So-net無料ブログ作成

ノボテル沖縄那覇 [沖縄]

夫が、ふと思い立って予約してくれました。
「このホテルのプレミアラウンジを利用してみたかった」そうです。
ノボテル沖縄那覇 は、1974 年から存在した沖縄都ホテルを全面改修して
2018 年 9 月にグランドオープンしたホテルです。
こんな風になっていたんですね。全然知りませんでした。
那覇で宿泊なんて機会ありませんから。

DSC_0037.jpg

ロビーの様子です。
右手に見えるのは、グルメバー。
バーはあっても、普通に座れるソファはありません。何故?
チェックインの時に、スタッフが不慣れな感じなのも不思議です。
フロント以外は感じのいいスタッフばかりだったので余計に残念。
フロント、改善したほうがいいと思います。

プレミアムラウンジを利用するには、プレミアムフロアもしくはテラスルーム、
テラススイートに宿泊する必要があります。
今回、プレミアムフロアのお部屋を予約したのですが
なぜかテラススイートにアップグレードしてくれました。
プレミアムフロアは 13、14 階にあるのですが、テラススイートは 3 階。
その違いは何かというと、テラススイートからは部屋の窓を開ければ
インフィニティプールへ直接出ることができます。

DSC_0016.jpg

お部屋はこんな感じでした。

宿泊した日はあいにくの雨で、
インフィニティプールに直接出られるメリットはありませんでした。
アップグレード、しなくても良かったんじゃないの?
何か他に理由があったんですかね。

DSC_0019.jpg

那覇で唯一のインフィニティプールらしいのですが、
誰も泳いでいないでしょ。残念。

あと 3 基あるエレベーターのうち、1 基は 15 階のプレミアムフロアに行けない
というのが意外と面倒でした。
行けないのに、ボタンを押すと 13 階までしか行けないエレベーターが
来てしまったりするのです。15 階へ行きたい人と、そうでない人のために
ボタンを分けてほしいと思いました。

あと、大浴場がないのも残念。お風呂大事。

15 階にあるプレミアムフロアの居心地は良かったです。
朝食は 6 時半~10 時半(週末は 11 時まで)その後
18 時まではティータイム、18 時から 20 時がカクテルタイムと分かれています。
すべての時間で利用してみました。

DSC_0023.jpg

昔は回転していたらしい、15 階プレミアムフロア。
今は回転せずに営業中です。
窓から見えるのは、首里や那覇の街並。
カウンター席とテーブル席、ソファ席の 3 種類あって
空いている席に自由に座れるのが良かったです。
また、子どもも入れるので、結構子ども率高かったです。
ソファ席は座高が低いので、意外と子供向きかもしれません。

DSC_0025.jpg

カクテルタイムはちょっとしたオードブルもつまめるので
2 階のレストランへ行くよりは、のんびりご飯を食べられるかも。
子連れにお勧めです。

私たちは子育てを卒業したので、カクテルタイムを楽しんだ後
2 階の フードエクスチェンジ「アヴァンセ」 にも行ってみました。
ゴハン美味しかったです。

DSC_0030.jpg

メニューが豊富です。季節ごとに色々変わるようです。
ここで誰か結婚式やってくれないかしら・・・と思いましたが
宴会場はあっても、チャペルはないので、
結婚披露宴会場にはなりにくいかもしれません。

というわけで、ゴハンが美味しいホテルです。
気軽に利用できるので、子連れにお勧めです。
問題は立地ですね。ちょっと公共交通機関では行きにくいです。
レンタカーを借りる方ならいいかも・・・朝と夕方の渋滞に巻き込まれなければ。







コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ベッセルホテル カンパーナ沖縄 [沖縄]

北谷には、夜に行きたい飲食店がたくさんありますが
北谷で飲んでしまうと代行代がかなりかかるので、躊躇していました。
代行を気にせず飲みたかったので、北谷のホテルに泊まりたいと
前から夫と話していて、今回 こちら に宿泊することにしました。

DSC_0219.jpg

DSC_0220.jpg

ロビーの様子。
ロビーに歯ブラシや化粧品、子供用パジャマなどが置いてあって
足りない分を取ってよいことになっていました。
(この画像だとちょっと分かりづらいですが、左端の棚がそれ)
あくまでも「足りない分」なので、部屋にはちゃんと
アメニティは用意されています。
私たちは、化粧品のみをここで取りました。
子供向けのパジャマも用意されているので、家族旅行にお勧めです。
ロビーの映像を見たところ、子供向けの小さな便座や
哺乳瓶の消毒セットなども貸してくれるようです。

ロビーからコンビニ(ローソン)へ直接行くことができます。
便利だと思いました。

DSC_0222.jpg

お部屋はこんな感じ。
今回宿泊したのは、2016 年 11 月に開業した別館の方です。
さっぱりと、きれいなお部屋でした。
今回は 3 名で宿泊でしたが、歯ブラシやコップが 4 色用意されていて
みんな違う色を選べるのが良いと思いました。
たくさんの人が一緒に宿泊する想定で作られているようです。
ベッドは割と硬めで、私は好きでした。寝心地が良かったです。

DSC_0237.jpg

窓から見える景色。
天気が良いと、海がきれいです。

面白いなと思ったのが、提供されるのが朝食のみで
ホテル内に夕食を出すレストランが一切ないところです。
朝食は普通に美味しかったですし、結婚式もできるようなので
調理設備がないわけではないはずですが、夕食は出てこない。
徹底して無駄を省いている印象です。
それでも、北谷にはたくさんの飲食店があるので、全然困らないです。
だからこんなホテルが営業可能なんでしょうね。

本館・別館それぞれに、展望浴場がありまして
宿泊客は無料で利用できます。
大きなお風呂でくつろげて、快適でした。
脱衣場には、有馬温泉提供の「温泉利用ガイド」映像が流れていて
4 か国語(日本語、英語、中国語、韓国語)で温泉の利用方法をガイドしていました。
温泉につかる前にはかけ湯をしろ、とか、床で寝るな、とか
温泉の神様が外国人に、お風呂の使い方を丁寧に説明する映像でした。
外国からのお客様が多いことがうかがえます。



コメント(0) 
共通テーマ:旅行

今帰仁の里 あいあいファーム [沖縄]

特に記念日とかではありませんでしたが、
遠出をしたかった(らしい)夫が、突然思い立って宿泊を予約しました。
今回宿泊したのは「今帰仁の里 あいあいファーム
今帰仁村へ行くのは久しぶりです。

この宿泊施設は、もともと湧川小中学校だったのですが
2010 年に廃校となったタイミングで、学校の活用のために今帰仁村が企画を公募し
体験型食育ファームである、あいあいファームが採用されたようです。
あいあいファームはもともと、
飲食店「だいこんの花」の生産部門として設立されたそうです。
道理で、オードブルの写真 に見覚えがあるわけだ。
ですが、だいこんの花の経営母体である 株式会社アメニティ から今年独立して、
4 月にリニューアルオープンしたとのことです。
なかなか複雑な経営状況ですね。

DSC_0135.jpg

DSC_0133.jpg

訪れたところ、見た目は学校のままです。
広々とした運動場と低層の校舎。

DSC_0126.jpg

お部屋にチェックインすると、ツインルームなのに、広々していました。
教室を半分に区切った感じの広さです。
天井も高く、ゆったり過ごせます。
ただし、バリアフリーではありません。
ユニットバスと部屋の境や、玄関には高い段差があります。
リノベーションするときに、バリアフリーにできないものなんでしょうか。
不思議でした。

お風呂はユニットバスです。
天然風呂などはありません。あるといいのに。
また室内用スリッパは基本 1 組しか部屋に置いていないようです。
2 名泊まる部屋なのに何故?
トイレはウォシュレットで、快適でした。

今回、2 食付きのプランを予約したので、晩御飯も施設内のレストランで食べました。

line_1541844388889.jpg

こちらは夕食。
その日のメインは煮つけ。
沖縄色豊かなおかずが並んでいます。

残念だったのは、お酒の種類が少ないこと(ビールと泡盛のみ)と
1 杯頼むたびに、その場で現金で会計しなくてはいけないことです。
部屋付にしてくれれば、もっと楽だったと思います。

DSC_0132.jpg

朝ごはんはこんな感じ。
手づくりパンが印象的でした。

体験型食育ファームで、収穫体験できるのが売りの施設なので
なんとなく合宿向き?
個人で泊まると少々不便かもしれません。
ですが、晴れた日は夜の星空がきれいだと思います。
早朝に、鶏の鳴き声で起こされますけどね。

普通のホテルに泊まるのとは、ちょっと違った体験ができたので
これはこれで、面白かったです。




コメント(0) 
共通テーマ:旅行

結婚披露宴@エリスリーナ西原ヒルズガーデン [沖縄]

会社の同僚の結婚式がありました。
披露宴会場は エリスリーナ西原ヒルズガーデン でした。

当日はあいにくの雨で、車で来た人たちは
駐車場から建物のエントランスまでが遠いことを愚痴っていました。
確かに・・・屋根付きの駐車場なら、傘なしで身軽に行けますね。
私は夫に送ってもらったのですが、思ったより道が分かりづらい感じでした。
一応アクセス情報を見ると、
高速を使ってくる人向けの 案内 が書いてあります。
でもこれでたどり着けるかな?

どうしてこんな辺鄙な場所に結婚式会場があるのかというと
見晴らしがよくて、晴れた日に窓から見える景色が絶景だからのようです。
ですが今回の会場は、窓のない会場だったので、景色は見えませんでした。
見えても、雨でしたけど。
これ、すべての会場で景色が楽しめるようにはならないんですかね?
設計上難しいか。

とここまであまりよくない感想ばかり書いてきましたが、
出てきたお料理がおいしかったので、上記の不満はすべて吹き飛びました。

DSC_0027.jpg
すべて前菜です。
この料理は、招待客がやってきたときには、すでに卓上にあり
新郎新婦入場を待たずに、食べることができました。


DSC_0030.jpg
お寿司が最初からあります。
もう前菜だけでフルコースの感じですね。


DSC_0042_HORIZON.jpg
式が始まるとお刺身が運ばれてきました。

本当はこの次にスープと温料理があったのですが、
円卓のため写真を撮り損ねました。


DSC_0047.jpg
魚料理


DSC_0049.jpg
肉料理


chawan.png
茶碗蒸し


DSC_0083.jpg
デザート

どの料理も美味しくて、完食しました。
新婦の伯父様が差し入れてくださった泡盛も美味しかったです。
お酒といえば、今回、乾杯の時に飲んだスパークリングワインはノンアルコールでした。
りんごのスパークリングワインで、美味しかったですが
まさかノンアルコールとは!先にその情報を知らせていただけたなら
お酒だと思って敬遠した人も飲めたのでは?と思いました。
逆にお酒だと思って飲んだのに、あれ?ってこともなかったはず。

とまあ、ご祝儀片手にやってきて、飲み食いするだけの立場なので
好き勝手なことを書けますが、数百人の招待客のために準備をした新郎新婦は
本当に大変だったと思います。
いつもながら余興も楽しくて、新郎新婦の人柄がステキで、人望があることが
よくわかる披露宴でした。
K さん、お招きありがとうございました。末永くお幸せに。



コメント(0) 
共通テーマ:地域

AJリゾートアイランド伊計島 [沖縄]

夫が「離島へ行こう」というので付いていったところ
行き先は、海中道路で本島とつながっている伊計島でした。
離島と言っても、色々ありますね。
免許取りたての娘の運転で、怖々行ってきました。

宿泊先は「AJリゾートアイランド伊計島

KIMG1106.JPG

外観はこんな感じ。

今回泊ったのは、コーナースィート で、建物の 4 階奥にある広いお部屋でした。
ベッドを 3 つ置いても、ゆったり、居間も別であります。

KIMG1103.JPG
KIMG1101.JPG

窓から見える景色。

素朴で、ゆっくり過ごすのに良いホテルでした。
面白いなと思ったのが、プールに監視員がいないところです。
ビーチもサメよけのネットなどはなくて「自己責任でどうぞ」って感じでした。
こういうのは、私にとってはありがたくて
無駄に注意されることがなく、快適でした。
ただしお客様の大半は、小さな子連れの方々だったので
他の方が、それをどう思っていらっしゃるのかは不明。

プールは屋外ですが、そこはまだまだ暑い沖縄
太陽のおかげで水がすっかりぬるくなっており、快適でした。
更衣室はプールの近くにあります。
ただし、プールでバスタオルは貸してもらえないです。
監視員もいないから、当然と言えば当然ですね。
部屋から持って行くことをお勧めします。

夕食も朝食もビュッフェスタイルでしたが、面白いと思ったのは朝食。
KIMG1110.JPG

奥にタコライスがあるの、分かるでしょうか。
ビュッフェでタコライスなんて、初めてみました。
タコライスって、ビュッフェで食べるイメージがありません。
これ 1 品だけで完結するからですかね?
ですがむしろ、今までなかったのが不思議な感じもしました。
自分で盛り付けるタコライス、おいしかったですよ。
ちゃんと盛り方のガイドも書いてありました。

また天気の良い日なら、夜は満天の星空が楽しめます。
私が行ったときは、カシオペア座や北極星がはっきり見えました。

コメント(0) 
共通テーマ:旅行

石垣島の感想など [沖縄]

石垣島でレンタカーを借りて、1 泊 2 日で観光してみたところ
クラブメッドの中だけで飲んだくれていた時 とは違った感想を持ちました。
この島、かなり面白いです。

まず最初に思ったのは、島の人たち、商売する気あるのか?ということ。
どこへ行っても、客引きがほとんどいませんでした。
いたほうがいいのか?と聞かれると、そうでもない。むしろ、いない方がありがたい。
商売っ気のないところ、私は割と好きですが、
この営業の仕方で、本当に食っていけるのか・・・といらん心配をしてしまいました。
あと、思いがけない場所に、思いがけない店がたくさんあります。
畑が続く道の中に、1 件だけぽつんと雑貨の店、とか。
色々な人たちが、思い思いの場所で、自分の趣味を楽しんでいる感じです。

飲食店へ行っても、サービスの質はあまりよくない。
これで商売が成り立っているのが不思議です。
例えば、晩御飯を食べた「ひとし石敢當店
ここは、そもそも、予約をしようとしても電話がなかなかつながらない。
何度も何度も電話をかけても、話し中とか、とらないとか。
(注: 予約は夫がしました。
私なら、2 回かけてつながらなければ、あきらめて別の店にしてます)
ようやくつながって、予約ができたとしても、他のお客さんと相席。
(一応、すだれをかけて、テーブルを区切ってはくれます)
しかも、ちょっとでも早く店についてしまった場合
「アナタの予約はあと 15 分後からなので、定刻に来るように」
と追い返される。
こんな商売アリなの???

ところが、でてくる料理はリーズナブルで、非常に美味しいのです。

石垣島_3.jpg石垣島_4.jpg石垣島_5.jpg石垣島_6.jpg石垣島_7.jpg
S_7783243294523.jpg

くやしいですが、美味しい以外の感想が出てこない。
なんだ、この島は?

あと、道路がとてもきれい。
島中レンタカーで移動しましたが、とても走りやすかったです。
とにかく、舗装具合が素晴らしい。
どうやってメンテナンスしているんでしょう?
とても手間とコストがかかると思います。

そういうわけで、とても不思議な印象を持ちました。
なんとなく「もう何もしたくない、引きこもりたい」と思ったときに
期間限定でウィークリーマンションとかを借りて、滞在したいイメージです。
あんまり長いこといられなさそう。だけど現実逃避するにはいい感じ。
そう考えると、
クラブメッドが石垣島に施設を作ったのは、意外と正解だったかもしれません。


タグ:旅行 石垣島
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

グランヴィリオリゾート石垣島ヴィラガーデン [沖縄]

21 回目の結婚記念日を祝いに、石垣島へ行ってきました。
石垣島へ行くのは、クラブメッド 以来なので、11 年ぶりです。

クラブメッドの時 は、確か送迎バスに空港まで迎えに来てもらって
そのままクラブメッドに入り、オールインクルーシブで過ごしたので
石垣島観光はほとんどしませんでした。
今回は、レンタカーを借りて、こちらのホテルに滞在したので、
1 泊 2 日でしたが、石垣島観光を満喫しました。
夫よ、いつも素敵な旅の手配をありがとう。

観光の話はひとまず置いておいて、ホテルの感想を書こうと思います。
まず、2017 年 4 月にグランドオープンしたとあって、新しくてきれいです。
お部屋はこんな感じ。
石垣島_1.jpg石垣島_2.jpg

あまり良い写真ではないです。
とても広々としていて、素敵な部屋でした。
ホテルのサイト で見ていただいた方がいいと思います。

石垣島_9.jpg

窓から海が見えます。
これは、ホテルの「うみかじの宿」の 3 階で撮影した風景です。
ここには「なんくるの宿」「くむいの宿」そして「うみかじの宿」
3 タイプのお部屋がありますが、
実はこのホテルで、海がこんなにきれいに見えるのは
3 階建の「うみかじの宿」の 2 階もしくは 3 階だけのようです。
「なんくるの宿」はテラス付き客室、「くむいの宿」はプール付きコテージなのですが
すべて地面に面しており、海は見えません。
海が見たいなら、断然「うみかじの宿」がお薦めです(ただし 1 階はダメ)

フロントにはウェルカムドリンクコーナーがあって
コーヒーや紅茶はもちろん、ビールサーバーもありました。
大浴場も追加料金なしで入れたので、お風呂上りにビールを堪能しました。

新しいのできれいだし、くつろげる良いホテルです。
バルコニーにはかわいいブランコもあるので
何にもしたくないときに、ここへきて、のんびり読書でもしたら最高だろうと思いました。
そうそう、こちらのホテルにはビーチがありません。
海で遊びたい人は、別のホテルの方がいいかも。

すぐ隣には、2008 年にオープンした
グランヴィリオリゾート石垣島グランヴィリオガーデン
(旧石垣リゾートグランヴィリオホテル)があります。
こちらには泊ったことがないので、もし泊る機会ができたら
その時に感想を書きます。





コメント(0) 
共通テーマ:旅行

海の旅亭おきなわ名嘉真荘 [沖縄]

先日、誕生日を祝うために夫が予約してくれました。
夫よ、いつもありがとう。

ここを訪れるまで、沖縄に和風の旅館があるなんて、知りませんでした。
この旅館のサイト を見てみると、
北海道の会社が経営しているようです。
近日オープン予定の「ホテルアクアチッタナハ by WBF」も、
北海道の会社が経営してませんでしたっけ?
北海道、景気いいんですかね。

話が逸れましたが、海の旅亭おきなわ名嘉真荘は昨年の 12 月に開業したばかりの
とても新しくてきれいな旅館でした。

S_6685461135386.jpg

入口はこんな感じです。
個室が 25 室あるようですが、すべてオーシャンビューとのことです。

S_6685461086441.jpg

私たちが泊ったお部屋から見えた海。
高台にあるので、ビーチに直行というわけにはいきませんが
眺めは良いです。
もう少し天気が良かったら、伊江島のタッチューが見えるはずです。

S_6685461043878.jpg

泊ったのは「オリジナルルーム(洋室)」です。
旅館なのですが、眠るのはベッドです。
和式と洋式を上手に取り入れている、今風のお部屋でした。

S_6685459485819.jpg

そして各部屋に良い景色を見れるお風呂が付いています。
ただ、別で大浴場もあるので、こちらのお風呂は私は使いませんでした。
大浴場も見晴らしがよくて気持ちよかったです。

お部屋に作務衣が置いてあって、それを着て食堂に行けます。
風呂上がりにゆったりとご飯をいただくことができました。
ご飯は、沖縄と北海道、両方の食材をふんだんに使った和食のコースです。

S_6685460892868.jpg
S_6685460850595.jpg
S_6685460799449.jpg
S_6685460714100.jpg
S_6685460674062.jpg
S_6685460011248.jpg
S_6685459702950.jpg

いくつか撮り忘れたお皿があると思いますが、それでもこの品数。
どれも美味しかったです。

S_6685456302037.jpg

朝ごはんも豪勢です。しかも、ご飯と汁物の他に、いくらもお代わり自由でした。
いくら食べ放題・・・さすが北海道。
沖縄では考えられない組み合わせの料理が新鮮でした。

キレイなお部屋でくつろいで、大きなお風呂にのんびりつかって
美味しい料理を堪能できる宿です。
日本的な部屋や食事を楽しみたいのか、外国人客が多めでした。
ただ・・・コストパフォーマンスはあまり高くないかも。
旅館で温泉につかり、フルコースの料理を食べるとなると、どうしてもそうなるのかもしれません。


■海の旅亭おきなわ名嘉真荘の Web サイト
http://www.okinawa-ryotei.jp/
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ココ ガーデンリゾート オキナワ [沖縄]

沖縄に 15 年いますが、このホテルへ行ったのは初めてです。
たびらい沖縄 の情報によりますと 1989 年開業、2000 年リニューアルだそうです。
開業から 38 年。確かに古い感じは否めなかったです。
ですが比較的快適に過ごせるホテルでした。
新しいホテルが好き、という方には モントレ の方をお薦めしますが
コテージでのんびり過ごしたい人や、子供連れの方には、ココガーデンお薦めです。
屋外プールや散策コースがあるので、子供が飽きにくいかも。

S_6547918569016.jpg

これが屋外プールです。
真夏のせいか、夕方でもぬるいお風呂のような水温で、快適でした。
そして、深いところは水深 2.6m!とても深いのです。

S_6547918244964.jpg

夜はこんな感じ。夜も 22 時まで泳げます。
浮輪を貸してくれます。
タオルもビーチサイドで借りることができます。

泊ったのは「コテージダブル(天蓋付)」でした。
ここは玄関前に車を停められるので、チェックアウトも楽です。
あと、ミネラルウォーター 2L を無料でもらえました。

S_6547918959600.jpg

天蓋付ベッドはこんな感じ。広くて快適でした。
夫はこのベッドを大変気に入って、ウチのベッドも広いものに代えようと
本気で考えているようです。

S_6547918461559.jpg

夜は中華のビュッフェでした。
ビュッフェと言っても、取りに行く料理はごく一部で
ほとんどは人数分オーダーすると、運んできてもらえます。
このあたりも、小さな子連れの旅には優しいかも、と思いました。
ウチにはもう、小さな子どもなんていないんですけどね。
なんとなく、出かけるといつも、子どもがいても快適がどうかを考える癖が抜けません。

ハイシーズンなのに、意外と中国からのお客様は少なかったです。
中華料理おいしいので、さらに意外。ここの中華は中国様向けではなかったんですね。


ココガーデンリゾートオキナワの公式 Web サイトはこちら。
https://cocogarden.com/


コメント(2) 
共通テーマ:旅行

結婚披露宴@ラグナガーデンホテル [沖縄]

同僚の結婚式 & 披露宴が、ラグナガーデンホテル で行われました。
久しぶりの披露宴へのお呼ばれで、楽しかったです。
6 月の結婚式ということで、心配していたお天気も、
なんとか雨は降らず、寒くもなく、比較的過ごしやすい 1 日でした。

ホテルの正面玄関から館内に入ると、右手に「宴会場はこちら」の看板が。
矢印に導かれて歩いていくと、同じフロアに宴会場がありました。
こういう造りは分かりやすくてありがたいです。

宴会場も明るくてきれいでした。
席に着くと、各テーブルにはすでに良く冷えた飲み物が置かれていました。
アルコールだけでなく、お茶やジュースもあったので、全員が喉の渇きを潤せました。

そして料理ですが、ターンテーブルに大皿料理が運ばれてくるパターンでした。
沖縄の結婚披露宴にいくつか出て、ようやく気づいたのですが
披露宴で出されるお料理って、コースでお料理ごとに各人にお皿が配られる形式よりも
大皿料理から取り分けの方が圧倒的に多いんですね。
これを写真に撮るのは、なかなか難しい。
自分が座っている席が、お皿の回る順番の後のほうだと特に。
そして私の座ったテーブルは、がちまやー(食いしん坊)が多かったようで
女性ばかりのテーブルなのに、出てきた料理を全員で完食しまして
宴の終わる頃には、どのお皿にも、何一つ残っていない状態でした。

S_6182175710935.jpg
S_6182321961931.jpg
S_6182425435068.jpg

お刺身からお肉まで、どれも美味しかったです。
また、お料理が少なくなってくると、配膳担当者がお皿をいったん下げて
残ったお料理を小皿にきれいに盛り付けて、再登場させてくれました。
なるほど、こうすると、続々と料理が来てもテーブルに全部乗りますね。
私の座ったテーブルには、あまり必要のないことでしたが。

いつもの通り、余興を見ながら食事を楽しむのですが
最近の傾向なのか、遠方からお祝いする人のビデオレターとか、
披露宴に参加できなかった同僚からのお祝い映像とか、動画の余興が多かったです。
あと、新郎新婦のどちらかが内地の人とかだと、余興の動画率上がります。当然ですね。
あのクオリティの高い余興を生で見るの、好きなので、ちょっと残念。
いや、自分でやれって言われたら、まず無理なのですが。

このホテルは宜野湾にあるので、沖縄本島の各方面から、人を呼びやすいと思います。
(限度はありますが)
名護で披露宴、と言われたら、私なんて開宴時間によっては前後 1 泊ずつしたいと思います。
リゾート地での披露宴も、楽しそうなんですけどね。行くのが本当に大変。
その点、このホテルは立地もいいし、お料理も美味しいし。お薦めですよ。
T さん、ご招待ありがとうございました。末永くお幸せに。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚