So-net無料ブログ作成
検索選択

バルウォーク那覇 [沖縄]

時折の小雨にも負けず、 バルウォーク那覇 に行ってきました。
22 日(土)と 23 日(日)に開催されましたが、私が行ったのは 22 日(土)のほうです。

この企画、すでに今回が 5 回目ということで
今回の参加店舗は全部で 65 店舗もありました。
ただし、土日両日参加している店舗と、そうでない店舗があるので
行きたいお店がいつ参加しているのか、事前に確認する必要があります。
あと参加するにはチケットを買わなくてはいけません。
チケットは 5 枚 1 つづりになっていて、
前売りだと 1 冊 3,600円、当日買うと 4,100 円でした。
1 店舗行くごとに 1 人 1 枚必要です。
店でチケットを 1 枚渡すと、お酒を 1 杯とつまみを 1 品出してくれます。
さて、どんなおつまみが出てくるか?想像しただけでワクワクします。

そして多くのお店は、国際通りに近い久茂地や牧志、安里に集中しています。
お店を選べば、徒歩で国際通りを一巡できるのですが
今回は安里近辺のお店を選んで、5 軒回ってみることにしました。
バルウォークって、歩くのも大事なのか?と一瞬気になりましたが
飲み始めたらもう、そんなことはどうでもいいのだ!

Image_793f2e0.jpg
Image_974d7fa.jpg

まず 1 件目。ダイニングバー GRATO
1 件目なので軽めにビールを頼んだら、アテにデミグラスロースカツが登場しました。
揚げたてのカツ、美味しい!
これ 1 品で 2 杯くらい酒が飲めるんだけど
・・・残念、今日はあと 4 件行く予定なので、我慢。
すっかりいい気分になって、2 件目へ。

Image_31ac974.jpgImage_ba95778.jpg

大石餃子店
ここのおつまみは 2 種類出ていて、焼き餃子 3 個はどちらにもつきますが
野菜のおつまみがポテトサラダかパクチーと水菜のサラダの選択制になっています。
私はポテトサラダにしましたが、パクチー好きな夫はパクチーを。
こういうとき、2 人で出かけていると、両方のメニューを堪能できて得した気分です。
ハイボールも美味しかったー。さらに上機嫌で 3 件目へ。
ここらでちょっと運動しようと、少し遠めの店を選びました。
(そうは言っても、牧志なんだが)

Image_bb8ad0d.jpg

3 件目は 真・燻製酒場 Barrel House
ここでは、つまみに燻製チキンレッグが 1 本どーんと出てきました。

KIMG0409.JPG
どーん。
これでワイン 1 杯なのは、実に勿体ない。
見てお分かりかと思いますが、どこのお店も、
お酒も美味しいですが、おつまみがとても美味しいのです。
前売り券で行くと、1 店舗当たりに払った金額はわずか 720 円。
なのに、こんなメニューが出てきていいんだろうか?
客としてはとてもうれしいですが。

Image_6b4ab3b.jpg

4 件目は 野菜の酒場 クサワケ
ここでも白ワインと一緒に美味しいおつまみを堪能しました。
カニミソ豆腐とバーニャカウダ、ポテトサラダ。
全部美味しかったです。
もうあと 1 件しか行けないのか・・・。

Image_4a2c073.jpgImage_bc17bea.jpgImage_4220e89.jpg

最後は イタリア酒場アルコリスタ
おつまみは、前菜盛りかポリートミストを選べました。
2 人で行ったので、どちらも食べれてラッキー。
お店の方いわく「パスタも美味しいですよ」だそうなので
今度はパスタを食べに伺います。

こんな企画があると、行ってみたかったお店に気軽に行けて
まだまだ行ったことがない、美味しいお店がたくさんあるのだということがよく分かりました。
どのお店も、また行きたいお店ばかりでした。
他にもたくさんの店舗情報を手に入れたので、また行ってみたいと思います。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート [沖縄]

19 回目の結婚記念日のお祝いに、夫が連れて行ってくれました。
2013 年にオープンして以来、ランチには何度か訪れていたのですが
宿泊したことはなかったのです。
今回宿泊してみて、率直な感想をまず書くと、
私、このホテル好きです。場所が沖縄でなかったら、長期滞在したいかも。

まず全室オーシャンビューなので、部屋選びに失敗しません。
お部屋はすべて禁煙で、各階に喫煙室が設けられています。
簡単にタバコ臭のしないお部屋を予約できるので、かなりストレスが軽減されます。
そして Wi-Fi が完備されているので、気楽にタブレットを利用することができました。

ちょっと困ったのは、フロントが 3F にあって、レストランが 5F にあるので移動が難しく
たまに迷子になりそうだったことです(私だけかも?)

夕食と朝食を、ビュッフェレストラン「シーフォレスト」で食べましたが、美味しかったです。
なんというか、目新しいお料理はないのだけれど、どれを食べてもちゃんと美味しい。
そしてスタッフのクオリティが高いのが印象的でした。
夜と朝、同じスタッフにサービスしていただいたのですが、
彼らはいったいどんなシフトで働いているんでしょうか?
前日に夕食に訪れた私たちを覚えていてくれて
「昨日はありがとうございました」と言ってくれるスタッフに
ここ以外でお会いしたことがないです。
よっぽど待遇がいいのかと思って、求人情報 を見てみたのですが
飛びぬけて良いとはいえない感じです。
いったいどうやってあのサービスを実現させているのか、とても気になります。

残念だったのは、温泉と屋内プールを利用したいとなると、別料金がかかることです。
ですが別料金がかかるお陰で利用客が少なく、ゆったり泳ぐことができました。
ところがどっこい、感想はこれで終わらず、温泉へ行くと、
数ヶ国語で「水着は脱いで利用してください」の注意書きが書かれているにもかかわらず
先客の外国人が水着のまま温泉につかっていて
「この人たち、他にどんなことしてくれたんだろう?」と暗い気持ちになりました。
彼らの「旅の恥はかき捨て」はこれでは終わらず、朝食のときも、
ビュッフェで取ったパンをいくつも ZIP LOCK につめて持ち帰っていました。
席の順番待ちができずに、勝手にどんどん空いたテーブルに向かって進む人もいました。
これらの場面に遭遇して嫌な気分になるのは、何もこのホテルに限ったことではなく
このシーズンはどこでもこんなものなんだと思います。
日本人も一昔前は、海外でこんな風に思われていたんだろうな・・・と思うと
毛嫌いばかりしてはいけないのでしょうし、一応経済効果の高い大事なお客様なので
我慢しないと・・・とも思うのですが、できればこの人たちと生活空間がかぶらないようにしたい
というのが率直な気持ちです。

というわけで、オフ・シーズンに行くのをお勧めします。
ホテル自体は好きなのに、なんかネガティブな感想・・・。

窓から見える景色はきれいなんですけどね。。

P_20160402_153612.jpg

1459681249845.jpg

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートの公式サイト はこちら。
http://www.hotelmonterey.co.jp/okinawa/
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

サイプレスリゾート久米島 [沖縄]

シルバーウィーク中に、久米島に行ってきました。
夫は仕事で何度か行ったことがありますが、私は初めてです。
沖縄本島で暮らして 13 年になりますが、
離島って、行こうと思わないとなかなか行きません。

行きはフェリーだったのですが、シルバーウィーク中ということで満席でした。
椅子に座れずに床や階段に座る人や、デッキで波をかぶる人も。
満席って、席数に対してどれくらい割り増しして乗船券を売っているのかしら?
当日は遠くとはいえ台風がいて、波が荒かったので
座る場所によってはかなり体力を消費する旅になっていたと思います。
フェリーに乗るなら、乗船開始時間直後に港に行くべきだと学習しました。

久米島についてみると、フェリーの中はあんなに混雑していたのとは対照的で
のんびりした雰囲気が漂っています。
レンタカーも借りるのが大変だったと夫は言っていましたが、
渋滞に巻き込まれることもなく、すいすい運転できました。
運転免許を取るのに良い場所かも。

ちょっとビーチでのんびりして、サイプレスリゾート久米島 にチェックインしました。

P_20150919_164445.jpg

ロビーはこんな雰囲気です。

P_20150919_164737.jpg

P_20150919_164732.jpg

お部屋はこんな感じ。

調べてみると、このホテルは 1990 年に「サンリーフリゾート久米島」としてオープンしましたが
2001 年に閉館。6 年の時を経て 2007 年に「サイプレスリゾート久米島」として
リニューアルオープンしています。
築 25 年経っているのですね。メンテナンスが大変そうです。
また作りがバブルの頃な感じで、バリアフリーが完璧ではありません。
風呂は広いけれど、バスタブが深いのと手すりがないのとで、老人には厳しそうです。
内装自体は、リニューアルオープンの時に改装されたようで、
まだ老人ではない私は快適に過ごしました。アメニティはロクシタンです。

今回プールに入らなかったので、アウトドアプールに入った時の感想は書けません。

周りはサトウキビ畑だけで、歩いて行ける居酒屋などはないので
館内のレストランで食事をしました。
食事の際のオーダーのとり方とか、ワインクーラーの置き方とかは的確で
レストランでの食事は快適だったので、このホテルが好きになりました。
以前泊まった「沖縄 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」より、このホテルの方が好きかも。

P_20150919_182102.jpg

お部屋はすべてオーシャンビューで、海は西側にあるので
天気のいい日はサンセットがとてもきれいです。

久米島、楽しかったけれど、住むとなったらどうだろう?
通販の大半は離島へは届けてもらえないから・・・長くは無理な気がしますね。





nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

那覇で昼飲み [沖縄]

せっかくのお休みなので、昼間から酔っぱらうことにしました。
たまにはいいですよね?

バスで国際通りに向かいます。

まず 1 件目は「食堂ぬーじボンボンZ 串カツ☆黒カレー部
昼の 11 時から飲めます。
ここのカレーは美味しくて、「那覇カレーグランプリ」では連続でグランプリを受賞しています。

P_20150429_115851.jpg
お好み串かつと黒カレーのセット
串かつは数種類の中から 3 本選べます。
これが出てきたら、やっぱりビールですね。

P_20150429_115514.jpg
サバとマッシュルームのアヒージョ。
これはおうちで再現できそうです。参考になりました。



さて、ビールを堪能した後は、牧志の公設市場あたりをフラフラ歩いている最中に見つけた
寿司屋さんに入ってみましょう。

P_20150429_134821.jpg
魚学 魚寿司 公設市場総本店」の 8 貫握り。
店の人に聞いたところ、つい最近オープンしたばかりだそうです。
公設市場でこんなきちんとしたお寿司屋さんは珍しいので、
ついフラフラと引き寄せられます。
お箸におみくじがついていて、中を読むと 551 の豚まんネタが書いてありました。
資本は関西か?

このあと「club cafe eight ball」でスープを飲み、小休止した後
さらにいい気になって、その上の階にある
スパークリングワインビストロ あわ家ガーデン」へ行きます。
その頃になると、もう完全に酔っ払っていて、写真が残っていません(<ダメじゃん)
スパークリングワインもアテも、美味しかったんですけどね。。

最後は家に戻る前に「らぁめん空海」で塩ラーメンを食べる

P_20150429_203815.jpg
〆はやっぱりラーメンですよ。

これだけ飲んでも、家に帰り着いたのは夕方明るいうちでした。
贅沢で無駄な時間の使い方。こういうの大好きです。








タグ:那覇 昼飲み
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

沖縄 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ [沖縄]

18 回目の結婚記念日を、こちらお祝いしてきました。
夫よ、いつも楽しいプランを計画してくれて、どうもありがとう。

2014 年 7 月にオープンした、まだまだ新しいホテルです。
オーシャンウィング 215 室、クラブウィングには 23 室のお部屋があります。
例えば、ザ・ブセナテラス には本館 392 室、クラブコテージ 18 室のお部屋があり
リザンシーパークホテル谷茶ベイ(たんちゃべい)には 780 室ありますから
思ったほど大きくないのかも?
ただ来てみると、白くて大きなホテルです。
敷地面積が大きいのかと思いましたが、そこまででもないようです(32,714㎡ (9,896坪))
どうしてでしょうね?広く見える工夫があるように思います。

宿泊してみると、素敵だと思うサービスと、ありえないサービス両方に出くわした
変わったホテルでした。
まず素敵だと思うサービスについて書いてみます。

1. お部屋が広い
3 人で宿泊したのでエクストラ・ベッドを入れてもらいましたが、まだまだゆとりがありました。

2. お風呂が気持ちよい
ジュラ紀温泉「美ら海の湯」という名前の天然温泉があるのですが、ホテルの 5 階にありまして
伊江島が正面にきれいに見えます。タッチューを眺めながら広いお風呂につかると天国気分を味わえます。


次にありえないサービスですが・・・

1. エントランスにスタッフがいることが少ない
私たちは 1 泊しかしなかったので、荷物も少なくあまり問題がありませんでしたが
連泊される人たちは、自分でカートを押したりして大変そうでした。

2. インドアプールにジャグジーがない
インドアとはいえ、プールの水温は意外と冷たいです。体を温めるためのジャグジーが欲しいです。

3. アウトドアプールのジャグジーが冷たい
外のプールにも行ってみましたが、外はさらに水温が冷たいです。
外にはジャグジーがあったのですが、なんと冷水が流れていました!

4. プールと温泉には距離がある
そんな訳で冷たい体のまま、お風呂に行こうとすると、温泉はなんとホテルの 5 階にあるのです!
確かに 5 階だと窓から眺める景色が素敵なのですが・・・プールから上がって冷えた体で
いったん洋服を着て 5 階まで上るのは、結構大変です。

5. レストランでワインを頼むと、半分飲むまでワインクーラーが出てこない
飲むペースが速いというのは多少あるかもしれませんけれど・・・。

6. しかもワインクーラーが置かれたのが女性側。
そしてグラスのワインがなくなっても注ぎにきてくれない

お酒を飲まない人なら「ありえない!」と思う頻度が半減するかもしれません・・・。
あとは、水族館から本当に近いところにありますし、お部屋も広いので、
子連れで泊まるのがお奨めと思われます。

P_20150404_133545.jpg
泊まった部屋の窓から見えた風景。

P_20150405_104848_DF.jpg
エメラルドビーチが目の前です。

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Italian barrel COCOCHI(イタリアン バレル ココチ) [沖縄]

このお店、以前は和食のお店だったのですが、
そんな過去を感じさせないほど、お店の雰囲気ががらりと変わりました。
気軽に入れる感じのイタリアン・バルです。
夫と 2 人で、ふらっと行ってきました。
19 時くらいに予約を入れると、当日でも OK でした。

1 人 1,500 円で飲み放題のプランがあったので、迷わずそれを頼みます。
アテはこんな感じで。
どれも外れがありませんでした。美味しいです。

KC3X0275.JPG
バーニャカウダ

KC3X0276.JPG
サーロイン炭火ステーキ

KC3X0278.JPG
濃厚チーズリゾット

KC3X0279.JPG
県産牛ほほ肉の赤ワイン

KC3X0280.JPG
スモーキーポテトサラダ

お肉のメニューが充実しているので
「お肉をがっつり食べながら、お酒を飲みたい!」というときにお薦めです。

カウンターに座って、のんびりご飯を食べながら、お酒がどんどん進みます。
店の照明が全体的に明るいので、なんとなく家でご飯を食べているような雰囲気です。
(まー、家ではこんな料理は出てきませんが)
気楽に食べて、話して、飲めます。

飲んでいる間に、周りの客層を見て思いましたが、年齢層が高めです。
タパスは 350 円と 500 円均一メニューがあるらしいので、
その気になれば、安くで気楽に飲める店だと思うのですが
お酒を飲む、というのはおっさんやおばはんの楽しみになっちゃったかも・・・?
飲むと確実に肝臓には悪いですしね。

↓ホットペッパーのリンクを貼っておきます。
Italian barrel COCOCHI(イタリアン バレル ココチ)


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Chill Out でマッサマンカレー [沖縄]

娘が晩御飯をいらない日が何日かあったので、夫婦で飲みに行きました。
こちらはタイ料理を楽しめるバーです。
タイ料理屋さんなんて、本当に久しぶりに行きました。

なぜタイ料理を久々に食べに行こうと思ったか?それは夫がどこからか
CNNGO が発表した「World's 50 best foods」の情報を仕入れてきて
「世界一美味いと言われるマッサマンカレーを食べてみよう」
と言ったからです。夫はこういう情報を仕入れてくるのが好きだよな・・・。

ここへ来る数日前に、無印良品でレトルトのマッサマンカレーを買って食べてみました。
ちょっと辛目ですが、ピーナツの香りが香ばしく、美味しかったです。
ところがこの Chill Out で出てきたマッサマンカレーは、
無印良品のそれとは全く違うものでした。

KC3X0283.JPGKC3X0284.JPG
骨付きラムがどーんと入ったカレー。
食べてみると、割と甘目。パクチーさえなければ辛いのが苦手な娘も食べられそうです。
2 つのマッサマンカレーがあまりにも違いすぎて、
マッサマンカレーが何なのか、よく分からなくなりました。
また別の店に行って、食べてみようかな。

他に食べたもの。

KC3X0285.JPG
トムヤムクン。色々なだしの味が良く出ていて、本当においしかったです。
とても辛いので、私は全部飲み切れませんが。

KC3X0282.JPG
ヤムウンセン。こちらも美味しいです。

今「World's 50 best foods」をきちんと読んでみたところ
私にとっては全く意味が分からなかったというか、
どうして近江牛のステーキ(29 位)がシェパード・パイ(12 位)やトムヤムクン(8 位)より
順位が下なのか、てんで理解できませんでした。
Facebook で投票を募ったということなので、票を投じる人に偏りが生じている気がしますね。
そういう意味では、この記事もそうですが
人が「これは美味しい」というものが、本当に美味しいかどうかは
実際に食べてみなければ分からない、というか人の評価は本当にアテになりません。
でも美味しいと思うと、こうやって無駄な記事を書いてしまいます。
「美味しい!」という気持ちを誰かに聞いてもらいたいのです。
何度も言いますが、それが人のためになるかどうかは、微妙なんですけどね。
だけど、本当に美味しかったですよ。タイ料理にご興味おありの方は、ぜひどうぞ。

Chill Out
沖縄那覇市字安里388-6 2F
この店看板が小さくてちょっと分かりにくいです。
「きゆな」という料理屋の看板が目印・・・(なんで別の店目指すねん?)


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ナムラプリックス滞在記 [沖縄]

義両親&姪が沖縄で 10 泊 11 日を過ごす間滞在したウィークリーマンション
ナムラプリックス」です。天久りうぼう楽市にほど近い場所に
昨年オープンしたばかりのウィークリーマンションです。
何が良いって、天久りうぼう楽市から本当に近いのです。
マンションの入口を出ると、もう道路を渡るだけで、楽市の敷地内です。
りうぼうは 24 時間開いているスーパーなので、何かが足らなくて困ることはまずありません。
以前、同じ系列の「ナムラアクシス」に滞在しましたが、
そこよりもさらに、スーパーに近いです。

気になる内装ですが、こんな感じです。

KC3X0209.JPG
KC3X0208.JPG

すでに散らかした形跡がありますね・・・。
お部屋のもっときれいな写真を見たい場合は、ナムラプリックスの Web サイト をご覧ください。
ナムラアクシス との最大の違いは、ダイニング・ルームと寝室が完全に分かれているところです。
これなら数人で滞在しても、寝たい人から先に寝室に入って、
快適に眠ることができます。
あとダイニングテーブルが独立しているのもいいなと思いました。
ナムラアクシスのダイニングテーブルは、カウンターキッチンに対面する
カウンター型のテーブルだったので、大勢で食卓を囲むのがちょっと大変だったのです。

逆にトイレの設計はナムラアクシスの方が良いと思いました。
ナムラプリックスのトイレは、なぜか段差があるので、高齢者には不向きです。
他がバリアフリーの設計になっているのに、なんでトイレだけ段差を設けたのか謎です。
あと駐車場がナムラアクシスと共用なので、ちょっと遠いです。
ただしお隣にレンタカー屋さんがあるので、どこか別の場所でレンタカーを借りて
こちらで駐車場を借りるのではなく、車が必要な時だけお隣でレンタカーを借りるようにすれば
駐車場は不要かもしれません。

ベッドは 2 つなので、2 名で滞在するのが良いと思います。
小さな子供ならあと 1 名くらい泊まれるかな。

あと、Wi-Fi が使えて便利です。
LAN ケーブルも差せます。LAN ケーブル自体はなかったと思うので、持参が必要です。

ウィークリーマンションも、新しくなればなるほど高性能になっていて
たまに泊まると面白いと思いました。
ただし義母の体調次第なので・・・次回はあるかどうか不明。




nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ホテル浜比嘉リゾート [沖縄]

以前、ランチを食べた「レストラン浜比庭(ハピナ)」がとても良かったので
今度はディナーを食べてみようと、「ホテル浜比嘉リゾート」へ泊りがけで行ってきました。

KC3X0079.JPG

外観はこんな感じ。
チェックイン当時、天気がイマイチだったので、写真も微妙?

チェックインを済ませると、部屋へ案内してもらえるのですが
なんとこのホテル、エレベーターがないことが判明しました。
ロビーは 2 階、宿泊する部屋は 3 階にあります。
大きな荷物はスタッフが運んでくれますが、階段を上がるのが大変そうでした。

案内されたお部屋はこちら。

KC3X0081.JPG

色使いが落ち着いていて、安心できるお部屋です。
ホテルの Web ページ を見ると、和洋室やセミスイートルームなんかもあるようですが
このお部屋は標準的なスタンダードツインです。
残念なことに、部屋では WiFi を使うことができません。
ロビーでは使えます。
水回りは改装されたようで、非常にきれいです。
ただし、バスタブはついていません。シャワーのみ。
その代り 4 階には大浴場があり、水平線を眺めながら、
ゆったりと広いお風呂につかることができます。

お風呂でゆったりとくつろいだ後は、レストランでおいしい食事をいただきました。

KC3X0084.JPG

まずはアミューズ。

KC3X0085.JPG

本日の前菜。
近海魚のカルパッチョです。
ウリズンマメって、カルパッチョに入れられるんですね。
おいしかったです。

KC3X0086.JPG

本日の美味しいスープ。
季節がらでしょうか。かぼちゃのスープでした。

KC3X0087.JPG

メインの魚料理です。
オマールエビのソースがかかっていて、味が濃厚でおいしかったです。

KC3X0089.JPG

KC3X0090.JPG

デザートですが、2 つも出てきました!
アップルパイとプチケーキです。
飾りがとってもきれいです。

スパークリングワインを開けて、すべてのお皿を堪能しました。
あとは部屋に寝に帰ればいいだけなんて、幸せ。。

海のアクティビティを楽しみたい人でなければ、
周りにテンションが上がるようなものは特にないので
人の少ない島に来て、ゆったりと過ごしたい人向けだと思います。
ですが、ゆったり過ごしたい人にとっては、お部屋も落ち着いた雰囲気だし
ご飯を食べに遠くへ移動しなくても、おいしい料理が堪能できるのでお薦めです。

そうそう、翌日食べた朝食はこんな感じでした。

KC3X0093.JPG

宿泊客が多くなければ、バイキングではなく、きちんとつくられた朝食を
テーブルに運んでくれるようです。
バイキングも十分美味しかったというか、
自分で取ってくるお味噌汁がこれほど美味しかったことって、
今まで宿泊したホテルではなかったかも。

美味しいを堪能しつくした 1 泊 2 日でした。
機会があれば、ぜひまた行きたいです。





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

港町食堂 The Dining [沖縄]

先週の台風は、沖縄を避けて通って行った、しめしめ・・・と思っていたら、また台風!
今度は直撃でしたorz
10 月も半ばだってのに、なんでこんなに台風が多いのよ。
とりあえず、我が家は停電を免れたので、買い置きしていた食料と酒を片手に
のんびり過ごしました。3 連休ですし。
屋上に室外機があるエアコン も、今回はとりあえず一命をとりとめた模様。良かった。

とはいえ、風はまだまだ強いので、今日も家に閉じこもってブログの更新でも。
某日行った、港町食堂 2 号店(正式には「港町食堂 The Dining」という名前らしいです)について
書いてみようと思います。

元祖「港町食堂」は、最近はいつ行っても人がいっぱいでは入れないか
食材がなくなってオーダーストップしている状態でしたので
「北谷に 2 号店を出します!」というお店の twitter を読んで
オープンしたばかりの時に行けば、まだ空いているんじゃないか
久しぶりにおいしい料理が食べられるかも・・・と期待して、行ってきました。

外観やらシェフの写真やらは、ぐるなび 沖縄版 に掲載されていますので、そちらをご覧ください。
このお店は、元祖「港町食堂」よりもうんときれいで、
お店の方が ブログ で「グレードアップ版」だと言っておられたのも納得でした。

KC3X0036.JPG
訪れた当日のランチメニューです。
プライムビーフのステーキ以外は、すべて 1,000 円で食べられます。
どのメニューにも、ライスかパン、そしてサラダとスープがついてきます。

元祖「港町食堂」と比べると、メニューが厳選されています。
オペレーションを考えてのことなんでしょうね。

KC3X0037.JPG
「熟成豚ロースのカツレツ」を頼んでみました。
日本の昔ながらの洋食というより、アメリカーン!な感じ。めちゃくちゃボリュームがあります。
北谷にぴったりですね。
味はどうかというと・・・元祖「港町食堂」の時ほどの感動はないかも。
ボリュームはあるのですが、お肉本体に脂身が多すぎる気がしました。
「熟成豚」って、こんなものですかね?
私がうかがった時は、厨房にシェフがいらっしゃいませんでした。
シェフが作ったら、また違った味になるかも?

KC3X0038.JPG
これは別で注文した、デザートのアフォガートです。
アイスクリームとコーヒーって、合うんですね。知りませんでした。
今度家でも作ってみようと思います。

完食してみて、思いました。
この店は、ランチに訪れる店ではないのかもしれません。
夜に、ワインを楽しむ目的で行く方がいいかも。
北谷辺りに泊まる機会があったら、ディナーを予約したいと思います。



港町食堂 The Dining
ランチ 11:00~15:00
(L.O.14:30)
ディナー 17:00~24:00
(L.O.23:00)
050-5787-1739
水曜定休だそうです。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理