So-net無料ブログ作成

貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法 [活字中毒のトモ]


貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法

貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法

  • 作者: 星野 陽子
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2014/04/28
  • メディア: 単行本


Amazon でこの本を見つけた時に「なか見!検索」をしてみて
面白そうだったので購入しました。

著者は星野 陽子さん。本業は特許翻訳者だそうで、なんとなく親近感がわきました。
Amazon のレビューを読むと、けっこう評価が低くて
「金持ち母さんになれたのは、結局別れた旦那さんの力で援助があったから」
みたいなコメントが書かれているのですが
私は読んでみて、この人ができることを精いっぱい努力して頑張ったから
今の「金持ち母さん」という地位があると思いました。
さらには「金持ち母さん」という言葉自体も、インパクトを与えて
書籍を買ってもらえるように誘導する効果を考えているだけかも?

何のスキルも持っていないと自称する人たちから見ると
星野さんはもともと外資系金融機関にお勤めで、ユダヤ人と結婚されたので
(あとで離婚されていますが)
そのような経歴を持っていれば、金持ち母さんになるのは当たり前
と思う人が出てくるのは、分かる気がします。

ただ、本書を読んでみると、
星野さんは決して自分の資産に頼り切っているわけではなくて
今よりもさらに良い状況を手に入れよう、子供達のために頑張ろうと
いつも必死でもがいていらっしゃいます。
そのあたり、すごく分かるというか
・・・とりあえず一人で生きていかないといけないけれど
子どもも養わなくてはいけない、子供に悲しい顔はさせたくない
というのは、私も 1 歩先のことは分からないので
すごく身近に思えて、あっという間に読み終えてしまいました。

投資をしたいと思ったときに、元ご主人が保証人になってくれたのは
本当にラッキーだったと思うのですが
それも、彼女が置かれている環境を最大限利用しているだけのことなので
私も今の環境を利用して頑張ろうと思います。

女性の方が、男性より給与が低い、つまりもらえる年金も少ないのに
男性より女性の方が長生きだ、
だから女性はお金のことをより真剣に考えなくてはいけない
という指摘は、本当にその通りで、7 歳年上の夫と結婚している私は
もっとお金のことをまじめに考えようと思ったのでした。
年金をもらう前に、ポックリ死ねれば理想的ですけど
そうならないこともありますしね。



貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法

貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法

  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2014/04/30
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント