So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

クラシック・ラブ [活字中毒のトモ]


クラシック・ラブ ベティ・ニールズ選集 10 (ハーレクイン・イマージュ)

クラシック・ラブ ベティ・ニールズ選集 10 (ハーレクイン・イマージュ)

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2016/08/11
  • メディア: Kindle版


コミックがステキだったので、原作も読んでみました。
原作が発表されたのは、1992 年のようです。
また作者のベティ・ニールズさんは 2001 年にすでに亡くなられているのですが
お話は彼女の経験をベースに書かれているので
時代背景が少し古いです。
そういうところも含めて、クラシックかも。

このお話の主人公は、ペーシェンスという女性ですが
頭が良く、気立ても良いのに、残念なことに美人ではありません。
おまけに、親代わりの大叔母姉妹は投資に失敗して、財産をほとんど失ってしまったので
美人でもなく財産もない彼女の行く末を、身近な人々はとても心配しています。
そんなある日、大叔母たちが住んでいた屋敷をしばらく借りたいという人が現れます。
借り手はオランダ人の外科医ユリウス・ファン・デル・べーク。
医学に関する書籍の執筆に専念するため、屋敷を借り、
雑用係としてペーシェンスを雇い入れたいと言います。

雑用係の仕事なんて、今はないでしょうね。
時代背景が一昔前のせいか、何となくゆったりした気分で読めます。
原題は "An Old-Fashioned Girl" ですが、
「クラシック・ラブ」という邦題が、しっくりきます。

それにしても、ヒロインの名前がペーシェンス(Patience)とは!
私がこんな名前を付けられたなら「勝手に変な希望を込めるなよ!」
と怒りたくなりますし、古臭い感じだなあとも思ったのですが
ちょっと調べてみた ところ、最近でも、なくはない名前なのですね。意外。

そしてお話のヒロイン、ペーシェンスは
名前の通り忍耐強くて、気立てが良いのです。
ただ、美人ではない。そのことだけがネックなのに、
それは彼女の人生に大きな影を落としています。
だけど最終的には、彼女の気立ての良さに惹かれたイケメン医師から
「愛している」と言ってもらえる。
ハーレクイン小説は、こういう時代劇的な安定感があるところが好きです。



クラシック・ラブ (ハーレクインコミックス)

クラシック・ラブ (ハーレクインコミックス)

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: Kindle版




クラシック・ラブ ベティ・ニールズ選集 10 (ハーレクイン・イマージュ)

クラシック・ラブ ベティ・ニールズ選集 10 (ハーレクイン・イマージュ)

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2016/08/11
  • メディア: Kindle版




クラシック・ラブ (ハーレクインコミックス)

クラシック・ラブ (ハーレクインコミックス)

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

バカとつき合うな [活字中毒のトモ]


バカとつき合うな

バカとつき合うな

  • 作者: 堀江貴文
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/10/26
  • メディア: 単行本


Amazon が勧めていたので、ポイント欲しさにまとめて購入した何冊かの 1 冊。
なかなかきわどいタイトルですが、読んでみると、なんというか
バカとつき合うないうよりは、周りの意見に惑わされずに
自分のしたいことを、やればいいじゃないか、という本でした。

堀江さんと西野さんが、お互いに言いたいことを言い合って
うまく本にまとめているのですが、とにかく
「やりたいと思ったことは、とりあえずやってみればいいじゃないか。
色々考えていないで、行動したほうがいいよ」
という内容です。何かをやりたいと思ったときに
「そんなにわかな思い付きで」とか
「1 つのことをずっと続けることが大事」とか
説教垂れて引き留めようとする人たちのことを「バカ」と称して
そんな人たちの意見に惑わされる必要はないから、好きなことをやってみたらいい
と世の中の人たちの背中を押してくれる本です。

本書では「人と同じことをやりたがるバカ」とか
「学校を妄信するバカ」とか、いろいろなバカをこき下ろしていますけれど
実際のところ「本質的にこういうやつがバカ」みたいな
バカの定義を定めているわけではなく、自分がやりたいことがあるときに
それを善意や正論を振りかざして反対する人がバカであり
そんな人たちの言葉に耳を傾ける必要はない、と言っているように読めました。

面白かったのが、堀江さんが
「僕は他人に興味はないよ」といいつつも、かなり世話好きな人であるということです。
人望のある人って、こういう人なのかもしれません。

あとは、堀江さんと西野さんが、お互いに相手を
「いかにバカなのか」評する第 3 章が、とても面白かったです。
こんなに相手のことをバカだバカだと言いながら、褒めている文章って
そうないというか、こういうの、褒め殺し・・・じゃないよな
なんだかものすごく古くからの気の置けない友人が
お互いのことを茶化しているような感じでした。
でも実際はこの 2 人、付き合いはそれほど長くないし
いつまで一緒にいるのかもわからない。でも、それでいいみたいです。

気軽にあっという間に読めます。
具合が悪くて、病院の待合室で倒れそうになっている時でも
気晴らしに読もうかな、と思えるくらいには、読みやすい本でした。



バカとつき合うな

バカとつき合うな

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/10/26
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

2019 長谷川慶太郎の大局を読む [活字中毒のトモ]


2019 長谷川慶太郎の大局を読む

2019 長谷川慶太郎の大局を読む

  • 作者: 長谷川慶太郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/10/20
  • メディア: 単行本


とりあえず、長谷川さんがこの本を出し続けている間は読んでみよう
だって慶太郎じいさん、もう 91 歳だもの。
というわけで、今年も読んでみました。「大局を読む」シリーズ。
(ちなみに、去年の本の感想は こちら

去年は「トランプ大統領は任期途中で辞任に追い込まれるんじゃないの?」
とおっしゃってましたが、今年はそんなコメントはどこへやら
米中覇権戦争について熱く語っていらっしゃいます。
長いこと予言していらした中国崩壊についても滅茶滅茶トーンダウンして
「中国でも選挙で指導者を決める時代が 10 年以内に訪れるはず」
という言い方になっています。
どんなソースの情報を仕入れると、こういうコメントになるんでしょうね?

あとは、世界的に人が不足するので、どの国も移民を受け入れざるをえなくなり
今の移民問題は需要に応じて解決に向かわざるを得ない
つまりはどの国も積極的に移民を受け入れなければ、
労働力が全然足りなくて、困りまくる
労働力が足りないので、銀行の ATM も維持できなくなり
それがキャッシュレスを加速させていくだろう、とのことです。

コンビニの店員さんも、少し前までは日本人もいたのに
いまでは外国人ばかりになってしまいましたしね。
だけど、低賃金で働く外国人は、
この物価の高い日本でどうやって暮らしているんでしょうか。
彼らの賃金がずっと低いままとも思えないですが
それでも移民が大量に流入する下地ができたといえるんでしょうか。

そういや、労働力が足りなくなる影響で
移民を大量に受け入れることについては熱心に書かれていましたけれど
AI がどの程度のスピードで普及するかは、あまり書かれていなかったと思います。
長谷川さん、きっと AI の分野にはあまり興味がないんですね。

もう 1 つ興味をひかれた項目として
2019 年の前半に、南北朝鮮が統一される可能性について言及されていらっしゃいます。
その際には、日本の協力が欠かせないが、
それには拉致問題の全面解決が大前提になるとも書かれています。
これが本当に 2019 年に動く政情だとすると、画期的なことで
これを待ち望んでいる人たちが、日本にたくさんいらっしゃると思います。



2019 長谷川慶太郎の大局を読む

2019 長谷川慶太郎の大局を読む

  • 作者: 長谷川慶太郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/10/20
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ:

人望が集まる人の考え方 [活字中毒のトモ]


人望が集まる人の考え方

人望が集まる人の考え方

  • 作者: レス・ギブリン
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


人望って理屈じゃないというか、何かをしていれば集まるものではないです。
これはもう、持って生まれた素質なのかしら
人望がない人というのは、一生人望がないまま?という疑問を持って
それを解決できそうな本を探したのですが
なかなか良い本はなくて、唯一目次を読んで面白そうだと思えたのがこの本でした。
ですが Amazon から届いて読んでみたところ・・・何かが違いました。

著者のレス・ギブリンさんは、アメリカの心理カウンセラーだそうです。
実は本書の刊行は 1956 年で、以来半世紀にわたり不朽の名作として
世界中でロングセラーとなっている本なのだそうです。

本書によりますと、よい人間関係とは
「自分が求めているものを手に入れるのと引き換えに、
相手が求めているものを与えること」なのだそうです。
与えっぱなしでも駄目だし、もらいっぱなしも良くないと。

あとは、相手を受け入れ、その人と一対一できちんと向き合うことが大事だそうです。
「お客様とはこういうもの」とか「男ってみんな同じ」とか考えていると
お客様の心はいつまでたってもつかめないし、縁遠いままだと。
確かにその通りかもしれません。人と付き合うには、その人だけのことを考えて
その人へのスペシャルを提供しないといけないということです。
確かにその通りかも。ですが周りを見てみると
「あなたは私にとってスペシャルである」というメッセージよりも
「こいつを何とか排除したい」とか「お前なんて大した人間じゃない」
というメッセージの、なんと多いことかと思います。
そういうメッセージを送ってくる人たちに、関心を持つ必要があると思いますか?
ここで「あるわけないだろ」と思ってしまうあたりが
私に人望がない理由であるというのが、なんとなく分かった一冊でした。
人望ってこういうことだというのだったら・・・なくても仕方ないかも。



人望が集まる人の考え方

人望が集まる人の考え方

  • 作者: レス・ギブリン
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 
共通テーマ:

医療と AI: 病人の希望としましては [ヘタレの健康]

この 2 週間、扁桃炎を患って病人生活を送っていました。
久しぶりに病院へ行きました。ひどい目に遭いました。

喉が痛くなり、水も飲めない状態になったので、内科・呼吸器科を受診しました。
熱が下がった後、耳鳴りと、高音が割れて聞こえる症状が出たので
今度は耳鼻科を受診しました。←今ここ

どちらの病院も、混んでいて、まず受付をするのが大変です。
内科はそもそも、車で病院まで行っても、駐車場がいっぱいで入れません。
タクシーでは数分で着くので、頼みづらいです。
仕方なく、熱もある状態で、徒歩で病院へ行くことになりました。
そして受付から診察まで 1 時間以上。
病院へ行く人たちって、こんなに長い時間待つ体力があるほど
元気な人たちばかりなの?まさか。

耳鼻科は耳鼻科で、早朝から受付が開始されるので、
病気の身で早起きして病院まで行き、受付を済まさなくてはいけません。
そして実際の診療時間に再度来院。

病院って、病人に無理をさせるのが趣味なの?

病気なのに徒歩で通院とか、早起きして受付とか
ド M でなけりゃ喜ばない体制ばかりですよ。

こういうのって、AI を発達させようとしているなら
率先して解決しようとすべきことなのではないでしょうか。
タクシーの自動運転を当たり前にしてしまえば、
徒歩数分の距離でも気兼ねなく乗れるので、通院に便利だと思います。
早く自動化してほしいです。

あと、病院の予約を取る総合システムを早く公開してほしいです。
病人が自分で病院を選んで受診するのではなくて
先に AI に症状を伝えて、だいたいの診断をしてもらってから
「この症状ならこの病院が最適」とか
「今から受診したいなら、この病院の予約が取れます」とか
「病院へ行くためにタクシーを手配しました。5 分後に自宅前に到着します」
などの手配をやってほしい。AI ってそういうの得意なんですよね?
こういうのに使えても、バチは当たらないと思うのですけど。

ついでに自宅診療も可能になって、
お薬もドローンとかで届けてもらえると、もっといいと思います。
これたぶん、現在の技術で全部実現可能ですよね?

確か私の勤めている会社にも、賢そうな AI がいましたね。
ヘルスケア部門でどんな仕事しているのか、ちょっと見せてもらいたい。
誰に頼めばいいのかしら。社長?

コメント(0) 
共通テーマ:健康

今帰仁の里 あいあいファーム [沖縄]

特に記念日とかではありませんでしたが、
遠出をしたかった(らしい)夫が、突然思い立って宿泊を予約しました。
今回宿泊したのは「今帰仁の里 あいあいファーム
今帰仁村へ行くのは久しぶりです。

この宿泊施設は、もともと湧川小中学校だったのですが
2010 年に廃校となったタイミングで、学校の活用のために今帰仁村が企画を公募し
体験型食育ファームである、あいあいファームが採用されたようです。
あいあいファームはもともと、
飲食店「だいこんの花」の生産部門として設立されたそうです。
道理で、オードブルの写真 に見覚えがあるわけだ。
ですが、だいこんの花の経営母体である 株式会社アメニティ から今年独立して、
4 月にリニューアルオープンしたとのことです。
なかなか複雑な経営状況ですね。

DSC_0135.jpg

DSC_0133.jpg

訪れたところ、見た目は学校のままです。
広々とした運動場と低層の校舎。

DSC_0126.jpg

お部屋にチェックインすると、ツインルームなのに、広々していました。
教室を半分に区切った感じの広さです。
天井も高く、ゆったり過ごせます。
ただし、バリアフリーではありません。
ユニットバスと部屋の境や、玄関には高い段差があります。
リノベーションするときに、バリアフリーにできないものなんでしょうか。
不思議でした。

お風呂はユニットバスです。
天然風呂などはありません。あるといいのに。
また室内用スリッパは基本 1 組しか部屋に置いていないようです。
2 名泊まる部屋なのに何故?
トイレはウォシュレットで、快適でした。

今回、2 食付きのプランを予約したので、晩御飯も施設内のレストランで食べました。

line_1541844388889.jpg

こちらは夕食。
その日のメインは煮つけ。
沖縄色豊かなおかずが並んでいます。

残念だったのは、お酒の種類が少ないこと(ビールと泡盛のみ)と
1 杯頼むたびに、その場で現金で会計しなくてはいけないことです。
部屋付にしてくれれば、もっと楽だったと思います。

DSC_0132.jpg

朝ごはんはこんな感じ。
手づくりパンが印象的でした。

体験型食育ファームで、収穫体験できるのが売りの施設なので
なんとなく合宿向き?
個人で泊まると少々不便かもしれません。
ですが、晴れた日は夜の星空がきれいだと思います。
早朝に、鶏の鳴き声で起こされますけどね。

普通のホテルに泊まるのとは、ちょっと違った体験ができたので
これはこれで、面白かったです。




コメント(0) 
共通テーマ:旅行

愛国のリアリズムが日本を救う [活字中毒のトモ]


愛国のリアリズムが日本を救う

愛国のリアリズムが日本を救う

  • 作者: 高橋 洋一
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2018/09/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


北野幸伯さんが 彼の発行しているメルマガ で薦めていらした本です。
高橋 洋一さんの本を読むのは初めてです。
もともと大蔵省にいらした方なのですね。
また東大の理学部数学科と、経済学部経済学科を履修されたとあって
論理的思考力がかなり高い方のようです。
この経歴を読むと、この本が書かれた背景が分かった気がしました。
文中で、常識的な物事の検証や、リアリズムを大事にし
データを持たずに適当なことを言う人をこきおろしているのは当然だったのです。
非常に頭の良い方です。

さて本書では、現実を直視したリアリズムに基づいて政治的合理性を追求し
国という共同体を大事にして国益を守ることを「愛国のリアリズム」として
この意識を大事にして、日本という国の現状と将来が語られている本です。

「消費税を 10% にアップする代わりに、オリンピック記念の 10,000 円札を発行して
タダで配れば?」とか
「経済政策で大事なのは、目標を定めて、それに向けた第一歩の環境を
作り出すことだけ」とか
「中国が崩壊していないのは、人口 1 人あたりの GDP が 1 万ドルを超えていないから」
などなど、面白い意見がたくさん書いてあります。
そしてこれからの日本、つまり超高齢社会で人口がどんどん減っていく国で
どのような政策を進めればよいかについても
「まともに統計分析すれば、生産年齢人口はコンスタントに減っているのに
失業率は景気の良しあしで上下するのだから、両者は無関係であることは分かるだろ」
と断言して、AI やロボットを正しく導入すれば、
人口が減っていも大丈夫だと言っています。

この頭の良さとデータを読むセンスを分けてもらいたい・・・。
高橋さんは、数多くの内閣で、ブレーンとして色々な政策を提案してきたそうですが
面白いと思ったのは、それを採用する首相と、しない首相がいることでした。
ブレーンが提案した政策を、ボツにする首相もいるんですね。
まあ、考えてみれば、当たり前か。でもボツにするんだったら、
ブレーンを雇う意味ってなんだろう?自分の考えを聞いてもらって
まとめるためでしょうか。
それはさておき、色々なことが論理的に書かれているので
新聞を読むよりはこの本を読んだほうがいいというのは確かです。お薦めします。



愛国のリアリズムが日本を救う (扶桑社BOOKS)

愛国のリアリズムが日本を救う (扶桑社BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2018/09/03
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

結婚披露宴@エリスリーナ西原ヒルズガーデン [沖縄]

会社の同僚の結婚式がありました。
披露宴会場は エリスリーナ西原ヒルズガーデン でした。

当日はあいにくの雨で、車で来た人たちは
駐車場から建物のエントランスまでが遠いことを愚痴っていました。
確かに・・・屋根付きの駐車場なら、傘なしで身軽に行けますね。
私は夫に送ってもらったのですが、思ったより道が分かりづらい感じでした。
一応アクセス情報を見ると、
高速を使ってくる人向けの 案内 が書いてあります。
でもこれでたどり着けるかな?

どうしてこんな辺鄙な場所に結婚式会場があるのかというと
見晴らしがよくて、晴れた日に窓から見える景色が絶景だからのようです。
ですが今回の会場は、窓のない会場だったので、景色は見えませんでした。
見えても、雨でしたけど。
これ、すべての会場で景色が楽しめるようにはならないんですかね?
設計上難しいか。

とここまであまりよくない感想ばかり書いてきましたが、
出てきたお料理がおいしかったので、上記の不満はすべて吹き飛びました。

DSC_0027.jpg
すべて前菜です。
この料理は、招待客がやってきたときには、すでに卓上にあり
新郎新婦入場を待たずに、食べることができました。


DSC_0030.jpg
お寿司が最初からあります。
もう前菜だけでフルコースの感じですね。


DSC_0042_HORIZON.jpg
式が始まるとお刺身が運ばれてきました。

本当はこの次にスープと温料理があったのですが、
円卓のため写真を撮り損ねました。


DSC_0047.jpg
魚料理


DSC_0049.jpg
肉料理


chawan.png
茶碗蒸し


DSC_0083.jpg
デザート

どの料理も美味しくて、完食しました。
新婦の伯父様が差し入れてくださった泡盛も美味しかったです。
お酒といえば、今回、乾杯の時に飲んだスパークリングワインはノンアルコールでした。
りんごのスパークリングワインで、美味しかったですが
まさかノンアルコールとは!先にその情報を知らせていただけたなら
お酒だと思って敬遠した人も飲めたのでは?と思いました。
逆にお酒だと思って飲んだのに、あれ?ってこともなかったはず。

とまあ、ご祝儀片手にやってきて、飲み食いするだけの立場なので
好き勝手なことを書けますが、数百人の招待客のために準備をした新郎新婦は
本当に大変だったと思います。
いつもながら余興も楽しくて、新郎新婦の人柄がステキで、人望があることが
よくわかる披露宴でした。
K さん、お招きありがとうございました。末永くお幸せに。



コメント(0) 
共通テーマ:地域

任侠浴場 [活字中毒のトモ]


任侠浴場 (単行本)

任侠浴場 (単行本)

  • 作者: 今野 敏
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/07/18
  • メディア: 単行本


最近飛行機に乗る機会があったので、機内で読もうと思って購入しました。
本当は文庫になるのを待っていたのですが
旅に出るときには、やっぱり楽しい小説を読みたいと思い、Kindle 版を購入しました。
Kindle のデータなんだから、文庫本並の価格にしてくれてもいいのに
・・・世の中厳しいですね。

さて今回は、さびれた銭湯を立て直すお話です。
任侠シリーズも 4 作目となり、だんだん時代劇みたいになってきました。
つまり、型が決まっていて、最後はハッピーエンドで終わるので
安心して読めます。

いつものように、阿岐本親分の五厘下がりの兄弟分である永神が
やっかいな相談事をして、親分がそれを見事に解決してくれます。
やっかいなことが、さらに大きなもめごとに発展しないかどうか
代貸の日村は、いつもの通りはらはらするのですが
今回はなんと、親分に「1 日何もしなくていい」と言われて
無理やり暇な 1 日を過ごしています。
ひたすら頭の中を空にして、リラックスることを「学習」する日村さん。
普段は相当いろいろなことを心配して、苦労されていらっしゃいますが
リラックスすることも苦労のうちとは・・・大変です。

人たらしの阿岐本親分が大好きですが、
日村さんがいてくれるからこそ、阿岐本親分は思う存分
やりたいことができるんでしょうね。
ですがそういう今があるのは
「逆らうやつを皆殺しにしかねない雰囲気」だった若いころの日村さんを
阿岐本親分がうまく教育したからですから
やっぱり親分、すごい人です。

面白くてあっという間に読んでしまい
お話が終わったときは「あれ、もう終わりなの?」と思いましたが
本書の登録情報を見てみると、単行本で 357 ページもありました。
そんなふうには思えないほど、すごい速さで読み進むことができます。



任侠浴場 任侠シリーズ (単行本)

任侠浴場 任侠シリーズ (単行本)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

秘密の花園作り つれづれノート34 [活字中毒のトモ]


秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

  • 作者: 銀色 夏生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/10/24
  • メディア: 文庫


ずっと読み続けている、銀色 夏生さんの日記です。
第 34 作は、2018 年 2 月 1 日から 2018 年 8 月 2 日までです。

相変わらずジムのプールでぷかぷか浮かんでは、
たまに思い立って旅に出る夏生さん。
ですがこの生活もなんとなく飽きてこられたのか
しきりに「暇だ」と書かれています。
その暇がどこに向かったのかというと、造園で
宮崎のお宅の庭を大好きなハーブで埋めようと、
道具を買ったり苗を買ったり、シルバー人材センターに頼んで
草むしりや木の伐採をしてもらったりして
土と戯れながら時間を忘れようとする生活が多くなってきました。
以前より頻繁に、宮崎に帰っておられるようです。

そして 前作 の終わりごろに、断酒に成功(したように見えた)夏生さんでしたが
今作でやはり、飲むのを再開しています。
そうなると思ってたんですよね。
私も酒飲みですから、容易に想像できます。

あとは将棋を一生懸命観ておられます。
将棋を観る日に備えて、前日から買い出しに行って
将棋の日は一歩も外に出ないこともあるくらい。
でも、将棋を観ながら、飲んだくれていたりするのですけれど。
自分で将棋を指さないのに、観て楽しい、ということがあるのですね。
スポーツ観戦みたいなものか。

安定して、やりたいときにやりたいことをやって
思ったことを本に書く夏生さん。
これで食べていけるなんて、本当にうらやましいです。
「組織の中の権力構造は、自分の立っている位置によって
利益を得ることもあれば不利益を被ることもある。
そういうのが嫌で、人に左右されたくない」
と本書にも書かれていて、その言葉の通り、フリーで仕事をして
きちんと生活できていらっしゃる。なんてステキなんでしょう。
私もこんな生活をしたいです。
夏生さんに言わせれば「すればいいじゃない」となると思いますが
私、そこまで才能ないのよね。。



秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

  • 作者: 銀色 夏生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/10/24
  • メディア: 文庫



コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -