So-net無料ブログ作成

高校入試終了 [ぽんちゃんと私]

娘の高校入試テストが全日程終了しました。
あとは来週の結果発表を待つだけです。
本人は「ダメだ。受かる気がしない」と言っていますが、どうでしょうね。
あまり得点できなかったようです。ま、こればっかりは、実力ですので。

興味本位で、今年の受験問題を見てみました。
今年は割と基本に忠実で、これぞ受験!って感じの問題が多いように思いました。

国語
今年からリスニング問題が廃止されました。
その分、何か別の問題が出題されることはわかっていたのですが
現代文ではなく、漢文が増えていました。
今まではリスニングがある分、古文と漢文は、どちらか 1 題しか出ていなかったのです。
古文と漢文、どちらも出題されるようになったことで
よりセンター試験的な標準に近い形の国語のテストになった印象でした。
問題もそれほど難しくなく、国語の得意な子にはわけもなかったと思います。

理科
様々な分野からまんべんなく出題されています。
過去問と似たような問題が多かったですが、
唯一地震についての問題が目新しい感じがしました。
たぶん、解ける子には楽勝だと思います。

英語
英語の問題は、過去問と似たような感じでした。
ただリスニング問題が聞き取りづらかったようです。
長文は、読んだところ、内容が比較的優しく、推測しやすいと思いました。
これも解ける子なら楽勝です。制限時間の半分もいらないと思います。

社会
常識問題に近い印象を受けました。
たぶん大人が受ければ、良い点数が取れるはずです。
ブラジル移民 100 周年のコインの絵と、コーヒー豆の国別生産量を尋ねる問題って
コーヒー豆しか共通点がありませんが、コインの絵を載せる意味があったんでしょうか?
こんな不思議なところに振り回されますが、聞かれていることは極めて標準的で
グラフも見やすいし、分かりやすかったです。

数学
数学も、昨年と難易度は似たような感じでした。
ただし昨年の数学は、意外と難しかったのです。
図形問題なんて、私はまず解けません。完全に「捨てる」問題です。
ただ、数学苦手な私でもいつも思いますが、沖縄県の高校入試の数学は
ここ数年かなりの良問が出題されています。頭の体操にとても良いです。
数学の得意な子は結構簡単に解くと思いますが、苦手な子は大変そうです。
この量の問題を制限時間内に全問解き切るのはかなり難しいと思います。

このように、変にひねった問題がない、極めて常識的な試験だったという印象です。
各教科、得意な子は得点を伸ばせて、苦手な子は伸び悩んだと思います。
さて、勉強が全体的に嫌いなわが子はというと
・・・やっぱり全体的に出来が良くなかったようです。
一番できたのが英語だったということで、かろうじて私の面目は保たれましたが。
どの高校に行けるかで、今後の進路も変わってくると思うので
結果によっては、彼女は「勉強そのもの」をあきらめることになるかもしれない
とちょっとだけ思いました。

2 次募集まで受験するとなると、最終的に進路が決定するのは 3/26(水)です。
テストは終わったけれど、先はまだまだ長そうです・・・。




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0