So-net無料ブログ作成

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 [活字中毒のトモ]


絵でわかる人工知能 (サイエンス・アイ新書)

絵でわかる人工知能 (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 三宅 陽一郎
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/08/27
  • メディア: 新書


私の勤めている会社では、人工知能 Watson を使って何かできることはないかと
探している人がいっぱいいます。それどころか、Watson を使ってできることを
みんなで考えよう!みたいな雰囲気があります。
でも、Watson って実際のところ何なのか、どうすれば何をしてくれるのか
肝心なことを教えてくれる人は誰もいません。

そうこうしているうちに数年が経ち、
人工知能について読みやすい本がリリースされるようになりました。
本がリリースされるってことは、そろそろコンテンツ的に人工知能は終わったかも?
ですが分かりやすい本は私にとってとてもうれしいです。さっそく読んでみました。

この本は、人工知能に関連するキーワードを、分かりやすく解説している本です。
例えば「ディープラーニング」とか「ニュートラルネットワーク」などの言葉が
分かりやすい言葉とたくさんの猫の絵で解説されています。

Amazon で Watson を検索したら、引っかかった本だったので
Watson について分かりやすく解説された本かと思ったのですが
どうやら違いました。Watson だけでなく、人工知能に関する言葉をもっと広範囲で集めて
その用語を説明している本でした。
確かに分かりやすいですが、そのキーワードを意識していない身としては
どうしてこれらの言葉が集まっているのか、なぜ解説の必要があるのかが
よく分かりませんでした。
言葉の解説ではなくて、もっと、どうしたら何ができるのかを教えてほしかったので
別の本を探そうと思います。


絵でわかる人工知能 (サイエンス・アイ新書)

絵でわかる人工知能 (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 三宅 陽一郎
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/08/27
  • メディア: 新書



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0