So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! [ヘタレの健康]


月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!

  • 作者: 関口 賢
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/01/26
  • メディア: 単行本


この年になると、本当に痩せるのが難しくなっていて
もう理想体重からオーバーのままでいいんじゃねえの?と思いかけた頃
Amazon でこの本に出会いました。
鍼灸師の関口 賢先生の著書です。
関口先生は、銀座で「関口鍼灸治療院」を経営されていらっしゃいましたが
今年の 6 月に「Harriet Ginza」に改名されたようです。
ハリエット・・・誰やねん。

それはともかく、毎週月曜に断食を行い
火曜から金曜は体が喜ぶ良食を採り、週末に好きなものを食べる生活を送れば、
ただ痩せるだけではなく、体質を根本から改善して
太りにくい体になるそうで。
それができれば素晴らしいですし、このダイエット法はいたってシンプルで
色々なものを制限しなくても良いらしく、なんと酒も飲んで OK だそうです。
それなら私にもできるかもしれないと思い、ちょっと試してみることにしました。

ただし、月曜ではなく土曜に断食をしてみました。
そうすると、ご飯を食べない分時間に余裕ができて、
その分の時間にしたかったことをできたので、時間の有効活用になりました。
なので、お昼ご飯を抜くところまでは余裕でした。
ですが夕方になり、空腹度が増すと、頭が痛くなってきました。
さらにしばらくたつと、喉も痛くなってきました。
これは何だ?
夜になると、なんだか物悲しくなってきました。
私・・・なんでこんなことやってるんだろう?

美味しいご飯を食べるということは、私の人生にとってかなり重要なことみたいです。
最終的に、ご飯を食べられないのが泣けるほど悲しくなったので
美味しいアテをいくつか作って、酒を飲むことにしました。ちーん。
そうです、初日から完全に失敗しました。

その後、ポストセブンの こちらの記事 を読んだところ
「完璧にこなしている人はいない。がまんし過ぎない程度の断食をして、
慣れてきたら正しい方法を確認して、その都度、ブラッシュアップしたらいい。
いずれにしても大事なのは続けることです」
と書いてありました。あー・・・完璧じゃなくていいんですね。
だからといって、1 日目から挫折していいことにはならないと思いますが。


月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! (文春e-book)

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/01/26
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:健康

習慣が10割 [活字中毒のトモ]


習慣が10割

習慣が10割

  • 作者: 吉井 雅之
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: 単行本


習慣形成コンサルタント(こんな肩書あるんですね)の吉井 雅之さんの著書です。
しばらく前に単行本を購入したのですが、今 Amazon を見ると
Kindle Unlimited に含まれていました。ああ!残念!!

私は決して意志が強い方ではなく、たてた予定があっさり覆る
もしくは自分で覆すことがとても多いです。
その最たるものが「平日はお酒を飲まない」というマイルールなのですが
自分でルールにしたのに、守れたためしがありません。
月曜は飲まずにいられても、火曜日に残業があろうものなら
疲れてあっという間に飲みたくなります。
また晩御飯が美味しくできたり、夫から飲みに誘われたりすると
「平日禁酒」の誓いはあっさり破られます。
美味しいご飯をたくさん食べるには、お酒は大事です。
もう子育ても終わったしさ、年金もほとんどもらえないから
長生きしてもちゃんと生活できるかどうか分からないし、いいじゃないですか
酒くらい飲んでも、ねえ?

こういうダメ人間にぴったりなのが本書です。

吉井さんいわく「習慣とは、自分との約束を守ること」なのだそうです。
そのくだりを読んで、ドキッとしました。
仕事も含めて、他人との約束は厳守しているのですが
そうか・・・自分との約束は破りまくりです。
習慣を続けることイコール自分を大切にすることかもしれません。
実はこの後に、習慣を守るためのあの手この手が紹介されているのですが
もう頭にほとんど残らないほど、この一言が心に残りました。
他人との約束は守れるんだから、自分との約束も守れるはずです。
というか、まず自分との約束を守らなければ、
他人との約束も守れるとは言えないかも。
お酒を飲んだときに「まずい!」と声に出すのは難しいですが
「自分と約束した」と思えば、平日は禁酒、できそうな気がしてきました。

平日にお酒を飲まなければ、他にたくさん有意義なことができます。
それらがお酒に勝つように、上手く動機づけできれば
平日は禁酒、できるはずよ・・・たぶんで。



習慣が10割

習慣が10割

  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法 [活字中毒のトモ]


最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

  • 作者: メンタリストDaiGo
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2019/03/05
  • メディア: 単行本


今年も宅建試験に申し込んでしまいました。
平日の早朝に少しずつ勉強しているのですが、なかなか成果が上がりません。
もうかなり長いこと勉強しているのに、なんでだろう。
悩んでいると、本書が目に留まりました。
思わず Kindle 版を購入して、すぐに読み始めました。

メンタリストDaiGoさんによると、
テキストを要約したり、語呂合わせで暗記しようという旧来の学習法は
「科学的に効率が悪い」そうです。
そのような勉強法ではなくて、学習者が積極的に進んで頭を使いながら学ぶ
アクティブラーニングの要素を含む勉強法がお勧めだそうです。
ま・・・そりゃそうですよね。

そしてアクティブラーニングを「想起」と「再言語化」の 2 つに分けて
どのように学習を進めたらいいのかが書かれています。
想起テクの「クイズ化」や「チャンク化」は、受験勉強でもおなじみだと思います。
再言語化テクの「自己解説」や「ティーチング・テクニック」も
昔からやっている人は多いですね。

テクニックとして書かれているのは、オーソドックスなことが多いです。
目新しいことはあまりないかもです。
ただ本書を読んで気づきました。私は今まで学習してきた宅建試験の内容を
正確に人に教えることはほぼ不可能だと。
そして、自分がいま理解している内容を、紙に起こそうとしても
ほとんど何も書けないということを。
つまり、学習している内容を根本的には理解できていないということです。
ダメじゃん。

そもそも興味のないことを勉強しているから、効率が悪いのは百も承知です。
なので、なんとか試験の内容に興味を持つようにして
己の好奇心を刺激しなくてはなりません。できるのか?
確かに、無理やり頭に入れるようにしてなんとか少し覚えた法律用語などは
仕事にちょっとは役に立っているので、
そのあたりから動機づけしていこうかと思います。

ワーキングメモリをアップするのに、適度な運動が必要というのも
昔受験生だったころに体育の授業に好んで出ていたことを思えば
当たり前の話なのですが、今運動したいかと言われると
全然したくない・・・そういうはダメなんでしょうね。
確かに筋力保持は重要なので、ちょっと運動も取り入れながら
勉強しますかね・・・。
基本的に、運動も勉強も、それほど嫌いではないはずなのです。
それでも、同じように時間を使って、自分の頭で十分考えて勉強していても
身につきやすいものとそうでないものがあるようで。
まずは事実を肯定的に受け止めて、設定しやすいゴールを設けてみます。



最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2019/03/05
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

美容は自尊心の筋トレ [活字中毒のトモ]


美容は自尊心の筋トレ (ele-king books)

美容は自尊心の筋トレ (ele-king books)

  • 作者: 長田 杏奈
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン
  • 発売日: 2019/06/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


沖縄タイムスの書評を読んで、面白そうだと思って購入しました。
だけど読んでみて・・・なんだか良く分かりませんでした。
これ本にする必要ありますかね?
首をかしげながら読んだので、薄い本なのに読了にずいぶん時間がかかりました。
買う前に立ち読みすれば良かった。

著者は美容ライターの長田 杏奈さん。
「美容」は「絶対的な美」を渇望して追い求めるものではなく
自分を大切にすることを習慣化し、凝り固まって狭くなった美意識を
ストレッチングする「セルフケア」を重視すべき
というのが本書の趣旨だと思います。
上記をコンセプトに「クラス一の美女とも顔を交換したいと思わない」とか
「ママの化粧は時短が命って誰が決めつけたの?」とか
いろいろ書かれていますけど、イマイチ何が言いたいのか良く分からないというか
美容は自分を大切にするための習慣というのが本当であるならば
言わなくてもいいじゃないかと思えるようなことばかりでした。

結局「絶対的に美しい」ということに一番こだわり続けているのは、
他でもない長田さんだと思います。

人間、誰でも死に向かって突き進んでいるので
そりゃ老いもするし、衰えもしますよ。それを「劣化」と言ってはダメなの?
実際衰えてるんだから「劣化」してるんじゃないでしょうか。
まあ衰えたからといって、自分のことが嫌いになるわけではないというか
折り合いつけて何とか生きていかないとね・・・とは思いますが。

ママの化粧、時短でいいと思います・・・というか
ママでなくても化粧する時間は短いに越したことはないかも。
あ、でも娘が小さい頃も、
夜にゆっくりセルフでペディキュアを楽しんだりしていました。
小さいからといって、特にペディキュアの邪魔をされることもなく
彼女は興味津々でじっと見てましたね。
化粧を時短にする必要があるほど、邪魔されていなかった気がします。
私がラッキーなだけでしょうか。

こんな個人的な意見、本にしてどうするんだろう
ブログにでも書いておけばいいのにと思いながら読んだのですが
本書の「おわりに」を読んで納得。
これは PHPスペシャルでの連載をまとめたもののようです。
もともとコラムだったのですね。だったら分かります。
このまとまりない感。

1 点だけ、こういうときにはこの化粧品、と
銘柄をはっきり指定して書かれているのは、さすが美容ライターだと思いました。
洗顔やクレンジング、メイクアップの方法が事細かに書かれていて
そのすべてにお奨めの化粧品の銘柄が書かれています。
「できる限り手間を省いたお手入れをしたい」とか
「メイク落としをもっときれいにやりたい」とか
具体的な悩みがある人は、読むといいかもしれません。



美容は自尊心の筋トレ (ele-king books)

美容は自尊心の筋トレ (ele-king books)

  • 作者: 長田 杏奈
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン
  • 発売日: 2019/06/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 
共通テーマ:

大家さんと僕 これから [活字中毒のトモ]


大家さんと僕 これから

大家さんと僕 これから

  • 作者: 矢部 太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


大家さんと僕」の続編です。
続編というか、完結編ですかね。

大家さんと僕」が出版されたころ、大家さんは右足を骨折して入院してしまいます。
それからは入院→リハビリ→退院→骨折→再入院のサイクルに入り
だんだんと弱り、2018 年 8 月に亡くなられたそうです。
かわいい絵の漫画なのに、大家さんが弱っていく様子がリアルで
老いるってこういうことなのだと思いながら読みました。
戦中からずっと堅実に生きて、最後までしっかりしてお亡くなりになられた。
大家さんのご冥福を心からお祈りいたします。

なんというか、楽しげなエピソードがたくさん書かれているのですが
それ以上に、大家さんが弱っていく様子がリアルで
しんみりとします。
どんな感想も、意味がないくらい。
歳を取るにつれ、体力がなくなっていくと
髪を洗うのも美容院に頼まなくてはならなくなるし、
書き物をするのだって筆圧が弱くなって薄い字しか書けなくなる。
それでも大家さんは凛として、深窓の令嬢のようでした。
最近は人生 100 年時代とか言ってますけど、私こんな歳まで無理だわ。

そういえば、本中に出てきて、草むしりを手伝ってくれる
チャラい後輩芸人は ちゃらてり・まじっく の、のちゃーんさんだそうです。
YouTube で下記の動画を見つけましたが、本当・・・漫画そっくり!
(いや、漫画の方ががイメージ出して書かれているのだ)
大家さんが「きっと、のちゃんさんは良い家のお育ちよ」と言ってらっしゃいましたが
本当か・・・?実際に会ってみないと分からない何かがあるのかも。
90 歳近いおばあさんに、進撃の巨人を薦めるセンスはさすがですね。




私の感想なんて、本当にどうでもいいので
一読をお勧めします。


大家さんと僕 これから

大家さんと僕 これから

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/07/25
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

財布は今すぐ捨てなさい [活字中毒のトモ]


財布はいますぐ捨てなさい

財布はいますぐ捨てなさい

  • 作者: 金川顕教
  • 出版社/メーカー: サンライズパブリッシング
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


企業コンサルタント・実業家の金川 顕教さんの著書。
タイトルがキャッチーですよね。
Kindle Unlimited でダウンロードして読みました。

金川さんは、偏差値 35 から大学進学を志し、2 浪の末立命館大学に入学
その後公認会計士になり、監査法人トーマツに入社したものの
自分自身の時間が削られていく不自由さに耐えきれず、起業・独立されたそうです。
そんな金川さんいわく「なにをやるかよりも、なにをやらないかが人生を変える」と。
そしてマインドや環境、人間関係など、7 つの章に分けて
捨ててしまえるものを羅列しているのが本書です。
挙げられている内容を見ると、タイトルの「財布は捨てなさい」はもちろんですが
合コン行かないとか、彼女いらない、青春いらないなど
とにかくストイックな内容となっています。
目標を達成するために邪魔なものはとことん排除して
目標を達成してから、無駄なことを楽しめばいいそうです。
ですが目標を達成してしまうとすぐに、次の目標に向かって突き進む毎日のようなので
本書に書いていることが正しければ、金川さんが無駄なことを楽しむ日は、
一生来ないかもしれません。

アプリやテレビはいらない、SNS も見ているだけなら無駄
というのは分かります。確かにその通りです。
しかしあまりにもストイックすぎるので、普通の人は同じことを実行できないでしょうね。
でも情報にはお金を惜しまない、ダサい服を着ないなどの方法も書かれているので
捨てるばかりでもなさそうです。必要最低限のもの、重要なものは
ちゃんと残しておかないといけないです。
節約もしないし、欲しいものを我慢することもないので
断捨離とはちょっと違いますね。
あとは勉強するのにベローチェと TAC と大丸とマクドを巡るなんていうのは
私からすれば無駄だなと思いました。
家にいると勉強できないって、私の娘も言っていましたけど
本当に意味が分からないです。勉強に場所ってそんなに大事ですかね?
家からベローチェに移動する労力がもったいなくないですか?
こういうのも個人差だと思いました。
世の中には家で勉強できない人も一定数いるのだということです。

ぎりぎりまであらゆるものを切り捨てて、努力して現在の地位を築かれたというのは
よく分かりました。私の生活も、頑張ればまだいろいろと無駄を省ける余地が
ありそうなので、捨てられるものから捨ててみることにします
(だから、断捨離とは違うんだってば)



財布はいますぐ捨てなさい

財布はいますぐ捨てなさい

  • 出版社/メーカー: サンライズパブリッシング
  • 発売日: 2018/04/09
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則 [活字中毒のトモ]


人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

  • 作者: メンタリストDaiGo
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2017/11/22
  • メディア: 単行本


メンタリストDaiGoさんの YouTube チャンネルが面白かったので
本も購入してみました。
DaiGoさんはたくさんの本を出していらっしゃいますが
私が一番気になったタイトルがこちらでした。
掃除・・・昔から苦手なんですよ。
ものを片付けるのも苦手です。
毎日、クローゼットに入りきらなくなった洋服の山から
仕事に来ていく服を探したり、机の上に山積みになった本や書類の山から
探し物をしています。この時間、本当に無駄です。
分かっているんですけれど、部屋は一向に片付きません。
山が大きくなっていく一方です。
なんとかしなくちゃとは思っているので、本を読んでみました。
このアプローチ、間違ってるかも?とっとと物を捨てればいいだけ?
でも「そのうち役に立つかも」と思うと、捨てられません。
実際後に役に立ったものもあるので、ついつい取っておいてしまいます。

DaiGoさんによると、片付けの原則は次の 3 つ。
原則 1. 三択
原則 2. 初速最大化
原則 3.ローコスト管理

この原則に従って、8 週間かけて片づけを進めていきます。

第 1 & 2 週: 自分を見つめる
第 3 & 4 週: モノを絞って生活してみる
第 5 & 6 週: いらないモノを捨てる
第 7 & 8 週: 新しい人生を味わい、挑戦する

本書には、上記のスケジュールで片づけを進めるために役立つ
モノを迷わず捨てるための質問や、
2 度と片付けなくていい部屋を作るためのルールも分かりやすく書かれています。

現在第 1 週をスタートしたばかりなので、
このスケジュールの通り片づけられるのかどうか、まったく予想がつきません。
自分が何をしている時が一番楽しいのかなんて、簡単なことすら
私の頭には何も浮かんでこないのです。
いかに義務感からやっていることが多いかってことですね。
義務でやっていることをしなくてよくなったら、どうするかな・・・。
仕事をしなくてよかったら、見てみたいものや食べてみたいものが
いくつかありますが、そういう話じゃないんですよね。。
理想の 1 日ってなんだろう。。昼飲みして酔いつぶれるの好きですが
非生産的すぎますね。こういうのでもいいのかしら。

モノが勝手に減っていく「1 イン 2 アウト」の習慣というのは
本当にその通りだなと思ったので、本書を読みながらさっそく取り入れることにしました。
1 つ買ったら 1 つ捨てる、というのは、今までも良く聞きましたけれど
2 つ捨てるというのは、なかなか斬新です。1 つ買うごとに 2 つ捨てれば
さすがにいつかはモノが少なくなりますよね。

第 8 週まで終わって、部屋がすっきりしたら、結果報告の記事を書くかもしれません。
書かなかったら、片付けに失敗したということで。



人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2017/11/22
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

ブスのマーケティング戦略 [活字中毒のトモ]


ブスのマーケティング戦略

ブスのマーケティング戦略

  • 作者: 田村麻美
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


自称「足立区の気さくな女性税理士」田村 麻美先生の著書。
面白かったです。あっという間に読んでしまいました。

田村さんは小学校に入学した頃に「自分はブスだ」と気づいたそうです。
そこからの人生は、どうすればブスでも幸せに生きていけるかを
考え続けて、使える武器を身に着けながら
自分の市場価値を高めることに全力をかけたそうです。

願いをかなえるためには、自分自身の本質を見極め(プロダクト解析)
自分のいまいる場所(市場)とライバルの特性(競合)を
精査しなくてはならない。
田村さんは上記を基本コンセプトに、人生を歩んでいきます。
私も今事件に巻き込まれて死んだら「美人 OL」とは絶対に書かれない自信がある上
加齢で劣化も進んでいますので、色々と共感しながら読んでいきました。

本当に小学生がこんなこと考えていたら恐ろしいですけど
ブスが優秀な男子と出会うためには、勉強していい高校、大学に行くことだ
と言い切って勉強に励み、最終的に見事税理士となって
優しい旦那様とも結婚した田村さんの戦略は正しいと思いました。
ブスだからイケメンとは付き合えないだろう、という推測もお見事。
だから「イケメン」じゃなくて「優秀な男子」を探して
偏差値の高い大学へ行く。非常にわかりやすいです。
そして、優秀な男子に出会えるのと並行して、学歴や資格も手に入れて
独りでも食べていける土台を築くという。パーフェクトです。素晴らしいです。
計画を立てて実行するのって大事なんですね(当たり前か)
行き当たりばったりでは良くないということが、よく分かりました。
ぱっと思い付きで「資格を取ろう」と思うのはダメなんですね。
今後生きていくために、一つの武器だけで勝負するのはリスクが高いから
それを避けることを考えて、ちゃんと計画を立てないと。

肩書のない自分を愛せないのなら、努力して肩書を手に入れよう
という発想も好きですね。とにかく腐って何もしていないことがない方です。
そしてとても努力家です。ものすごく努力して頑張ったから今の地位があるのに
「優秀な男子と出会うために、勉強を頑張る」と笑いの要素に変えて
文書を書く田村さん。そしてこの本を書くことを応援してくれたという
ご主人も素晴らしい方だと思いました。良い方と出会えてよかった
・・・と感動するシーンですら、映りの悪い結婚式の写真を載せて
笑いに変えるという徹底ぶり。頑張ってるよなあ。

しかし「ブス」って言葉がこんなにたくさん出てくる本も珍しいですよ。


ブスのマーケティング戦略

ブスのマーケティング戦略

  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/12/07
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

新・失敗の本質――「失われた30年」の教訓 [活字中毒のトモ]


新・失敗の本質――「失われた30年」の教訓

新・失敗の本質――「失われた30年」の教訓

  • 作者: 山岡 鉄秀
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/06/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」で紹介されていた本です。
山岡 鉄秀さんの著書を読むのは、これが初めてです。
山岡さんは、
シドニー大学大学院とニューサウスウェールズ大学大学院修士課程を修了され
オーストラリアに 20 年間住んでいらっしゃいましたが
親御さんの介護のため、最近日本に戻っていらしたようです。
そんな背景を持つ山岡さんが、1 歩離れた場所から日本を見て
日本人が属する文化コードが現代のグローバル・スタンダードに合わないことから
平成 30 年の間の日本が犯し続けた失敗を嘆き
もっと頑張れ!と日本を鼓舞している本です。

山岡さんは、日本に戻られたとき、日本があまりに暗く内向きになったことに
愕然とされます。冷静に数字を見たところ、1 人あたりの GDP は約 39,000 ドルで
オーストラリアの約 56,000 ドルと比べると 20,000 ドル近く低い。
30 年前は日本の企業がベスト 10 を占めていた企業の世界時価総額ランキングを見ても
今となっては日本企業は上位 100 社からすらほとんど消えている。
どうしてこうなってしまったんでしょうか。
何を失敗したから、今日本はこんなに苦しんでいるのか。
その原因を、山岡さんは「日本がグローバル化についてこれなかったから」
と分析しています。
そしてグローバル化はまだまだ進むので、これ以上日本が失敗を続けために
思考を変えるべき、というのが山本さんのご意見で
そのために役に立つ思考ツールもいくつか紹介されています。

この 30 年で、海外に慣れた日本人も多くなったし
国内だけでなく海外のお客様との取引も増えたと思っていたので
日本がグローバル化についていけていないというのは意外でした。
ですが外から見ると、そのように見えるのですね。
日本はゴハンが美味しいし、お風呂とウォシュレットが素晴らしすぎるので
海外に行く必要性をあまり感じていませんが
行かなくても、向こうの方から来てしまうので
それを迎え撃つ準備をしなくてはいけないと。うう。
要望をきちんと丁寧に伝えれば、必ずまともなリターンがある
日本人との仕事が好きですが、それだけではダメ
・・・確かに、今すでに仕事で中国人やらメキシコ人やらインド人やらと
メールやチャットでやり取りをするだけでも、
仕事に対するスタンスが違うのが分かります。
そういう違いを山岡さんは「文化の世界地図」を使って
大きく 3 つに分けて説明していらっしゃいます。それによると
日本人は「モラルコード」に属していて、人間関係を一番重視するのに対し
欧米は「リーガルコード」で、契約や効率、ルールが一番大事
イスラム圏は「レリジャスコード」に属し、宗教自体を法律として重んじると。
さらには「ミックスコード」もあって、それに属する国は上記の 3 つのコードが
混在しているそうです。オーストラリアやインドなんかは
ミックスコードに属するそうです。オーストラリアがミックスというのは意外です。
リーガルではないんですね。インドもミックス。
レリジャスに入ると思っていました。彼らと仕事をするときは要求をストレートに
強く伝えないといけないので、とても難しいです。

あと「政治のことは政治家に任せておけばよい」と平気で言う経営者が多いことを
嘆いていらっしゃるのも印象的でした。
確かにその通り。今でもそんな経営者多いんですか。
経営者とお会いする機会がほとんどないので気づきませんでした。
私のこういうスタンスも良くないんでしょうね。
「夢は引きこもり」とか言ってないで、色々な経営者にお会いする機会を
作ると面白いかもしれません。確かに会社で社長とのラウンドテーブルに参加すると
普通の社員とは目線が違うというのが良く分かります。
もちろんそういう席で、政治の話なんてしないのですが、
トップに立つ人たちの話を聞く機会を増やすのは、いいことかもしれないと思いました。

そういや、この本のタイトルは「新・失敗の本質」ですので
元祖「失敗の本質」も読むべきかもしれません。
さっそく買ってみます。



新・失敗の本質――「失われた30年」の教訓 (扶桑社BOOKS)

新・失敗の本質――「失われた30年」の教訓 (扶桑社BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: Kindle版



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

  • 作者: 戸部 良一
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1991/08/01
  • メディア: 文庫




コメント(0) 
共通テーマ:

節約ハック大百科 [活字中毒のトモ]


この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科

この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科

  • 作者: 松本 博樹
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/11/24
  • メディア: 単行本


Web 上でお金に関する記事を読んでいたら、この本の広告が出てきました。
クリックしたところ、Kindle Unlimited で読めたので、試しに読んでみました。

著者は神戸在住の松本 博樹さん。
節約ブログ「ノマド的節約術」の運営者です。
本書によると松本さんは、お子さんが生まれる 1 カ月前
さらに注文住宅を買うことが決まった後に
会社を辞めて独立されています。
もしかして奥様はめっちゃ稼ぐ人ですかね?
私がこれをやられたら、ショック死しそうです。
あと 1 カ月で子供が生まれるというときに、なんのあてもなく仕事を辞めるとか
それを聞いた瞬間「離婚」の 2 文字しか頭に浮かばないでしょうね。
ところが松本さんは、その後フリーランスで活動を続け
のたれ死ぬどころか、かなり成功されていらっしゃるご様子。
働き方にはいろいろあるのだということを考えさせられました。

そんな松本さんは、独立したときから
収入がないなら、お金が減るペースを減らすことを考えようと
真面目に節約に取り組んだノウハウを「ノマド的節約術」で
公開されていらっしゃるのですが
その中で特に反響の大きかった「生きていく上で知っていると確実に役立つ」
であろうお金の知識を改めて見直し、効率よくお金を貯めるテクニックとして
紹介しているのが本書だそうです。

読んでみると、お金に一生困らない生活サイクルを確立させるような壮大な(?)
テクニックから、青春 18 きっぷの賢い買い方やクリックポストの魅力のような
小ネタまで、84 個も紹介されていました。
個人的になじみの深い技や昔よく使った技もたくさん紹介されており
興味深く読みました。ぷらっとこだまって、まだあったんですね。
沖縄に住むようになってから、新幹線にほとんど乗らないので
サービスが継続されていたことを知りませんでした。

あとはメインバンクを決めるならネット銀行が便利と書かれているのが
今風だなと思いました。
実は「年収300万円でもお金の心配がなくなるたった1つの方法」を読んだときに
地銀と賢く付き合うのが良いと書いてあったので
給与振り込みのために口座を持っている地銀に電話をして
総合口座の作り方を聞いてみたのです。
するとやはり、店舗に来店して手続きをしなくてはいけないとのことだったので
面倒だと思って、そのままになっていました。
ネット銀行なら簡単に手続きができるのに、
わざわざ地銀を選ぶ意味が分からなかったのです。
近所に店舗を構えて起業するなんてことがない限りは、
ネット銀行がメインバンクで、なんらデメリットはなさそうですね。

それで思い出しました。昔は株の売買も、
わざわざ店舗に行かなくてはいけなかったので、ずいぶんと敷居が高かった。
二十歳そこそこの小娘では、来店してもまともな対応をされませんでした。
それに比べると今は、ネット経由で誰でも簡単にお金の取引ができますので
ねずみ講的にいうと、新規ユーザー獲得に成功しているということが
よく分かりました。
もう子供もその気になれば株を買えるようになってしまったので
次はどうなるんでしょうか・・・別の価値観の創設とかですかね?
あるいはクラッシュさせて、一からやり直しとか。



この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科

この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/11/24
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -