So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼーっとしている人が「自分の人生と向き合う」ための Q&A 30 [活字中毒のトモ]




こちらの記事 をリツイートしているつぶやきを読んで、
面白そうだと思ったので、この方の本を読んでみることにしました。
幸いなことに Kindle Unlimited にこちらが出ていたので、無料で読むことができました。

件の記事が掲載されているブログ「斗比主閲子の姑日記」を読むと、
特に「悩み相談」的な要素は表に出ていないのですが
なぜか彼女の元へはいろいろな悩み事が寄せられるようです。
そんな悩み事を 30 個まとめたのがこの本のようです。
ご参考までに、30 個のお悩みのうち、最初の 2 つは下記のようなものです。

Q1.「嫌いな同僚の結婚披露宴に呼ばれましたがご祝儀を払いたくありません。どうすればいいでしょうか」→ A.「欠席しましょう」
Q2.「職場の同僚が私を嫌っています。どうしたらいいでしょうか?」→ A.「思い切って好意があることを伝えてみてください」

2 つの悩みを見てお分かりでしょうか?
淡々とお悩みに答えていらっしゃるように見えますが、斗比主閲子さん、実は相当に優しい人です。
この 2 つの悩み、私が答えるとどうなるかといいますと

「嫌いな同僚の結婚披露宴?テキトーな理由を付けて欠席に決まってるでしょ」
「同僚があなたを嫌っている?よっぽどあなたに興味があるんでしょうね。
“かわいそうに、嫌われることをしているうちは、私は絶対あなたを好きにならないけど!”
と心の中で断言しましょう」

とかになるので、それに比べるとはるかに優しい回答です。
しかも、回答がしごくまっとうです。きちんとした解決策が提示されます。
聞き手が安心して悩みを打ち明けられるのです。
なるほど、匿名の人たちが悩みを打ち明けたくなるわけだわ。

私個人は、他人に悩みを打ち明けて、良いことがあった試しがないので
悩み相談をほとんどしません。
こうやって日々のモヤモヤを優しく聞いてくれる人は、本当に貴重です。
自分がこんな人になれるか?いや絶対無理。



ぼーっとしている人が「自分の人生と向き合う」ためのQ&A30

ぼーっとしている人が「自分の人生と向き合う」ためのQ&A30

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2015/12/21
  • メディア: Kindle版



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの [活字中毒のトモ]


成田屋の食卓

成田屋の食卓



娘の大学の入学式に出席するために乗った飛行機の中で読みました。
Kindle Unlimited で紹介されていて、気楽に読めそうだなと思ったので
Kindle に入れて持っていきました。

十二代目 市川 團十郎の奥様、堀越 希実子さんの著書です。
「食卓」の文字につられて読んでみました。
おいしいものの話なら飛行機でも気楽に読めるかなー・・・なんて。
軽い気持ちで読み始めたところ、マグロや伊勢海老、ステーキなど
高価な食材をふんだんに使った料理が並んでいてびっくりしました。
また、お取り寄せのおせち料理のおいしそうなこと。
非常に豪華で、最高の食材が使われていることが一目で分かります。

希実子さんのご実家は実業家で、ご本人は小学校から大学まで学習院を卒業なさったそうです。
自分で「お嬢様だった」と書かれていらっしゃるのも納得というか
食材の使い方が、なんとも豪快です。
また使い方もそうですが、豪快に使えるほどたくさんの伊勢海老が食卓に並ぶのは
さすが成田屋さん、一般家庭には真似できない食卓です。

希実子さんは文中でよく「特別なことは何もない」と書いていらっしゃいます。
お嫁に着たばかりの麻央さんにも「堀越家の味を教えてください」と言われても
「何もないから、好きなものを作ったらいい」と答えたそうです。
希実子さん自身、嫁いでいらしたときにはお姑さんは既に他界されていて
「堀越家の味」たるものがなかったそうなので、表も裏もない正直な言葉なのですが
読んでみてちょっと冷たいかな?と思いました。
いえ、私が希実子さんの立場でも、同じことを言うと思うのです。
そして、言った本人は全く悪気がないというか、むしろ相手のことを思ってそう言っているのですが
改めて読んでみると、こう言われた相手は、
なんだかとても「突き放された」感じがするかもと思いました。
本当に、私も普段こんな言い方をするので、気をつけないといけません。
また豪快に使えるほどたくさんの伊勢海老は、普通の家庭ではありえないことなので
その食材を使いながら「普通ですよ」と言うのは、
聞き手によってはとても失礼に聞こえると思いました。
だからといって正直に「私の家のご飯、高級でしょ」と言えばいいってもんでもないでしょうけど。
他の人が持たないものを持っている人は、慎み深くなくてはいけない、
言葉も充分すぎるほど選ばなくてはいけないということが、よく分かった 1 冊でした。
普通と違う、って大変なんですね。

またこの本は 2016 年 10 月に出版されていますが、
希実子さんの後継者である麻央さんへのエールであふれた内容となっています。
麻央さんの乳がん公表が 2016 年 6 月であったことを考えると
複雑な気持ちでこの本を書かれたことは想像に難くありません。



成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの

成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの

  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2016/10/30
  • メディア: Kindle版



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

赤を身につけるとなぜもてるのか? [活字中毒のトモ]


赤を身につけるとなぜもてるのか?

赤を身につけるとなぜもてるのか?



最近この本を通勤中に読んでいて、読み終わるのにとても時間がかかりました。
全部で 11 章ありましたが、1 日 1 章読めればいい感じでした。
ですが内容はとても面白かったです。
またハードカバーではなかったので、持ち運びはそれほど苦になりませんでした。
確か「美女だとどのくらい得なのか」が気になって、この本 を買ったときに
こちらも一緒に購入しました。そしていつもの通り、放置すること 1 年。
ようやく単行本を読みたい気分になったので、読みました。

この本の著者はイスラエルのテルアビブ大学に所属する、タルマ・ローベル教授。
女性です。既婚でお子さ 3 人いらっしゃいます。
家庭と仕事を見事に両立させている(と思われる)ローベル教授が注目したのは
色や香り、人間の一般的なしぐさなどが、
人間の行動にどのような影響を与えるのかということでした。

「同じ女性ウェイトレスが 1 日ごとに T シャツの色を変えたところ、赤を着た日のチップが一番多い」
「同じ女性がヒッチハイクをしたところ、赤い服を身に着けると成功率が上がった」
「商談相手に温かい飲み物を出したほうが、冷たい飲み物を出すより契約率が上がる」
「人はシャワーを浴びて身体をきれいにした後の方が、ずるい行動を取りやすい」

など、単純な行為がその後の行動に与える影響を、実験と検証を元に導き出した本です。

特に興味深かったのは「テストの受験番号などが赤で書かれていると、成績が悪くなる」のに
スポーツユニフォームは、赤の方が勝率が上がる」ことです。
こんなことってあるんですね。テストもスポーツの試合も、勝負事といえば勝負事だし
スポーツは頭を使わないかといわれると、そんなことはないのに。
なんで同じ赤を使っても結果が違うのか。
理屈では全然分かりませんが結果はそうであるとのことです。
きっと人間は頭で考える前に無意識でしていることが、いっぱいあるんでしょうね。

あと商談相手に出す飲み物は、季節によって変えるのが一般的と思っていました。
夏に熱いコーヒーを出したときと、アイスコーヒーを出したときと、
どちらが商談の成功率が上がるのか、試してみたくなりました
・・・が、私の職場にはお客様は滅多にいらっしゃらず、商談の機会もないのですが。

また、サブリミナル効果で Apple のロゴと IBM のロゴを別々の被験者に見せた場合
Apple のロゴを見た被験者の方が、より活発にクリエイティブなアイデアを生み出したという
実験結果はかなり興味深かったです。そうか・・・ロゴのせいなのか・・・。



赤を身につけるとなぜもてるのか?

赤を身につけるとなぜもてるのか?

  • 作者: タルマ ローベル
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/08/10
  • メディア: 単行本



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

そして大学へ [ぽんちゃんと私]

まだまだ寒いのですが、娘が大学へ行くため、沖縄を離れていきました。
のんびりした性格で、青い海が大好きな娘が、内地の大学へ行きたいと言ったときは
ちょっと意外な感じがしましたが、一人で暮らして、内地の厳しい環境にもまれるのも
良い経験かもと思い、娘を送り出しました。

大学では、音響を学びたいらしいです。
とは言っても、第 1 志望の大学には受からなかったので
かろうじて受かった大学に進学することになりました。
勉強が好きな子であれば、1 年浪人して来年もう 1 度チャレンジもアリなのかもしれませんが
残念ながら我が子は勉強が好きではありませんでした。
何浪したってダメなものはダメだと思いました。
それなら、今いけるところに進学したほうが、時間とお金を節約できて良いです。
仕事を休んで、入学式に列席しました。
私が大学生になった頃は、ご家族が入学式に来ている友人の方がレアだったのですが
今は時代が変わったようで、たくさんの父兄が式に列席し、
その後には父母向けのガイダンスまで予定されていました。
なんだか面倒見のよい大学のようです。ふわふわしている娘には、良い大学かも。

娘の友だちも、推薦で希望とはちょっと違うところに進学したり、浪人したり
頑張って勉強して合格したりして、それぞれ新しい道を歩みだしました。
話を聞くと、きちんと総合的に物事を考える子は、
自分でいくつも有効な選択肢を探して、手堅く進路を決めるようです。
人間それぞれ、できることとできないことがあるんだなー・・・と、しみじみ思いました。

沖縄とは全く変わって、寒さ厳しい場所で寮生活を送ることになった娘。
新しい生活にうまく馴染んでくれることを祈るばかりです。
あと、毎朝ちゃんと起きて、大学へ通ってほしいです。
寝坊ばかりして朝一の講座の単位をとれなかった・・・というのは
私も経験がありますが、単位を落としてばかりで卒業できないとなると困ります。
授業料を払っている身としては、必ず 4 年で卒業してほしい
というか、留年したらその分の学費は自分で払うように言ってあります。

昔と違って、今は LINE でいつでも連絡が取れるので
今のところ、思ったほど寂しい感じはないのですが
同僚からは「今からじわじわと寂しくなるのよ」と言われています。でしょうね。
ただ今のところは、夜中に煌煌とついている明かりが気になって寝られない
(娘はよく、電気をつけっぱなしで寝落ち していました)なんてことがなくなったので
私の睡眠の質が良くなって、喜んでいます。


タグ:大学進学
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 [活字中毒のトモ]




私の勤めている会社では、人工知能 Watson を使って何かできることはないかと
探している人がいっぱいいます。それどころか、Watson を使ってできることを
みんなで考えよう!みたいな雰囲気があります。
でも、Watson って実際のところ何なのか、どうすれば何をしてくれるのか
肝心なことを教えてくれる人は誰もいません。

そうこうしているうちに数年が経ち、
人工知能について読みやすい本がリリースされるようになりました。
本がリリースされるってことは、そろそろコンテンツ的に人工知能は終わったかも?
ですが分かりやすい本は私にとってとてもうれしいです。さっそく読んでみました。

この本は、人工知能に関連するキーワードを、分かりやすく解説している本です。
例えば「ディープラーニング」とか「ニュートラルネットワーク」などの言葉が
分かりやすい言葉とたくさんの猫の絵で解説されています。

Amazon で Watson を検索したら、引っかかった本だったので
Watson について分かりやすく解説された本かと思ったのですが
どうやら違いました。Watson だけでなく、人工知能に関する言葉をもっと広範囲で集めて
その用語を説明している本でした。
確かに分かりやすいですが、そのキーワードを意識していない身としては
どうしてこれらの言葉が集まっているのか、なぜ解説の必要があるのかが
よく分かりませんでした。
言葉の解説ではなくて、もっと、どうしたら何ができるのかを教えてほしかったので
別の本を探そうと思います。


絵でわかる人工知能 (サイエンス・アイ新書)

絵でわかる人工知能 (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 三宅 陽一郎
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/08/27
  • メディア: 新書



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である [活字中毒のトモ]


なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

  • 作者: 中島聡
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2016/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


書店で見かけて面白そうだと思いましたが、
Kindle でかなり安い価格でダウンロードできたので、そちらを利用しました。

著者の中島 聡さんは、彼のブログ のヘッダーいわく「永遠のパソコン少年」だそうです。
本を読んでみたところ、高校 2 年生でご両親からコンピュータを買ってもらい、
以後ずっとコンピュータと一緒に遊んでいるような人生を歩んでいらっしゃいます。
大変優秀な技術者で、マイクロソフト本社(アメリカ)に勤めていらしたときには、
Windows95 や 98 の開発に携わっていらっしゃいました。

中島さんが時間管理に目覚めたのは、なんと小学生の頃。
夏休みの宿題を残していたがために、
海に遊びに行くチャンスをふいにしたことがきっかけだそうです。
それ以来、やらなくてはいけないことを最短で終わらせる方法を考え続けて
今に至るのだとか。
同じ経験をしても、いかに課題を出さずに逃げおおせるかだけを考えるようになった
我が娘とはえらい違いです。

そんな中島さんが、仕事を早く終わらせるために提案するのは
「ロケットスタート時間術」
つまり、課題を引き延ばさないで、とっとと始めて早く終わらせる
その心づもりです。
彼に言わせると、仕事が終わらない諸悪の根源は「ラストスパート志向」
つまり、仕事の締め切りを甘く見積もり、後になって慌てて
徹夜をしても間に合わなくなり、クライアントに予定を変更してもらう
その意識が問題なのだそうです。
本当にきちんと仕事をしようと思うのなら、
まずはどのくらいかかるのか、スケジュールを割り出すための調査期間をもらい
その期間で「ほぼ完成」と言えるところまで仕事を持って行く。
その期間で「ほぼ完成」まで持って行けないと判断したタイミングで
クライアントとスケジュールの見直しを交渉する
こういうスタイルで仕事をすべきとのことです。
いやまったく、おっしゃる通りです。何の異論もありません。

そして「締め切りを常に守れる仕事ができる人は、100 人に 1 人もいない」
のだそうです。本当?
翻訳の仕事をしていた時は、納期を守れなかったら 2 度と仕事はありませんでしたが。
100 人に 1 人も納期を守れないのだったら、大変じゃないか?
と思って、今の職場について考えてみましたが
確かに予定通りの日に契約書を作成できるプロジェクトってあまりなくて
希望する日時は「夢を語っている」のと同じことだと思うことがよくあります。
そうか・・・彼らに付き合って仕事をしている私が帰れないのは、そういうことなんですね。

語りかけてくるような文章で、あっという間に読めます。
通勤の友にお薦めです。



なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

  • 作者: 中島聡
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2016/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

菜根譚 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 [活字中毒のトモ]


菜根譚 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)

菜根譚 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)



前にビギナーズ・クラシックスシリーズの「孫子・三十六計」を読んで面白かったので
同じ方が書かれたこちらも購入したのだと思います。
孫子・三十六計」の書評を 2 年前に書いているところを見ると
たぶん買ってから長いこと寝かせていたはず・・・と思って Amazon の購入履歴を見たところ、
寝かせた期間は 1 年間でした。大概ですね。

菜根譚は、「論語」とならび各界のリーダーたちが座右の銘としてきた
処世訓の最高傑作だそうです。
今まで聞いたことありませんでした。各界のリーダーと接する機会がないからかしら?

「一歩を譲る」、「人にやさしく己に厳しく」など、人づきあいの極意、治世に応じた生き方、
人間の器の磨き方などが書かれています。
「君主は XX でなければならない」という書き方の文章が多いので
主に上に立つ人を対象に書かれているようです。

菜根譚の著者は、明代末期の人、洪 応明(字は自誠)さんであると書かれていますが
洪さんについては記録がほとんど残っていないようで、謎の人とされています。
湯浅さんは「役所勤めを終えて田舎に引退してきた知識人」ではないかと
推測していらっしゃいます。
確かに、現代語訳を読んでみると
俗世間から身を引いて、一歩離れたところから、俯瞰的に見ているイメージが伝わってきます。

「俗世間から身を引いて」と書きましたが、完全に世捨て人になってはいけないようなのです。
ですが名声や手柄、豊かな財産や高い地位などを追い求めることをやめれば
凡人の境地を脱することができるそうです。
また逆に、物に執着しないことが度を超えてしまって、心がすっかり枯れてしまっても
今度は人を救い物を利することができないので、ダメらしいです。
なんというか・・・バランスが大事というお話?
バランスを上手に保てる人が世の中で成功するってことでしょうか。
それは確かにそうだと思いますが、私はきっと菜根譚を読み間違っている
・・・そんな気がします。


菜根譚 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)

菜根譚 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)

  • 作者: 湯浅 邦弘
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川学芸出版
  • 発売日: 2014/10/25
  • メディア: 文庫



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

卒業パーティー [ぽんちゃんと私]

卒業式 でも「アメリカみたい」と思いましたが、もっと「アメリカみたい」と思った行事がこれ。

沖縄の高校は、卒業式の後で後日改めて、卒業パーティを開催するのが主流のようです。
会場は学校ではなく、ホテルの一室を借りて行われ
出席者はみんな正装して参加します。

Image_076513a.jpg

娘も、パーティドレスを着て参加しました。
当日思ったより寒かったの、ショールを着用。

Image_df966ea.jpg

ヘアメイク美容院でやってもらいました。
平日じゃなかったら、私がやってあげたかもですが、
プロに頼んで正解だったと思います。超きれい。

男子はスーツ、女子はドレス
きちんと正装して会場に集まるところあたり、アメリカのプロムみたい。
これで男子が花を持って女子を迎えにきてくれるとかあると、もっと楽しい・・・

娘: 「そんなの、ありませんから

あら残念。

ですが夜通し友達と語り、遊びまくった娘。
卒業パーティを満喫したようです。
あの格好のまま、ボーリングに行ったらしいです。やるな。

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

卒業式 [ぽんちゃんと私]

日頃の行いが悪いせいか、久しぶりの雨の中、娘の通った高校で卒業式が行われました。
在校中は部活ばっかりして、テストでは赤点ばかり取っていた娘。
本当に卒業できるのか、最後まで疑っていましたが
卒業生として名前を呼ばれ、卒業証書を渡される娘を見て
ようやく、本当に卒業できたのだと、胸をなでおろしました。

Image_b65c824.jpg

卒業式に同席した人に、卒業証書をもらう子の顔が見えるように、
大きなスクリーンが用意されていました。これは嬉しかったです。
このスクリーンには、校歌の歌詞も表示されました。
学校もデジタル化が進んで、便利になりましたね。

卒業式の式次第を見ると、来賓のお祝いメッセージや、送辞、答辞など
昔から変わらないものがもちろん多いのですが
この学校は、式を 2 部構成にしていて
1 部は普通の学校主催の卒業式、2 部は生徒会が主導で行われていたようでした。
2 部では在校生が編集した思い出のビデオが流れたリ、
卒業生が自分たちで作った歌を歌ったりしていて
高校生ともなると、自分で色々とできるようになり、
大人にだいぶ近づいたというのがよく分かりました。

uniform_throw.png

そして最後には、卒業を祝って制服を投げていました。
女子はセーラー服なので、投げたのは制服ではなくネクタイでしたが。
アメリカみたい。

KIMG0330.JPG

そして、もっと「アメリカみたい」と思ったのが、
卒業を祝いたい人たちが花道を作り、
そこを通る卒業生に花束やキャンディレイ、風船などを送っていたことです。
親が自分の子どもやその友達に花束を贈ったり、先輩や後輩がキャンディレイをかけたり。
こんなの内地で見たことありません。
たぶん内地だと
「もらえる子ともらえない子の格差が激しいから自粛しましょう」とかいうことになるんでしょうね。
沖縄はそのあたり、大らかなのか配慮が足りないのか。。
考えすぎると、楽しい行事も楽しくなくなってしまうので、やめましょう。

Image_3cd7374.jpg

部活の先輩や後輩が大勢駆けつけてくださり、娘もたくさんの贈り物を受け取っていました。
娘よ、無事に卒業できて本当によかったね。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

“一週間サイフ"で楽々お金が貯まる [活字中毒のトモ]


“一週間サイフ

“一週間サイフ"で楽々お金が貯まる



どうも Amazon は、横山さんの本を定期的に私に薦める傾向があるようです。
銀色 夏生さんのエッセイは、めったに薦めないのに。
Amazon がどういう思考回路でで、お薦めを選んでいるのか、興味があります。

結論から言うと、お金の本はもういいかな・・・と思いました。
私の中で、お金の使い方はすっかり固定していて、
この先給料が増える予定もない(失業の可能性はあるかもですが)ですし
食費も今以上切り詰めることはできないからです。
ただ、子供独立したり、もしかしたら親と同居したりすると、
家族構成は変わるので、その都度考えればいいかなという感じです。

こんな現状の私がピンとこなかったこの本は
「とりあえず、1 週間分の食費を財布に入れて、それを使い切るという生活をしてみる」
ことを勧めています。
クレジットカードや電子マネーを使わないことで、食費を見える化し
家計簿をつけなくても楽に食費を減らすことができると書いてあります。
楽にと書きましたが、要は思い込みを捨てて「なくてもなんとかなる」と
いくつかのことをあきらめれば、散在することがなくなる、と書いてあります。
確かにそのあたりの考え方は理解できますし、その通りだと思いました。
食べものだけじゃなくて、洋服も「今持っているもので、何とかなる」と思わないと
永遠に買い続けてしまいます。どこかで妥協が必要なのは、何でも同じだと思いました。

ひとつ面白かったのは、黒字家計の黄金比率のお話で
固定費 45%、流動費 35%、貯蓄 20%
が理想的な家計なのだそうです。
分かりやすい数字が出てきたので、目安にしやすいと思いました。



“一週間サイフ

“一週間サイフ"で楽々お金が貯まる

  • 作者: 横山 光昭
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 単行本



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: