So-net無料ブログ作成

小籠包とチャーハン [台湾]

台北で何食かご飯を食べましたが、中でも美味しかったのが
小籠包とチャーハンでした。

小籠包は 鼎泰豊本店 のが美味しかったです。
このお店は観光客にもとても有名で、いつも混んでいるそうなのですが
お昼のピークを過ぎた時間に行ったからか
大きなテーブルで相席ではありましたが、待ち時間なしで食事にありつけました。
接客も素晴らしくて、頼んだ食事がすぐに間違いなく出てきます。
日本語のメニューも完備されていました。

line_1554446415367.jpg
小籠包。頼んだのはオーソドックスな小籠包でしたが
他にもエビ入りとか鶏肉ベースとかトリュフ入りとか、色々あるようです。
ジューシーでとても美味しい。

line_1554446400841.jpg
豆腐干の和え物。

line_1554446969521.jpg
鶏肉蒸スープ。
鶏の出汁が本当によく出ています。
お肉もほろほろ。

line_1554446342505.jpg
豚肉チャーハン。
お米のパラパラ加減が最高です。

鼎泰豊で食べたチャーハンも美味しかったですが、
大稲埕慈聖宮 の入り口の屋台で食べたチャーハンはもっと美味しかったです。

line_1554598153655.jpg
東岸と豚肉のスープと、じゃこ入り玉子チャーハン。
こちらのチャーハンも米がパラパラで、最高でした。
どうやって作るのか、レシピを教わりたかったですが
いかんせん、中国語が話せなかったので、断念しました。
なんであんなにパラパラに作れるのかしら。やっぱり火力ですかね?
屋台の奥をちらっと見たところ、コンロに大きな鉄板を置いて
大量のチャーハンを皿で混ぜながら作っていました。
皿で混ぜると美味しいの?・・・なわけないですよね。


YouTube でこんな画像を発見しました。
なんと TKG を作ってから火にかけるとパラパラになるって!
本当か・・・半信半疑で作ってみたのですが

cha-han.png
一般的な主婦の私でも、美味しいパラパラチャーハンできました。
OratchaToyama さん、ありがとう!

麺もいくつか食べましたが、個人的には圧倒的に米料理の方が美味しいと思いました。

line_1554551606504.jpg
梅子餐庁林森老店 で食べた蟹おこわ。

line_1554462180072.jpg
士林夜市 で食べた魯肉飯も美味しかった。
八角が嫌いな人には不向きな味だと思いましたが。

色々な料理に八角が入っていましたが、
店と料理を選べば、八角なしのこともあります。
何となくイメージ的には、安い店であるほど八角率が上がる感じ。
私は割と好きですが、八角は好き嫌いが分かれるスパイスですよね。

line_1554624633591.jpg
空港でビールのアテにした唐揚げにも八角が入っていました。
八角を入れてしまうと、なんでも八角の味になってしまうので
「とりあえず入れとけば安心」感がします。
日本でポン酢や七味をかけるのと似ているかも?



コメント(0) 
共通テーマ:旅行

台北のおおまかな感想 [台湾]

台北を訪れてまず思ったのは、高層ビルが非常に多いなということです。
ていうか、一戸建てがほとんどありませんでした。
一戸建ては建ててはいけないっていう条例でもあるんでしょうか。
台湾で駐妻をされていた貝さんブログ記事 を読んでみたところ
「庭付き一軒家 = 大富豪」だそうです。そういう感じか。。
あと、新しいマンションは室外機がどこにあるのか、
ぱっと見ただけではわかりませんでした。
ベランダの見えない場所に置いてあるんでしょうか。
DSC_0017.jpg
これはホテルの窓から見えた景色。
ちょっと年季の入った建物には、室外機が設置されているのがすぐに分かります。

あと駐車場も、観光施設内以外ではほとんど見かけませんでした。
路上にパーキングメーターはありましたが・・・それだけじゃ絶対足りないですよね。
台湾人と結婚された keddy さんの ブログ記事 によると、地下に駐車場があるようです。
沖縄に長らく居候していると、
地下なんて地盤沈下が怖くて活用できないイメージが強いですが
台湾はそうではないようです。島が大きいからですかね。
MRT も発達していますし。
それでも、台北で開いている駐車場を探すのは、かなり大変だとか。
あ、車は右側通行でした。タクシーの多くは左ハンドルの黄色いプリウスでした。
広い道路が多くて、片側 3 車線とか 4 車線とかザラでした。
また車のスピードが結構速い。私は台北では運転できないだろうなあ。

でも運転できなくてもおそらく生活には全く困らないと思えるほど
MRT が発達しています。
階層もそこそこ深く(東京ほどではないですが)路線もたくさんあります。
時刻表を見なくても、数分おきに列車が到着するのがステキです。
もっとステキだったのが、キャリーケースをひきずったまま
列車にとてもスムーズに乗れることです。
日本の列車だと、いつも荷物を持ち上げないと乗れないので。
でも、この列車を作ったのは川崎重工らしい んですよ。
川重、どうして日本でも同じことをやってくれないんだ?

DSC_0040.jpg
DSC_0041.jpg
ホームに滑り込んでくる地下鉄。
車体は新しくてきれいです。椅子は硬くて座り心地が悪かったです。
どうしてあんな椅子になったのかしら。

DSC_0081.jpg
MRT 72 時間乗り放題のパスと台湾桃園国際空港 ⇔ 台北の往復券のセット。
1,600 元でした。

また、日本語がかなり通じるのにもびっくりしました。
泊まったホテルは日系だったので、完璧な日本を話すスタッフがたくさんいましたし
飲食店の店員さんにも、中国語と英語と日本語の 3 か国語を普通に話す人が
たくさんいました。皆さんとても勤勉です。私も頑張らないと。
あとセールス上手ですね。昨年訪れた石垣島 とは対照的でした。
私たち夫婦が歩いていると、すぐに日本人だとバレるようで
どこへ行っても、すぐに日本語でのセールスがはじまり
あれよあれよと店に誘導されたり、お土産を買ってしまったり。
この商売人魂、とんでもない。大阪の商人といい勝負できるんじゃないのか?



タグ:旅行 台湾 台北
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

台北 2 泊 3 日の旅 [台湾]

DSC_0010_HORIZON.jpg

3 月半ばから、怒涛の期末を過ごし
家にはお風呂と睡眠のためだけに帰る日々を過ごしていました。
4 月になってようやく、少しゆっくりできるようになった頃
22 回目の結婚記念日がやってきました。

今回夫が記念日を祝うために企画した旅行は、なんと海外旅行でした。
台北 2 泊 3 日の旅です。
夫と海外旅行なんて、初めてです。
トラブルに巻き込まれて、旅行から帰ってきたら、即離婚とか・・・
とドキドキしながら出かけましたが、思った以上に楽しかったです。

那覇から台北へは、なんと飛行機で 1 時間半の距離。
東京へ行くより近かったです。
大まかな旅程は下記の通りでした。

1日目
那覇空港発、直行便(Tigerair)で台湾桃園国際空港へ
MRT で台北へ
ホテルチェックイン(ホテルロイヤルニッコー台北
鼎泰豊本店で小籠包を食べる
中正紀念堂で蒋介石の銅像を見上げる
ホテルへ戻って、ちょっと休憩
士林夜市で夜ご飯。紹興酒を飲む
台北店『銀座酒向バー』 で酔いを加速

2日目
2 階建てのオープントップバスに乗って、国立故宮博物院へ
台北 101 の高さにおののく
ジェイソンズ・マーケットプレイスでお菓子の押し売りに遭う
ホテルへ戻って、ちょっと休憩
梅子餐庁林森老店 で美味しい料理と紹興酒を堪能

3日目
大稲埕慈聖宮 の入り口の屋台で朝ご飯
近くのカルフールでお土産を物色
ホテルチェックアウト後、国立台湾博物館
誠品書店 をぶらぶら
MRT で台湾桃園国際空港へ
空港で唐揚げをつまみにビールを飲む
直行便(Tigerair)で帰国

MRT にたくさん乗り、良く歩いた 3 日間でした。
次回からしばらく、備忘録を書きます。


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す [活字中毒のトモ]


〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す

〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す

  • 作者: 知念 渉
  • 出版社/メーカー: 青弓社
  • 発売日: 2018/12/28
  • メディア: 単行本


新聞の書評を読んで、購入しました。
ヤンキーが高校を出てからどのような人生を歩んでいくのかを
数年かけて丹念に追っていた記録だと書かれており、興味を持ちました。
著者は神田外大で講師を務めておられる知念 渉さん。
うちなーんちゅだそうで、身近に思えました。

Amazon から届いた本を読んでみたところ・・・これは、教授が教科書に使う系?
各章ごとに膨大な数の参考文献が記載されており、
もしかしたら、各章ごとに学会で発表してたのか?と思わせる内容でした。

エスノグラフィーという言葉を、今回初めて知りました。
エスノグラフィーとは、下記のようなものであるそうです。
「未開民族や特定の地域社会などの文化や社会経済組織をはじめとする
生活の諸様式について、フィールド調査を通して組織的に描きだす方法
およびその成果として書かれるモノグラフ」
つまり、興味のある集団に混ざって共に過ごしながら
集団の中の人たちがどんなことをしているのかを観察してまとめること
ですかね?

知念さんは、大阪にある、入学難易度が優しいとある高校(X 高校)に頼んで
職員室の一角に席を用意してもらい、2009 年 9 月から 2012 年 3 月までの 2 年半
週 1~月 1 のペースで X 高校に滞在し、授業や休み時間、放課後の
生徒たちの様子を観察しました。時には生徒に声をかけたりもしました。
観察開始時に 1 年制だった生徒が、終了時にはちょうど卒業を迎える感じですね。
無事に卒業式を迎える子は少なく、留年したり中退する子が多かったようです。

観察期間が終わってからも、知念さんは仲良くなった生徒と連絡を取り続け
彼らのその後の状況を聞き出ます。この作業は 2014 年 12 月まで続き
14 人の生徒の「その後」がまとめられています。
職を転々としている子もいますが、きちんと同じ会社で働き続け
家庭を持っている子もいて、その違いって何なのだろうか
と考察したところ、友人や地域との関係性が良いほど
周りに助けてもらって安定した生活を築けるという結論が出ていました。

「ヤンチャ」という言葉は好きではないですが、
「ヤンチャな子ら」と呼ばれる子たちがどのような子であるのかは分かります。
そういう子たちが、こんな風に学問の対象にされることは、
あまりなかったんでしょうかね?
これをまとめるの、ものすごく時間と労力がかかって大変だったと思いますが
同級生のその後を友達に聞いて回れば、似たような結果を導き出せる気がしました。
結局、自分の周りに、自分を助けてくれる人がどれくらいいるかによって
人生が楽になるかどうかが決まってくるのですね。
ヤンキーではなくても、親とそりが合わない子たちは
大して親しくもない人にもすがらざるを得ず、
余裕のない生活に追い込まれていく気がします。
子どもは親を選べないのに、気の毒な話です。



〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す

〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す

  • 作者: 知念 渉
  • 出版社/メーカー: 青弓社
  • 発売日: 2018/12/28
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ:

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定、合格しました。 [FP]

1 月に、2 級ファイナンシャル・プランニング技能検定を受験していたのですが
今日合格発表があり、無事に合格しました。

FP2.png

日本 FP 協会 の受験サイトで合否を確認したときに表示された画像。
「完全」って何やねん?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが
ファイナンシャル・プランニング技能検定は学科試験と実技試験に分かれていて
学科だけ合格、とか実技だけ合格、とかの可能性もあるわけです。
そして試験結果は合格した試験実施日の翌々年度末まで有効なので
有効期間中に残りの試験を受けて合格すれば、完全合格と認めてもらえます。
つまり、1 発合格を目指さなくても大丈夫なのです。優しいですね。
学科と実技それぞれ、満点中 6 割取れれば合格できますし。

もともと、宅建の税に関する問題が難しくて理解できなかったので
より詳しく教えてもらおうと思って FP の勉強を始めたのです。
数カ月で勉強を終える気でいたのですが、独学よりは
定期的に課題を提出する通信教育がいいだろうと思って
安易に通信教育を申し込んだのが失敗でした。
FP 2 級の通信教育講座って、AFP の認定研修も兼ねていて
最後に「提案書」という重い課題に合格しないと、修了することができません。
それを全く知らずに通信教育を申し込んだ私は
提案書を書くのがあまりに難しくて、修了を断念してしまいました。
架空の人物にライフプランに沿った提案をするのですが
なんだか親身になれないし、他人にお薦めの保険なんてないので
良いライフプランを提案する気ゼロなのがいけなかったようです。
1 度提案書を提出してみたのですが、
「もっと絵も入れて」とか
「保険を薦めるときは、もっとたくさんサンプルを提示して」とか
「定年を延ばすよう勧める根拠は何なの?」とか
ダメ出しばかりされて、ちっとも楽しくありませんでした。
他人のライフプランとか、知らんよ。自分で考えれば?
(たぶん私は FP に向いてない)

ですが、日本 FP 協会が認定する AFP 認定研修を修了しないと
2 級ファイナンシャル・プランニング技能検定を受験できないのです。
さて困ったどうしよう・・・と思ったとき、ふと思い出しました。
私、14 年も前に、3 級ファイナンシャル・プランニング技能検定に合格
していたのです。
合格したときは「こんなの合格しても、大して役に立たないだろう」
と思っていたのですが、役に立ちました!
14 年も前に取得して放置していた 3 級の合格番号を使って 2 級の受験を申請し
試験を受けて、無事に合格することができました。

久しぶりに、コツコツ勉強した結果が何かの実になるという経験をしました。
こんな経験、しばらくなかったので、ちょっと嬉しいです。
ですがこの資格も、何かの役に立つかと言われれば・・・立たないかも。
税や年金の勉強はみっちりできたので、良かったんですけどね。



コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

自殺会議 [活字中毒のトモ]


自殺会議

自殺会議

  • 作者: 末井昭
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2018/12/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


新聞の書評を読んで、面白そうだと思ったので購入しました。
この本を読むまで、末井 昭さんのことを全く存じ上げなかったのですが
元白夜書房取締役編集局長だそうで。
あと、西原 理恵子さんと麻雀をやってた方だったんですね。
あ、それを知ると、急に「ダメな人」の匂いがしてきた。

この本の前に「自殺」という本も出ているようです。
自殺」は、もともと朝日新聞社のブログで連載されていたそうです。
それでこの本も、朝日新聞社から出てるんですね。

本書は 11 章で構成されており、
それぞれ、自殺に縁のある人に末井さんが話を聞いてまとめてあります。
自殺の名所東尋坊で、自殺しようとしている人を止めている人や
息子が自殺した映画監督
自分の携帯電話でいのちの電話みたいなことをやっている建築家の坂口 恭平さん
メンバーの 1 人が統合失調症を患うお笑いコンビ、松本ハウスさんなどなど。

末井さんご自身が、お母様をダイナマイト心中で亡くされているからか
皆さん色々な思いを、色々なテンションで、末井さんと語り合います。
自殺へのスタンスも人それぞれで「自殺は良くない」と思って
死ぬ間際の人に声をかけてやめさせようとしている人もいれば
「自殺もそれはそれで、アリだと思う」というスタンスの人もいらっしゃる。
だけどみんな、身近なところある死と向き合って生きている。
で結構、細かいことを考えないで、行動されていらっしゃるのです。
「自殺はアカン」と思うから、とりあえず止めてもらう方向で、
自殺の名所で用心棒を始めたり、いのちの電話として自分の携帯番号を公開したり。
細かいことを考え始めたらキリがないので、とりあえずやってみよう
みたいな気持ちが伝わってきました。それでいて皆さん、すごい使命感に燃えて
自殺を止めようとされているわけでもなくて、ただ自分の思いに従って
何かをされている。そうじゃないと、こういうことはできないのでしょうね。

そして、そのような人たちの語りを読んでいくと、
「死にたい人たちは、本当に死にたいわけではなくて
死にたいという乗物から降りられなくなっているだけ」
「人生リセットできれば、別に死ななくてもいい」
と言っている人が複数いらっしゃって、本当にその通りと思いました。
そうですよね、何も死ななくたって、人生リセットできるんだから。
死のうとして「あ、やっぱり止めよう」と思ったって
手遅れってこともあるので、それよりは、リセットする方がいいはず。
どうせ放っておいても、そのうち死ぬしね。
別に痛い思いをして、自分で死ななくてもいいじゃないですか。



自殺会議

自殺会議

  • 作者: 末井昭
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2018/12/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




コメント(0) 
共通テーマ:

社交界の評判 [活字中毒のトモ]


社交界の評判 ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

社交界の評判 ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2011/10/01
  • メディア: Kindle版



社交界の評判 (ハーレクインコミックス)

社交界の評判 (ハーレクインコミックス)

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2007/04/30
  • メディア: Kindle版


こちらはコミックが良かったので、原作も読んでみることにしました。

舞台は 1812 年、イギリスの片田舎であるスティープウッド・アビー。
ヒロインのへスターは、スティープウッド・アビー周辺では昔から有名な良家
パーシヴァル家の一人娘です。
彼女はそろそろ 24 歳になろうという年頃ですが、
6 年前、ロンドンの社交界にデビューしたときに、大失敗してしまい
以来「一生結婚しない」と明言して田舎に引きこもっていました。
ですが、彼女の両親はどうしても、
へスターに良い人と結婚して幸せになってもらいたいと願っていて
久しぶりにロンドンの社交界へ出て、結婚相手を探すようにと
へスターに命じるのです。

彼女が社交界デビューでどんな失敗をやらかしたのかというと、
社交界の場だというのに、無駄な知識をひけらかしすぎたのです。
社交界というのは、まあ、着飾って色々な人と出会って世間話をするのが一般的のようで
政治や経済について深く突っ込んだ話をするのには向いていないらしいです。
そこで 17 歳の若い女の子が政治の話なんか始めたら
「空気読めよ」って感じになるでしょうね。
ですがそこは、若いってことで、許してもらえないんでしょうかね。
実際、ヒーローであるダンガラン卿の叔母様、レディ・マーティンデイルは
非情に頭の良い女性で、豊富な知識を持っているのを上手に隠しつつ
社交界で最も影響力を持つ女性の 1 人として有名な方だそうなので
へスターだって、年を重ねて色々な経験を積めば
レディ・マーティンデイルみたいになれるはずです。
若いときの、たった 1 度の失敗で、人生を棒に振ってしまうなんて
もったいない話です。

しかしそこは、ハーレクイン・ロマンスなので
へスターは彼女と同じように頭の良いダンガラン卿と
最終的には結婚するのですが
ダンガラン卿も最初は、へスターの振る舞いが社交界に合わないと言って
彼女をバカにしていましたし、それから 6 年の時が過ぎてもなお、
彼女の聡明さに気づきませんでした。
ダンガラン卿って、実は数学ヲタなだけで、観察力とか推理力とかがない人なの?
レディ・マーティンデイルの方がよっぽど物事を見抜く力に長けている
・・・これもやっぱり、年の功なんですかね?



社交界の評判 ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

社交界の評判 ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2011/10/01
  • メディア: Kindle版



社交界の評判 (ハーレクインコミックス)

社交界の評判 (ハーレクインコミックス)

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2007/04/30
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門! [活字中毒のトモ]


定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

  • 作者: 大江 英樹
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: 単行本


経済コラムニストの大江 英樹さんと、
年金通の社労士 & ファイナンシャル・プランナーの井戸 美枝さんの共著。
読みやすい本なので、あっという間に読めます。
ちょうど 45 歳の私は、何となく身近に感じて読んでみました。
老後を迎える人たちに「男子」も「女子」もないだろ!と
突っ込みたくなりますが、突っ込みたいと思えるタイトルであれば
つかみは OK なのかもしれません。

「金持ち老後」というよりは、どちらかというと
「野垂れ死にしないために今から考えておくこと」の方が近いかもしれません。
内容をざっくり書きますと、
老後に破産しないようにするには、何らかの方法で一生働き続けられるように
45 歳の今から少しずつ準備をしておくと良い。
会社員のうちに人脈を作り、人とのコミュニケーションを大切にして
生活の無駄をなくし、健康に気を付けるのがコツ。
自営業を営む人の場合は、今から老後資金の準備をしつつ
社会保険をきちんと払い、生活の無駄をなくして、健康に気をつけなさい
だそうです。
上記がきちんとできていれば、老後破産をそこまで心配せずとも良いそうです。
投資が苦手な人は、無理に変なものに投資してお金を増やそうとしなくてもいい
とも書いてありました。
ですがやはり、少しでも良いから、老後も働き続けたほうが良いそうです。
やっぱりね・・・。

今から引きこもり生活を夢見る私としましては、
老後くらい年金をもらって引きこもりたいと思っていたのですが
どうやらそれも叶わないようです。
一生働くのか・・・ていうか、働き口あるのか?



定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

  • 作者: 大江 英樹
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ:

ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来 [活字中毒のトモ]


ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来

ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来

  • 作者: 小島 健志
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


新聞の書評を読んで、面白そうだと思って購入しました。
Amazon から届いた本を見ると「孫泰蔵 監修」とあり、
孫泰蔵さんの顔写真が載った帯がついていましたが
監修者って要は、本にお墨付きを与えてくれる人みたいなものですよね?
広告ってこと?
実際に本を書いているのは、小島 健志さん。
ダイヤモンド社 にお勤めで、
現在はハーバード・ビジネス・レビュー編集部にいらっしゃるようです。
週刊ダイヤモンドの人気連載「孫家の教え」を担当されておられたそうなので
孫さんに監修を依頼されたのは、上記の経緯があったからこそなんでしょうね。

エストニアというと「昔はロシアだったなー」くらいのイメージしかありませんが
1991 年に独立を果たしてから、様々な面白い取り組みを成功させたそうです。
エストニアでは、子どもが生まれたら親が何もしなくても、たった 10 分で
政府から国民 ID 番号つきのお祝いメールが届くそうです。
国際学力調査 PISA によると、シンガポール、日本に次ぐ第 3 位がエストニアだそうです。
8 歳からロボット開発の授業が行われ、英語学習も盛んだとか。
学生のころから起業する若者が多く、彼らのうち、成功した人たちは
その後投資家になって、後続の起業家をサポートする仕組みも整っているとのことです。

なんだか、面白そうな国ですね。
こういう国で暮らせたら、楽しそうだ。

現在のエストニアの発展は、独立して間もない頃に、
前例にとらわれず、国民にとって幸せなシステムをどん欲に追い求めた結果だと思います。
しがらみがない分だけ、新しいことを取り入れる余地が多かったんでしょう。
(本書にもそのようなことが書いてあります)
あと、人口が 130 万人しかいないのも、ポイントだと思います。
沖縄県の人口が、ちょうど 140 万人くらいですが
県単位で似たような取り組み、やってくれませんかね?
数カ月前に こちら で「AI を駆使して病人にもっと優しくしてよ」と愚痴りましたが
エストニアではすでに、国民 ID カードに電子カルテも連動していて
往来歴や電子画像、薬の服用歴も一元化されているそうです。
病院での待ち時間はほとんどないとか。素晴らしい!
日本ではつい最近、マイナンバーカードを健康保険証として
使えるようにすることを盛り込んだ健康保険法の改正案が
決まったばかりなんですよね。遅い・・・これは国が古いからでしょうか?

じゃあエストニアに移住するか?となると、
夏はいいけれど、冬は寒いから・・・夏限定で住みたいです。
とにかく面白そうな国なので、まずは短期で旅行することを目標にしてみます。
会社でエストニアへの出張とかないですかね。あるといいな。



ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来

ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:

ライフシフト [活字中毒のトモ]


LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

  • 作者: リンダ グラットン
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 単行本


ここ数年話題の本だそうです。
ネットで「ライフシフト」を検索すると、好意的な記事が多いように見えますが
この本を読んでみたところ、私にとっては恐ろしい未来が書いてありました。

平均寿命を、進歩に従って、平均寿命が上がっていくことを考慮して計算すると
(コーホート平均年齢というらしい)今から先進国で生まれる子どもは
50% を上回る確率で 105 歳以上生きるそうです。
20 歳の人は 100 歳以上、40 歳の人も95 歳以上、
60 歳の人は 90 歳以上生きる可能性が半分以上あると。

45 歳の私は、あと倍くらい生きなくてはいけないのですか。
地獄ですね。

それだけ長い人生を生きていくには
家や貯蓄という有形資産が重要であるのはもちろん、
市場で売買できない資産である無形資産
例えば職業上の人脈や知識、友人関係、パートやーや家族との良好な関係性など
がとても重要になるだろうと予測されています。
そしてそれらを活かして、かなり長い間、社会の一線で働くことになるだろうと。

あまり長生きすると、企業や国は金銭的な保証をしきれないので
自分で頑張ってそれを補わなくてはいけない
と読んでしまったのは、私だけでしょうか。

本書には、1945 年生まれのジャック、1971 年生まれのジミー
そして 1998 年生まれのジェーンがモデルとして登場し
それぞれどのような人生を歩むのか、細かくシミュレーションされています。
1973 年生まれの私は、ジミーに一番感情移入して読みました。
ジミーは従来通り、教育を受けたら社会に出て
親と似たような引退年齢で仕事を辞めると思ってライフプランを描いていたのに
実際はそうはできないことが分かって愕然とする世代です。
そして、何もしないまま老後を迎えると、生活に困窮する羽目になります。
そうならないためには、今からでも良好な人間関係を築いたり
自分のスキルに投資をして、長く働くことができる資産を作ることが大事だそうです。

言ってることは分かりましたけど、自分のスキルへの投資も好きですけど
それでも昔と違って記憶力も体力も衰えている 40 代が
老体に鞭打ってスキルアップを目指すのはかなり大変ですよ・・・?
それに資格を取ったって、それを活かせる可能性は限りなく低いですし
良好な人脈を築くのは、相手あっての話なので、それよりさらに難しい。
つまり、相当にできる人でないと、
これからの時代を生き抜くのは厳しいということだと思いました。
低所得者層の平均寿命の伸びは高所得者のそれと比べると低いと書かれていましたし。

私の場合、自分が 95 歳まで生きる未来ではなくて、
生活に困窮して早死する未来が見えました。
長生きには興味がないので、いいんですけどね。
体力のピークはとっくに過ぎてからも
長い年月働き続けなくてはいけないって、どんな社会。。



LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

  • 作者: リンダ グラットン
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ: