使ってみようと思いました。
そう、この本は「魔法の公式」を教えてくれますが、
その魔法をいつ使うのが正しいかは教えてくれていません。
たぶん株が最高値のときに使ったら、儲けは出ないと思うんですよね。。


株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」

株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」

  • 出版社/メーカー: パンローリング株式会社
  • メディア: Kindle版



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術 [活字中毒のトモ]




タイトルに惹かれて Kindle Unlimited で読んでみました。
でもこれは「夢を叶える攻略本」でした。
なんでも、内山 和久さんという方が、ご自身の夢であった出版社を立ち上げ
出版のお仕事第 1 段として、苫米地さんに出版のオファーを持ち込んだことから
日の目を見ることになった書籍だそうです。

この本では、「夢をかなえる 3 ステップ」として下記が推奨されています。

夢をかなえる 3 ステップ
1. ゴールを設定すること
2. エフィカシーを高くして自信を持つこと
3. リーダーになること

各ステップごとに、漫画も取り入れて、どのようなステップを踏んだらいいのか、
細かく書かれています。
ただし各ステップごとに重要なキーワードがありまして
ステップ 1 はコンフォートゾーンとスコトーマ、ステップ 2 はエフィカシー、
ステップ 3 は RAS ということで
ちょっとイメージがつかみにくい感じがします。
Cambridge Dictionary を検索してみたところ、
エフィカシーは「薬やメソッドなどの効力のようなもの。
意図した結果を導くための能力」なんだそうです。
エフィカシーが高い・・・つまり自己実現能力が高いということ?
これは確かに重要ですが
・・・逆に夢をかなえるときに自己実現能力が低くても叶うことってあるんでしょうか?
またスコトーマ(scotoma)は「心理的盲点」を表すギリシア語で、
見えているのに気づけないことを差すのだそうです。
人は自分にとって重要だと思うことしか見ないし、1 つの情報に集中すると、他のものが見えなくなる
さらには知識がなければ、見えるものも見えない、だから気をつけて、とあります。
これはその通りです。

さて、ここまで書いても、この本がどうして「立ち読みしなさい」というタイトルになったのか
さっぱり分かりませんでした。
本を買わなくても、立ち読みして情報を収集すれば、道は開けるといいたいのか?
私の中に、なにかスコトーマがありそうです。

ただし「お金を使うなら、資産を買え。自分に投資しろ」という意見は賛成です。
ものを買うときに「これは投資かどうか」をもっとよく考えようと思いました。


立ち読みしなさい!: ~美しいほどシンプルな成功術

立ち読みしなさい!: ~美しいほどシンプルな成功術

  • 出版社/メーカー: サイゾー
  • 発売日: 2014/12/24
  • メディア: Kindle版



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

人生を変える勇気: アルフレッド・アドラーの人生と回想録 [活字中毒のトモ]




Kindle Unlimited で読みました。全部で 82 ページの薄い本です。
私は「嫌われる勇気」や「幸せになる勇気」を読んでいないのですが
この本のエピローグに書かれている
「人生にはそのままで意味があるというよりも
人生を意味のあるものにする努力をすることに意味がある」
という文章に心をわしづかみにされました。
ああ、こういう考え方っていいかも。これから生きていくのが少し楽しくなったかも。
そう思いました。

本の著者を見ると Alfred Adler’s familyアルフレッド・アドラーの共著となっていまして
アドラーに縁のあった人たち(子供たちはもちろん、教え子や知人なども)が
「アドラーってこんな人」というのを短い文章で語ったものを集めた内容となっています。
読んでみると、アドラーの人となりが垣間見えて面白かったです。
150 年近く前に生まれた人なのに、男女平等を重んじる態度や
子どもも 1 個人として尊重する様子などが、私が目指したい姿勢そのもので
アドラーが生きていたら、個人心理学の講義を受けてみたいと思いました。

また巻頭にはアドラーの生涯をまとめた章があり、
アドラーの生い立ちやアドラー家の家族構成が分かりやすく書かれています。
これ 1 冊読めば、アドラーのことをかなり理解できる気がします。

Kindle Unlimited には、他にもアドラーのコンテンツがあいくつかあるので
気が向いたときに読んでみようと思います。
ただしどれもページ数が薄いので、書評を書くとしたら数冊分まとめたほうがいいか考え中。。


人生を変える勇気: アルフレッド・アドラーの人生と回想録

人生を変える勇気: アルフレッド・アドラーの人生と回想録

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2016/06/05
  • メディア: Kindle版



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

お金と人生の真実 [活字中毒のトモ]


お金と人生の真実

お金と人生の真実



久しぶりに本田 健さんの著書を読みました。Kindle Unlimited に含まれていました。
一言で内容を要約すると「お金から自由になるために、お金について理解する本」です。
「お金とは何なのか」を、いろいろな側面から見ていくことで
自分のお金に対する感情や感覚を理解・整理することができます。

この本で、私が現在実現できていない「お金があったらこんな暮らしができる」を
本田さんが実際に体験された感想を読んで、納得させられました。
豪邸に住んだからといって、それが本当に楽しいわけではない
使用人を持つ立場になったって、それが心地よいこととは限らない
という感想に、迷わず納得でした。
きっと私が豪邸に住んでも、本田さんと同じことを思ったと思います。

あと、襲撃される可能性が高いのは、
借金をしてい人ではなく、お金を貸した側の人である、という事実は目から鱗でした。
お金を貸してくれた人がいなくなってしまったら、借りた側は返さなくていいわけで
客観的に見ると当たり前の話です。本当はお金持になんかなる必要はあまりない気がしてきました。

本田さんは、お金との付き合い方には 3 種類あると言っています。
1. お金の奴隷になる
2. お金の主人になる
3. お金の友だちになる

この「お金の友だちになる」という考え方がとてもいいなと思いました。
いつも頼ってばかりではいけないけれど、気軽に頼ったほうがいいこともある
まるで友達に接するようなスタンスでお金と付き合うといいそうです。

また、生まれ育った環境や選んだ職業によって、お金に対する価値観、使い方が変わってくる
というのも、当然といえば当然の話ですが、はっきり文章にしてもらったお陰で
そういう認識を新たにすることができました。
孟母三遷というのは正しいってことですね。

お金に振り回されない生き方として「十分な資産と収入を持つ」以外に
「お金と感情的に上手に向き合い、質素に暮らす」や「自給自足」の選択肢をあげているのも
興味深かったです。
要はお金にとらわれて、追い求めるような暮らしをしなければいい、ということですね。
お金なんかなくても、それで幸せに暮らせるなら、それでいいじゃないか、と。
人生観、性格、才能によって、どれを選ぶのか決めたらいい、と書かれています。
本書が出版されたのは 2010 年でした。
それから 6 年が経過していますが、本質的にはそのころと何も変わっていないので
今読んでも為になると思います。


お金と人生の真実

お金と人生の真実

  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2010/11/12
  • メディア: Kindle版



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Kindle Unlimited の感想など [活字中毒のトモ]

今年 8 月から日本でもスタートした Kindle Unlimited
月額 980 円というお得な値段でたくさんの書籍を読むことができるので、とても気に入っています。
自宅の近くに図書館がない身としては、自宅に移動図書館がやってきたようでとてもうれしいです。
これだけの蔵書を月額 980 円で読めるということで、コストパフォーマンスのよさに驚くばかりです。

このサービスに関する Web 上の記事をいくつか読むと
「対象書籍が 2 週間ごとに入れ替わるので、常に良書が読めるとは限らない」とか
「当初読み放題だった雑誌の一部が対象外になった」とか
悪評も聞こえてくるのですが、今のところ満足しています。

ですが「おすすめタイトル」として紹介されていた小説をいくつか読んでみたら、
実は短編で、あっという間に読了してしまったことがありました。





「花咲舞が黙ってない」シリーズということなので、
単行本であれば、こういうお話をいくつかまとめて読めたのでしょうね。
あっという間に読み切ってしまって、物足りない感じでした。
書籍もこれからは、こういう売り方が主流になるのでしょうか。


ナベちゃんのヨメ (Kindle Single)

ナベちゃんのヨメ (Kindle Single)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2015/12/09
  • メディア: Kindle版



こちらも短編で、あっという間に読んでしまいました。
友人ナベちゃんの結婚相手がとんでもない女性だったことから
本書に登場するメンバーはナベちゃんという友人をなくすことになるのですが
それは自分たちのナベちゃんへの接し方が引き金となって起こったことだと
主人公が気づいた場面に「なるほど」と思いました。
でもお話はそこで終わり。
これも、いくつか短編をまとめて単行本にしてくれたら、
旅行の友として良い本になるのにと思いました。

こうしてみると、「12 万冊以上の本・コミック・雑誌が読み放題」とはいえ
図書館に 12 万冊蔵書があるのとはちょっと実態が違うようで、
12 万冊の中には 24 ページで終わってしまうような薄い本がたくさん含まれているようです。
数だけ多くすればいいってもんでもないと思うのですが、データとして本を読むという時代
こういう考えはだんだん廃れていくんでしょうかね?
(洋書は 120 万冊以上読み放題らしいですが、洋書は逆にそんなに読まないよ・・・)
今度から書籍をダウンロードする前に、「紙の本の長さ」として表示されてるページ数を
気を付けて見ることにします。

また、いくつか本をダウンロードしたところ、下記のアラートが表示されました。

「Kindle Unlimited 本は10冊まで同時に利用できますが、現在10冊に達しています。
他の Kindle Unlimited 本を利用するには、
現在利用中のいずれかの本の利用を終了する必要があります」

冊数制限があるところあたりは、図書館にそっくりです。
ただし返却期限はないようなので、頑張って読みますね。








コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新オリーブオイル健康法 [ヘタレの健康]


新オリーブオイル健康法 (講談社プラスアルファ新書) (講談社+α新書)

新オリーブオイル健康法 (講談社プラスアルファ新書) (講談社+α新書)

  • 作者: 松生 恒夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 新書


もともと便秘体質なのですが、ここ数カ月でさらにひどくなりました。
たぶん歳なんだと思います。代謝が落ちているようです。
あまりにひどいので、デトックス効果のあるハーブティを飲みはじめたのですが
もっと体に負担のない便秘解消法を探したところ
オリーブオイルを飲むのがいい、と書かれた記事をネットで見つけました。
実際にオリーブオイルを飲んでみたところ、確かに便秘は解消されましたが
オイルをそのまま飲むのは、のどごしが悪くてとても大変でした。
本当にこの方法しかないのか?と思って読んでみたのがこの本です。

この本の著者、松生 恒夫先生は、大腸や肛門の病気が専門の医師です。
腸内リセットに関する本をたくさん出版されていらっしゃるようです。
オレイン酸を豊富に含むオリーブオイルを食生活に取り入れることで
ダイエットアンチエイジング、便秘解消に効果があると書かれています。
巻末では、オリーブオイルをたくさん摂るためのレシピもいくつか公開されています。

便秘解消についてですが、オレイン酸は小腸に吸収されにくいので
オレイン酸を多く含むオリーブオイルを短時間のうちに比較的多め(15~30ml)摂取すると、
小腸までその成分が行き届き、腸を刺激してスムーズな排便を促してくれる
ということでした。
摂取方法としては、別にそのまま飲む必要はなく
パンにつけたりサラダにかけたりして良いそうです。

先ほど、オリーブオイルをそのまま飲むのは大変難しいと書きましたが
私の場合 15ml(大匙 1 杯)までならなんとか飲めます。
2 杯飲み下すと、胃の中が気持ち悪くなって、
オリーブオイルが身体から出ていくまで、ずっと吐き気がありました。
また朝は果物を食べているので、オリーブオイルが登場する余地がないので
結局、オリーブオイル大匙 1 杯をそのまま飲むことにしました。
そしてさらに、食物繊維を飲みものに溶かして飲んでみました。

イージーファイバー乳酸菌プラス 30パック

イージーファイバー乳酸菌プラス 30パック

  • 出版社/メーカー: 小林製薬
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


これを 1 日 2 パック、水やコーヒーに溶かして飲んでいます。
この組み合わせで、ようやくひどい便秘から解放されました。
今のところ 2 カ月ほど継続して、これらを摂取していますが
効果が薄れることはなく、ほぼ毎日お通じがあって、排便もスムーズです。

ですが、この歳でこんなに排便が大変だと、
ばあさんになった時にはどうなるんだろう・・・今からとても心配です。


新オリーブオイル健康法 (講談社プラスアルファ新書) (講談社+α新書)

新オリーブオイル健康法 (講談社プラスアルファ新書) (講談社+α新書)

  • 作者: 松生 恒夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 新書



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック [活字中毒のトモ]




アナタはなぜチェックリストを使わないのか?」の中で本書が紹介されていました。
投資についてのチェックリストがどのようなものなのか、気になって Amazon で探したところ
Kindle Unlimited の対象となっていたので、0 円で読むことができました。
これ 1 冊で十分元が取れたと思います。

著者のモニッシュ・パブライ氏はインド生まれの投資家です。
投資の神様ウォーレン・バフェットを崇拝しており、バフェットの投資哲学だけでなく
人生観そのものを手本にしていると公言しているそうです。
そんなパブライ氏が提唱する投資のチェックリストってどんなもの?
・・・と期待してじっくり読みましたが、どうも私の思い描く「チェックリスト」とは異なる内容で
投資を成功させるための基本のフレームワークが 9 つ紹介されていました。

1. 既存ビジネスの購入に絞る
2. 変化が大変緩やかな業界のシンプルなビジネスを購入する
3. 行き詰った業界の、行き詰ったビジネスを購入する
4. 競争上の優位性を保てるビジネスを購入する
5. オッズがあなたにとって圧倒的に有利なときには大きく賭ける
6. 裁定取引に注目する
7. 潜在的な本質価値よりも大幅に割り引かれた価値でビジネスを購入する
8. 低リスクで不確実性の高いビジネスを探すべきである
9. 革新者になるよりも成功者に倣ったほうが良い

そして、「コインの表なら勝ち、裏でも負けは小さい!」という言葉が繰り返し出てきます。
要するに、利益の出るビジネスであることをじっくり見極めて、
負ける可能性がほとんどないビジネスにがっつり賭けるのが鉄則のようです。
確かにその通りなんですが・・・チェックリストっていうほどのことかな?

ですが読み進めていくと、他の投資家が書いた書籍や投資メソッドがいくつか紹介されていて
その中には Kindle Unlimited で読めるものもいくつかあったので
続けて読んでみようと思います。



ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック

ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック

  • 出版社/メーカー: パンローリング株式会社
  • メディア: Kindle版



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

筋トレをすればお金が貯まる: お金と成功を引き寄せる24の教え [活字中毒のトモ]




「Kindle Unlimited 読み放題」(現在無料お試し中)の対象商品だったので、読んでみました。
0 円で読めるとなると気楽なもので、いつもよりたくさん Kindle 書籍ダウンロードしています。
図書館が家の近くにない者にとっては、
突如バーチャル図書館が出現したようで大変ありがたいです。

ところがこの本は、著者の高橋 フミアキさんが
ご自身のメルマガの読者を増やすために発行されたものらしく
巻末に「必ず登録しておいてくださいね」というコメントとともに
メルマガ登録ページへのリンクが貼られていました。

そして、本書のコンテンツ自体はたった 61 ページしかなく
昼食を取りながらあっという間に読んでしまいました。
自称「自由に生きるベストセラー作家」である高橋さんが
普通の人でもお金持ちになれる秘訣を 24 個教えてくれています。
それらは下記のようなものです。
教え1: 付き合う人間を変える。
教え2: 下ネタでぐっと距離感を縮める
(以下略)
教え4が「貯金体質になろう!筋トレがお金を招く理由」となっており
筋トレと貯金はプロセスが良く似ている、という内容が書かれています。
こつこつと積み重ねる姿勢と、プロセスとしては明快(引くか足すかどちらか)なのが同じだそうです。
それはその通りかも。

内容に異存はないけれど、0 円でなければ、読まなかった本です。
ですが残りの教えが気になる場合は、読んでみてください。
「Kindle Unlimited 読み放題」を適用しなくても、わずか 300 円で読めます。


筋トレをすればお金が貯まる: お金と成功を引き寄せる24の教え

筋トレをすればお金が貯まる: お金と成功を引き寄せる24の教え

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2016/01/19
  • メディア: Kindle版



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -