So-net無料ブログ作成
検索選択

娘に英語を [えいご/EIGO/英語]

KC3X0126.JPG
娘も中学生になったので、そろそろ英語を教えてみようと思います。
日本語すら怪しい娘ですが、大丈夫かしら。

教え方としては、私がその昔師匠に教わった方法を使おうと思います。
その方法とは・・・とにかく予習が大事なのです。

■予習のやり方
1. 単語帳に新しく習う英単語とその発音記号を書き写して、意味も辞書で調べて書く

2. 先生の音読に続いて、唇の動きを真似して、聞こえたとおりに教科書を音読する

3. 音読した文章をその場でソッコー日本語に訳す。

この 3 ステップで終わりです。
簡単でしょ。

1. に登場する単語帳は、試験のときに暗記用に使うような、1 語ずつ書く小さな単語帳ではなくて
できれば大きなものがいいです。
我が家の場合、近くの本屋さんや文具屋さんで探してみたのですが
ちょうどいいものがなかったので、普通の A4 版の英語ノートで代用することにしました。

この勉強方法、簡単なのですが、
良い師匠がいないと成り立たないことがネックなのです。
英語の発音がきれいで、日本語もきちんと分かる人でないとダメです。
また、この方法で英語を習ったとしても
どの子も同じように成績が伸びるわけではありません。
子供のやる気と素質によって違いが出ます。
でもたぶん、この方法で予習をやって
あとは学校から出される宿題を復習代わりにこなしておけば、
それほど苦労せずに、英語の授業についていけると思いますよ。

英語はあくまでもツールであって目標ではないので
社会に出たときに英語を毛嫌いせずに、色々なことにチャレンジできるようになれば
それでいいと思います。
され、私は娘をそのレベルに到達させることができるでしょうか・・・?
到達させられなかったら・・・師匠、ごめんなさい。

タグ:英語 中学校
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0