So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?! [活字中毒のトモ]


24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

  • 作者: デビッド・リット
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/05/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


おそらくは新聞で書評を読んで、購入したのだと思います。
480 ページもあって、話が所々飛んでいるような感じで、
読みにくい本でした。日本語訳がまずいのか?と思って
原書の方をちょっとだけ見てみたところ、どうもそうではなく
原書そのものがあまり良書ではないようです。

著者はデビッド・リット氏。
2011 年から 2015 年まで、ホワイト・ハウスでスピーチライターを務めていた方です。
ホワイト・ハウスには、彼のようなスピーチライターが複数いるとのことです。
オバマ大統領はスピーチ上手な人として有名ですが
スピーチを書く手助けをしてくれる人が、ちゃんといたのですね。
確かに、大統領は忙しいですから、多くのスピーチを自分で一から考えて
それを面白くするのは大変ですよね。
ですがスピーチライターが良い仕事をしても、スピーチの読み手が常に
「スピーチの名手」と言われないところを見ると、
スピーチライターは原稿を書いてはくれるけれど、それを面白く見せるかどうかは
やはり個人の力量が大事ってことでしょうかね。

そしてこの本は、そんなホワイトハウスの裏方がどのように大統領を支えているかが
分かりやすく書かれたもの・・・では決してなく
若いお兄さんが「俺こんなすごいことしたんだぜ」と
自分の業績(多くは失敗談)を本にまでして
得意気にひけらかしている印象が強いです。
話が章ごとにポンポン飛んでいて、オチが分かりにくいので、非常に読みづらい。
スピーチライターが書いた本が読みにくいって、どういうことなのでしょうか。
この本、もしかして仕事で人に会う時に、自己紹介のつもりであげたりする類のものかも。

また私はアメリカン・ジョークが好きではないので
どうも彼のスピーチのどのあたりが面白いのか、イマイチ分かりませんでした。
大統領、こんな変な若造を大統領特別補佐官(SAP)になんか任命して
本当に大丈夫だったの?ホワイトハウスで働く人はたくさんいるのですから、
他にもっといい人いたんじゃないでしょうか。



24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/05/30
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

ムーヴがオーバーヒート! [車あれこれ]

夫がムーヴを運転中、突然エアコンが効かなくなったと言いました。
一緒に乗ってみると、確かに風が生ぬるい・・・なんでかね?
ガスが少なくなったのか?修理工場へ持って行かないとね
・・・と話していた時に、いきなり赤い警告灯がつきました。
ついたのは水温警告灯なので、水温が上昇しているようです。
カクカクシカジカの分かりやすい解説

ヤバい。このままだとエンジンが壊れてしまう!!

ちょうど近くにモノレールのロータリーがあったので
そこにムーヴを停めて、JAF を呼びました。
こういうときに、すぐに助けに来てくれる JAF さん。
ありがたいことです。
電話をすると、すぐに状況を察してくれて、
「レッカーになります。どこの工場まで運べばよいですか?」
と聞いてくださいました。私のビミョーな説明だけで、
何が起こっているかを完璧に把握してくださったようです。
プロってすごいですね。

そして待つこと数十分。無事に JAF が到着して

Image_8fef509.jpg

Image_f011702.jpg

ムーヴは「牽引中」の貼り紙をされて、ダイハツの工場へ担ぎ込まれました。

オーバーヒートの原因は、ラジエーターの破損でした。
2007 年 1 月に購入 してから 1 度も交換していませんでした。
寿命だそうです。ちーん。
ラジエーターとサーモスタットを交換、
ついでにエンジンオイルも交換してもらって
修理費しめて 74,455 円也。ああああああああ!

ムーヴももう 11 歳ですから・・・トシなんですね。
普段とても調子よく走ってくれているので、あまり気づきませんでした。
ムーヴの前にはワゴン R に乗っていたのですが
その当時のワゴン R はとても故障が多くて
走行距離が大したことないうちから
ファンベルトが落ちたり、エアコンのガスが漏れたり、
オイルが漏れたりしていました。
それに比べるとムーヴは非常に優等生で、
走行中に急に何かが壊れて JAF に出動いただいたことなど
今までなかったのです。
でも寄る年波には勝てない・・・運転手と一緒ですね。
そろそろ新車の購入を考え始めたほうがいいかも。



コメント(0) 
共通テーマ:自動車

別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや [活字中毒のトモ]


別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや

別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや

  • 作者: 黒瀬 陽
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/06/19
  • メディア: 単行本


娘に会いに東京へ行ったとき、飛行機の中で読みました。
やっぱり旅の友は小説がお薦めです。

1996 年、広島県内の某中学校が舞台。主人公の小林は、中学 2 年生。
新しいクラスで「イケてる」メンバーとつるもうとしますが、失敗します。
仕方なく、地味すぎる “THE 優等生”の祐介、豚骨ラーメンに目がない肥満体の TK、
天然ボケで神社の息子ジョー、そして “エヴァ” で日本語を学んだタイ人・クルン
がいるグループに入れてもらいました。
ですがこのままではこのグループの序列はクラスで底辺です。
そこで彼らはそれぞれが「イケとる」ことをすると誓い合い、
24 時間テレビに募金したり、15 キロのダイエットに挑戦したりしますが・・・。

読み終わった印象はあまりよくありませんでした。
これは実話?違いますよね。あとがきでフィクションだと書いてありましたし。
どうも、やりすぎ感が抜けなかったです。
特に、外国人であるクルン一家を追い出すために
学校でビラがまかれ、デモが行われるあたり。
あんなの学校でやらんでしょ?私が中学生だった時代ですら
学校で行われていたのはヤンキーの校内徘徊程度でしたよ。
作者のバックグラウンドが分からないので、何とも言えませんが
日本人の外国人労働者やその家族に対する今の感情って、
本当はどんなものなんでしょうね?
クルンは姿かたち、生活習慣が違うから、グループの他のメンバーと
何となく距離が開いてしまうものなんでしょうか。
確かに見た目や生活習慣は違いますけど、人間って根本的に同じだと思いますけどね。
でも価値観は、今まで自分が培ってきたものの積み重ねでしかないので
外国人労働者とその家族と、どういうふうに接したらいいのか
本当のところは分からない人が大半かもしれませんね。
私はというと、会社のビルの 1 階にあるコンビニで
外国人のスタッフとお釣りの額についてよくもめている程度です。
彼らは本当に、お釣りを良く間違います。
慣れない通貨だし、レジも難しいし、まあ間違うことはあるんでしょうけれど
お釣りは多すぎるのも少なすぎるのも嫌なので、
毎日自分でも計算して、合わなければ「お釣り多くないですか?」
「私は 550 円渡したので、お釣りは 100 円じゃないですか?」とか
その都度確認しています。
商売なんだから、お金を渡したら正しい額のお釣りが返ってくるべきなんじゃないのか?
こういうのは本当に疲れます・・・って、話がものすごく逸れましたね。
ファ〇マのレジのお釣り、自動で出てくるようにならないかな。

Amazon の「内容紹介」には本書は「広島版スタンドバイミー」であると
書かれていましたが、そんなええもんか?ちょっとお薦めできません。
でもフィクションにいちゃもんつけても仕方ないので
このあたりで書くのをやめておきます。



別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや (早川書房)

別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや (早川書房)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/06/25
  • メディア: Kindle版



コメント(2) 
共通テーマ:

運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器 [活字中毒のトモ]


運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器

運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器

  • 作者: 角田 陽一郎
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


Amazon で薦められて買いました。
何でこの本を Amazon が薦めたのか・・・私には分からないです。
でも買ってしまったということは、Amazon の AI の営業センスは良い、
ということになるかも。

著者は角田 陽一郎さん。
フリーのバラエティプロデューサーで、以前は TBS にお勤めでした。
「さんまのスーパーからくりTV」や「中居正広の金曜日のスマたちへ」など
人気番組を手掛けた名プロデューサーだそうです。

タイトルの「AI 時代を生きる」は、なんとなく
「これタイトルにつけたら売れるかも」みたいな感じでつけられた感があります。
AI はあまり本書には登場しません。
角田さんが多くの有名人と知り合っていくうちに
「この人は売れる」「この人はダメ」という基準がなんとなく分かってきて
売れる人、有名になる人というのはこういうことをして運を引き寄せている
有名人は運を引き寄せるのが上手な人がとても多い
というのが話の主旨です。

運を引き寄せる、とは言っても、すでにたくさん出版されている
宗教本とはちょっと違います。
例えば、開運のために神社に祈願に行く行為も、その事実だけ見れば
「うさんくさい」の一言に尽きますが
「時間や交通費を使ってわざわざ神社に祈願に行くというのは
それだけ願いが強いということの表れ。
神様に願い事をするときだって、どんなふうに頼めば神様が願いをかなえてくださるか
めちゃくちゃ考えて、良いプレゼンができるように頑張っている。
わざわざそういう面倒くさいことをしたという事実が、脳内を活性化させ
結果として目標達成にたどり着くのだ」
と角田さんは言います。開運の仕組みは論理的に証明できるそうです。

あと知識やスキルを求めて仕事を選ぶのは下品なキャリアの重ね方なので
しないほうがいい、それよりも、自分の好きなことを一生懸命やって
自分が渦の中心になる生き方をするのが開運につながる、とも書いてありました。
このあたりは、堀江さんの本 に書いてあったこととよく似ています。
あー・・・堀江さんの本 を買ったから、Amazon はこの本を薦めたんですね。納得です。
最近こういう本が多く出ているということは、
ついにお金がすべてではない世の中に向かって、世界が動き始めたということです。
この動き、何がとんでもないかというと、
お金が基準である限り、お金さえあれば、能力も人脈もなくても生きていけたのですが
そうでなくなってしまうと、お金以外の「自分の持ち物」
例えばスキルだったり人脈だったりを、自分が欲しいものと交換する必要が出てきます。
お金って実は、平凡な人間にとっては、なくてはならない最終兵器なのです。
それが使えなくなるというのはとてつもないことなので
おそらく堀江さんや門田さんが言うほどすぐには、お金は廃れないと思います。
世の中、お金ないと困る人(ようするにお金に換えられるような人脈やスキルがない人)
が大半でしょうから。
ただ、スキルか人脈があれば、年金が支払われなくても
野垂れ死にせずに済みそうです。さて私は何をして残りの人生を過ごすと
一番幸せに暮らせるかしら。
おっと・・・そういう考え方では開運しないんでしたね。いかん、いかん。



運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器

運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器

  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

これからを稼ごう [活字中毒のトモ]


これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話

これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/06/30
  • メディア: 単行本


通勤途中に、少しずつ読みました。
堀江さんの本を読むの、初めてだと思います。

ビットコインの登場によって、これからのお金の概念が大きく変わっていく
と書かれています。
堀江さんはビットコイン大好き、というか、
現在の資本主義や貨幣経済の枠にとらわれずに物事を見ている方です。
お金というのは、経済を回していくための道具に過ぎないので
今後はさらに電子マネー化が進み、どんどん実体のないものになる、
と予測していらっしゃいます。
また堀江さんが実際にビットコインやイーサリアムに触れた経験をもとに
仮想通貨とはどのようなものかが、分かりやすく解説されています。

この本を読んで思ったのは、堀江さんは実はお金にあまり頓着のない方で
「こうだったら面白いな」とか「ああなったらいいのにね」という思い付きを
素直に実行する方であるにすぎないということです。
だから、国という枠組みを抜け出して仮想通貨をつくろうとして
逮捕されちゃうんですね。
色々な枠組みにとらわれないで物事を見ているし、
簡単に試しにやってみようか、と行動する。そういう人だと思いました。
いい歳の大人になって、これができる人はなかなかいないので
私も見習おうと思います。
私が思いつくことは、これほどスケールが大きいことではないと思いますし。

今後はお金の価値は下がっていくし、
これから豊かになれるのは、お金と交換できない独自の価値基準を持っている人だと
堀江さんは言います。
お金で物事を考える人ほどモテない属性に固定されるらしいです。
確かにそれはその通りで、以前お金を使わない生活を考えたときに
大事なのは人脈と自分のスキルであることが分かったので
人脈に乏しい自分にとって、お金ってやっぱり大事だよな、
という結論に達したのでしたっけ。
私のような人間が、これからの社会にフィットして生きていくために
どうすればいいのかは「難しい問題だ」と堀江さんは言います。
動き出しが足りないだけだそうです。
うーん・・・動き出しね・・・。



これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/06/30
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

祝! 20 歳 [ぽんちゃんと私]

先日娘がついに、20 歳の誕生日を迎えました。

この日が来るのを楽しみにしていたのです。
だって、一緒にお酒を飲めるようになるのですから。
「もしかしたら親より、友だちや彼氏(いればな)と誕生日を祝いたいかな?」
とちょっとだけ思いましたが、
一緒に飲みたい気持ちの方が勝って、
久しぶりに会社もお休みをいただいて、会いに行ってしまいました。

そして夕方から、新橋にある「ランド バー アルチザン」で

Image_bf19356.jpg

まずは食前酒。
シェリー酒とソーダで作ったレブヒート。
いくつか飲んでみましたが、これが彼女のお気に入りでした。

そしてその後、第一ホテル東京のレストラン「ラウンジ 21」で
コース料理と一緒にワインを 1 人 3 杯ずつ飲みました。

誕生日_33.jpg

前菜。

この後、オニオンスープが来ましたが、写真を取り損ねました。

誕生日_32.jpg

お魚。ソールのムニエル、ケイパーとレモンのブールノアゼットソース

誕生日_31.jpg

お肉。牛ロース肉のグリル レフォールクリームソース

Image_a05bdb3.jpg

最後はこんなかわいらしいケーキまでついてきました。

夫と私の遺伝はきちんと伝わったようです。娘は酒飲みのサラブレッドでした。
さんざん飲んだのに、娘は顔色一つ変わらず
饒舌になるわけでもなく、寝たり泣いたり怒ったりもなく
たんたんと酒を飲んでいました。

できれば一緒に酒を飲めるようになる前に、
車の免許を取って、酔っ払いを送ってくれると良かったのですが
残念、酒を飲めるようになる方が早かったです。
でも一緒に飲めるの嬉しい。楽しかったです。




コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか [活字中毒のトモ]


仕事が速い人はどんなメールを書いているのか

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか

  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: Kindle版


Kindle Unlimited で読みました。
一般社団法人日本ビジネスメール協会 の理事、平野 友朗さんの著書です。
こんな名前の協会が存在したとは・・・知りませんでした。

メールの書き方について、下記の 6 章に分けて説明されています。

1. 仕事が速い人のメール発想
2. 目的を意識しながら書く
3. ビジュアルを工夫して読ませる
4. 確実に返信を受け取る
5. 相手の心に刺さる言葉を使う
6. メールの処理時間を削減する

長年メールを書いている人にとっては、どうってことない話かもしれません。
ですがたまに「メールのテンプレートってないんですか?」と聞かれることがあるので
そういうものを望む人にとっては、良い本かも、と思いました。
テンプレートをほしがる人って、メールを送る目的が分かっていないんですね。
本書を読んで、初めて分かりました。

基本的にメールって
「相手に伝えたいことを、いかに失礼にならない言葉を使って、
的確なタイミングで伝えるか」
がすべてのような気がします。それ以上でも以下でもない。
私が社会人になった頃は、メールなんて全然一般的ではありませんでしたが
今メールを苦だと思わないということは、私はメールに慣れているようです。
そうでない人も、相当数いらっしゃるということですね。
今、新入社員にメールの書き方の研修をしたりするのでしょうか。
昔は電話応対の研修があったみたいですけど。
メールも電話も、ビジネスのツールなので、頑張って数をこなせば
それなりに何とかなるんじゃないかと思うのですが
そういう当たって砕けろ的なことでは、たぶんダメで
ちゃんとノウハウやスキルとして形にできたほうがいいんですよね?
そうであれば、こういう本はとても役に立つと思います。

ここまで分かっていながら「何かテンプレートみたいなものはないんですか?」
って聞かれるたびに、唖然としてしまう自分がいるのも確かです。
同じ内容のメールを書いたときに、CC にアナタを入れたのは、
何のためだと思ってたんですか?
すべてのメールをテンプレートだけ使って送れるわけもありませんよね?
・・・ダメだ。私は人から「メールのテンプレートありませんか」
って聞かれるのがとても嫌いです。
ですがこの本を読んで、このセリフを言う人の気持ちが少しは分かったというか
このセリフが出てきたら、自分が何をすべきであるのか、全然分かっていない
と思わなくてはいけないということが、よく分かりました。



仕事が速い人はどんなメールを書いているのか

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか

  • 作者: 平野 友朗
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 
共通テーマ:

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる [活字中毒のトモ]


MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/10/25
  • メディア: Kindle版


Kindle Unlimited でダウンロードしたのですが、320 ページもあるコンテンツで
読了までにものすごく時間がかかりました。
読み終わったところで著者について詳しく見てみたところ、
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
を書かれたクリス・アンダーソンさんでした。

今までデジタルの世界で起こっていた革命が、
これからはリアルの世界にも浸透するだろう、というお話です。
人間は誰しも、生まれながらのメイカーズ(物を作る人)であるので
「こんなものが欲しい」とか「こういうものを作りたい」という欲求を
必ず持っている。既製品には満足できずに、自分が本当に気に入ったものを
作りたいと思っているはずだ。
その思いをかなえるのは、今までは難しかったけれど、
ロボットを使って作業をオートメーションにしたり
趣味で型紙を作る人が無料でその技術を Web で公開したり
かつては大手の企業でしか使えなかった
複雑な機械を貸してくれる作業場が出てきたし
資金もクラウド・ファンディングで集められるようになったので
これからは、自分で作りたいものを、希望に合わせて作れる時代が来るだろう
というお話です。

オートメーションが進んだからといって、
雇用が失われる心配はあまりしなくても良いそうです。
なぜなら、オートメーションで失われるのは、
本当に単純な作業を安い労働力で請け負っていた、外国の工場だけだから。
国内の作業については今のまま残り、
そのほかにオートメーションのメンテナンス等が増えるので、
雇用は減らない、とのことです。
今まで海外に部品の製作を頼んで、
納期や輸送の心配をしなくてはならなかったものが
これからは同じコストで国内生産が可能になると。
夢のようですね。

本書が単行本として日本でリリースされたのが 2012 年 10 月ですから
約 6 年が経過しましたが、
さて、欲しいと思ったものを自分で作れるようになったかな・・・?
今欲しいと思っているのは、スマホのアプリを簡単に作れるツールなのですが
こういうの、どうやって作るんでしょうね?
これを書いて思いましたが、道具や材料を提供されて物を作れる人は
それなりの技術のある人ですね。
ジーンズをリメイクして鞄やブックカバーを作るのは、大好きでたまにやりますが
スマホのアプリは作ってみたいと思っても、作り方が分からない・・・。
ただ「作ろう」と思ったら、それをかなえる技術やノウハウが
昔より簡単に手に入る(無料で公開しているところがたくさんある)
というのは分かりました。探してみるか。。



MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

  • 作者: クリス・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/10/23
  • メディア: 単行本



コメント(2) 
共通テーマ:

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! [活字中毒のトモ]


「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

  • 出版社/メーカー: コグニティブリサーチラボ株式会社
  • 発売日: 2014/04/14
  • メディア: Kindle版


Kindle Unlimited でダウンロードしました。
苫米地さんの本を読みたくなるなんて、きっと疲れているんだと思います。

人間が幸せに生きていくためには
次の 8 個の「ゴミ」を捨てることが大事だと書かれています。
1. 感情
2. 他人のモノサシ
3. これまでの自分
4. マイナスの自己イメージ
5. 我慢
6. 自分中心
7. 恐怖
8. 論理へのとらわれ

特に「働かないと食っていけない」という恐怖は捨ててしまえ
という意見は興味深かったです。
今まで私の中で「食いっぱぐれない」というのは、
生きていくうえで充分重要な目標でしたから。

そして、幸せになるためには自分中心の考え方を捨てて、
他人を幸せにすることを考えよう、という意見も心に残りましたが
はて、私は他人を幸せになんてできるのかしら?
そういえば、「スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック」で
脳外科医のジム・ドゥティ教授も似たようなことを言っていました。
他人を幸せに・・・私が他人に関わらないほうが他人は幸せになれる気がします。
というか私、今まで他人を幸せにできたこと、あったかしら。

なにしろ私の現状のゴールは
「居心地の良い家に引きこもること」なのです。
そこには他人の入る余地は全くありません。
こういうゴールの設定自体が、間違いってことですかね?
でも現状、一番の夢がこれなんですよね・・・。



「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

  • 作者: 苫米地 英人
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2012/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 
共通テーマ:

空へブーンと。 [活字中毒のトモ]


空へブーンと。 つれづれノート33 (角川文庫)

空へブーンと。 つれづれノート33 (角川文庫)

  • 作者: 銀色 夏生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: 文庫


詩人の銀色 夏生さんが綴る日記。
今回は 2017 年 7 月 1 日から 2018 年 1 月 31 日までのものとなっています。

夏生さんは相変わらず、
スポーツクラブに通いながら自由な暮らしを送っていらっしゃいます。
でも少しずつ、宮崎に帰ろうかと思い始めている様子。
息子さん(サクくん)が大学を卒業したら、宮崎に帰ろうかしらと
今からいろいろ想像して楽しんでいらっしゃるようです。
まだ先の話なので、どうなるか分かりませんが。
そして、LINE スタンプ作りに熱中していらっしゃいます。
LINE STORE で「銀色夏生」で検索すると、
こぶたやプリンのスタンプが出てきます。

娘さん(カーカ)は 20 代も後半に入り、
ついに酔いつぶれて同僚に送ってもらったと書かれていました。
親子でお酒の飲み方が似ているのだそうです。
ですが夏生さんはこの本の最後のほうでついに断酒に成功(?)したようで
「まったく飲みたいと思わない」と書いていらっしゃいました。
今度こそ本当?いや、どうかな。
同じ酒飲みとしては、次のつれづれノートでワインを開けている夏生さんを
想像してしまいます。



空へブーンと。 つれづれノート33 (角川文庫)

空へブーンと。 つれづれノート33 (角川文庫)

  • 作者: 銀色 夏生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: 文庫



コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -