So-net無料ブログ作成
検索選択

心をまっさらに、さらし期 つれづれノート31 [活字中毒のトモ]




詩人の銀色 夏生さんのエッセイ第 31 弾です。
この巻には、2016 年 7 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日までの出来事が書かれています。
タイトルが「心をまっさらに、さらし期」である通り、
「何かしたい」という欲求があまりない時期を、ありのままに生きる毎日のようです。
習い事も始めてみたけれど、すぐに気が乗らなくなって、通いたくなくなっています。
ただ、1 年半前から通っているスポーツクラブは、まだ通い続けていらして
気の合う友達も 2 人できて、楽しそうです。
「しばらくこの生活を続ける」と書かれています。

そして「お酒やめなきゃ」といいながら、どんどん飲酒量が増えています。
なんとか飲む量をセーブしようとして、ワインボトルに線を引いてみたリしていますが
あまり効果はない様子。そりゃそうだ。
私もよくやるので分かりますが「ここまででやめよう」と思って飲むと
逆に制限以上に飲みすぎたりします。お酒でなくてもそれは同じで
ひと月に使っていいお金の額を決めても、守り切れる月はなかなかありません。
逆にお金のことを考えなくなると、あまり使わなくなります。
要は「ここまででやめよう」とか思っているうちは、
お酒にまだまだ執着しているということなのだと思います。
禁酒とか考えなくなったら、少しは飲まなくなるのか?
ちょっとやってみると、面白そうです。やってみようかな。

あとは夏生さんの息子さん、サクくんが、どのような進路を歩むのか、とても興味があります。
なぜなら、サクくんは私の娘と同級生だからです。
娘は進路の探し方が下手で、最終的には志望校に受からず
唯一受かった滑り止めの大学へ進みましたが、サクくんはどうなったのか?
娘と同級生なので、実際にはもうこの時点で何がしかの結果が出ているはずなので
早く続きが出ないかしら・・・と一人で勝手にそわそわしているのでした。


心をまっさらに、さらし期 つれづれノート31 (角川文庫)

心をまっさらに、さらし期 つれづれノート31 (角川文庫)

  • 作者: 銀色 夏生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: 文庫



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。