So-net無料ブログ作成

カラマーゾフの兄弟1 [活字中毒のトモ]

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: ドストエフスキー
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/09/07
  • メディア: 文庫
*読み応え  80 点
*コストパフォーマンス  70 点

ロシアの古典文学「カラマーゾフの兄弟」が、ブームだったそうで。

新訳「カラマーゾフの兄弟」異例のベストセラー

カラマーゾフの兄弟・・・読んだかどうか忘れました。
もう、古典文学なんて久しく読んでいません。
なので、そんなにおもしろいなら、と新訳を読んでみました。

ロシアの地主カラマーゾフ氏とその息子たちが繰り広げる
なんとも奇怪な愛憎劇です。
新訳は 1 から 5 まで出ていまして、
1 はまだ、ほんの序盤です。
読み終えると、ちょうど登場人物の関係図が頭の中で出来上がる、
といったところでしょうか。
物語は、まだまだこれからが本番です。

古典文学って、昔は読んでも面白くもなんともありませんでしたが
改めて新訳で読んでみると、昔の風俗を知るいい文献ですね。
100 年以上前のロシア人の暮らしぶりや
キリスト教の影響力が伺えて、おもしろいです。

本書は、しおりに主な登場人物の名前が記してあって
読みながら確認できます。
カタカナの名前って、読んでもすぐに忘れてしまうので
いちいち最初のページに戻らなくても、主な登場人物を
確認できるのって、すごく楽です。
読み手のことを良く考えているなと思いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2