So-net無料ブログ作成

授業参観: 英語編 [ぽんちゃんと私]

娘の授業参観でしたが、今回は国語と英語の授業を参観しました。

国語は、漢字のお勉強でしたので、まあ置いといてと・・・。
(いいのか?)

私が興味があったのは、英語の授業です。
娘は 1 年生の時から、週に 1 回程度英語の授業を受けていますが
一体どんな授業を受けているのでしょうか?
前から興味があったので、今日はそれを知るいい機会でした。

授業は 1 コマ 45 分間です。
私が拝見したのは、日本人の英語の先生による授業でした。

授業は主に 2 つのパートに分かれていて

1)歌を聴いて、内容を把握する授業
2)英語で「教科」の名前を覚える授業

となっていました。

1)歌を聴いて、内容を把握する授業
歌詞はこうです:
I like yellow. Yes, I do.
I like yellow. Yes, I do.
I like yellow. I do, too.
I like yellow, too.

この歌詞の "yellow" の部分が、いろいろな名詞に変わるので
子供たちは、歌の中で何が好きだと言われているのかを、
聞き取らなくてはなりません。
名詞は、色の名前とは限らず、
baseball だったり、ice cream だったりします。

うーん、結構高度だな・・・。
でも、子供たちはちゃんと歌についていきます。

おもしろかったのが

I like yellow. Yes, I do.
(発音的には "あーらいえろー、ぃやすあーいどぅ" みたいに聴こえます)

という英語を聞いて、
"ぃやすあーいどぅ" ー> 「野菜どお?」とか「野菜ジュース」
と聞き取っている子が多かったこと。

英語なんだから、日本語が入るわけないでしょーー。(笑)
脳みそがバッチリ日本語で働いてますやん。
なるほどー。おもしろい。
子供のうちからそうなんだ。

2)英語で「教科」の名前を覚える授業
絵の書かれたカード(A3 サイズくらい)を使って、
教科の名前を英語で覚えていきます。

国語 ー> Japanese
英語 ー> English
算数 ー> math
理科 ー> science
社会 ー> social studies
音楽 ー> music
図工 ー> art
体育 ー> P. E.

えー、いきなり 8 個も単語を覚えるんですかー?

でも、子供たちはちゃんと覚えているようです。
何回か同じ内容をやっているのでしょうか。
それとも、若いから記憶力が良いのか。

ひととおり発音の練習が済んだ後
カードを床に一列に並べて、右端と左端に子供たちが分かれ
「どんじゃんけん」が始まりました。
子供たちは右と左の端から 1 人ずつ、順にカードを英語で読みながら進み
真ん中で出会ったときに「どん」とぶつかって
じゃんけんをします。
で、負けたほうは戻って、勝ったほうはそのまま進めます。
早く相手側に到着した方が、勝ち。というゲーム。

見ていると、みんなちゃんと
"P. E., English, social studies・・・"
とカードを読みながら進んでいきます。
そして、じゃんけんするときには
"Rock, scissors, paper, go!"
と言っています。

へぇー、さすが子供。
順応性が高いですね。

こうして、あっという間に 45 分が終わりました。

なかなかに、興味深い授業でした。
でも、この授業を週に 1 回、6 年間受け続けると
どういう結末が導かれるのか、全く想像がつきませんでした。
いいのか?悪いのか?
どうなんでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1